タグ『グリーン系』の一覧

インパクト抜群!花柄印字リボン

こんにちは、ベリービーのカキミです。

今回はいつもの紙袋紹介ではありません。

ベリービーのハンドルの中でも人気のサテンリボン。

上品さや女性らしさなどを表現する際にはダントツ人気です。

 

そのままでも華やかさのあるサテンリボンですが、

オプションでリボンへ印字を行うことも可能です!

ということで印字リボンのサンプルを作ってみました!

花柄が全体に入った紙袋

早速ですが見ていきましょー。

全面に花柄が入ったインパクト抜群の紙袋。

今回はこの紙袋に取り付けられているリボンを実際にサンプルとして制作してみました!

RIBON

今回のサンプルリボン製作に当たって設定した条件は、

「柄・フルカラー・シームレス」の3つを含むデザインにすること。

リボンで細かい柄がどこまで印刷ができるのか?を確認することも目的の1つです。

※シームレスというのは「継ぎ目がない」という意味です。

 

お客様からのご注文ではロゴのみのシンプルな印字リボンが多いですが、

フルカラー全面印刷の印字リボンをお探しの方もいらっしゃると思うので是非参考にしてみてください。

リボンのアップ

上にあるデザインデータと比べてもらうと色の変化が分かりやすいですが

思った以上に発色がよく、データよりも青みが強くなったことで鮮やかに見えます。

今回はこういった色の傾向になりましたが、毎回必ず同じようになるかは分からないので、

今後も色々なサンプルを作りながら、傾向を確かめてみたいですね。

よりよい商品作りのためには実験あるのみです!!

紙袋のハンドル部分のアップ

ホワイトのリボンに印刷をしているので裏側は白色になります。

細かい花柄も思った以上に繊細に表現できている印象があります。

 

 

リボンの柄をA3用紙に出力

最初は、方向性を定めて柄を探していましたが中々決まらず難航してしまいました。

最終的には、テイストや柄の細かさ、イラスト・写真など異なる柄を選び

スタッフ全員で確認し、人気投票を行いました!

それぞれのスタッフが第一候補(ポイント大)と第二候補(ポイント小)を選び、

合計点の高い柄を今回のサンプルとして制作しました。

1番人気の花柄リボン

最多得点は今回制作したリボンの柄でした。

カラフルで明るい印象の花柄です。

それでいて上品さもあるため票が集まったのかな?と思います。

ベリービーっぽさのある女性的なデザインで一番人気も一同納得の結果に。

 

2番人気のリボン柄

2番人気がこの柄でしたが、予想外の人気だったのでスタッフみんなが

「本当にこれが2番?」と驚く展開になりました。

第一候補のポイントもそこそこに第二候補の票が多く集まり2番人気となりました。

柄にベリービーっぽさはなく色味も落ち着いたトーンで構成されていたので、

一番人気とは正反対のデザインですね。

2番手には安定を求めるといった心理的な作用でしょうか?

 

蛍光オレンジの印字リボン

今回制作した印字リボンは全面フルカラーだったので

転写とゆう印刷方法を使用しましたが、

上のオレンジのリボンのようにシルク印刷と呼ばれる方法でのプリントも可能です。

オレンジ色は元々のリボンの色で、ホワイトのインクで印字をしています。

こちらは少し印字部分が盛り上がったように質感が感じられるので、

また転写プリントとは違った仕上がりで素敵です!

 

 

オリジナル紙袋  DSC_1198 紙袋 印刷 オリジナル

過去のブログ記事で紹介した紙袋でもサテンリボンの様々な使い方がされています。

左の紙袋では口留めリボンを前面で結びフェミニンさを強調したデザインですね。

真ん中の紙袋は口留めリボンとして使用したり、右側の紙袋ではハンドルにリボンを結ぶなどの使い方がされています。

 

紙袋のハンドルをリボンにするだけでも十分可愛いですが、

アレンジ次第でさらなる使い勝手や可愛さをアピールできるのがリボンの特徴ですね!

 

ベリービーバッグでは、紙袋を初めとしてパッケージに関連する箱やポリ袋、不織布まで製作しています。

付属品として使うことのある、リボンやシール・チャームなどの単品の注文もお受けしています。

カテゴリー: 新作紹介 | タグ: , , , | インパクト抜群!花柄印字リボン はコメントを受け付けていません。
[ Post by berryBスタッフ ]

ブリティッシュユーモア溢れる紙袋

こんにちは

ベリービーの谷山です。

 

今回紹介するのはブリティッシュユーモア溢れる紙袋です。

フォーマルでありながら、人の目を惹きつける色使いとディテールにこだわるこちらのブランド。

どのようにブランドイメージを紙袋に落とし込んでいるのでしょうか。

DSC_1195

鮮やかな黄緑が目を引きますね。

ハンドルや口留めのリボン、切手の深い紫がいいアクセントカラーになり、

パキッとした印象に仕上がっています。

互いの色を目立たせる補色を用いた配色です。

 

DSC_1197

上から見るとこんな感じ。 この紙袋はマチを小さめにして製作されています。

マチを狭めると口留めをしたときにすっきりコンパクトにまとまるので、 おすすめの組み合わせです。

見えにくいですが内面にもしっかりカラーが入っていて、 色彩へのこだわりが感じられますね。

 

DSC_1205

カラーで言えば、この黄緑・紫・ピンクはそれぞれ特色と呼ばれるインクで印刷されています。

フルカラー印刷と呼ばれる4色のインクを重ねる印刷とは違い、 調合したカラー1色で印刷するため、

今回のような鮮やかな発色が可能になるんですね。

DSC_1208

背景は波のような総柄になっています。

中国や日本を感じさせる最近の流行”アジアっぽさ”がこの柄で取り入れられています。

よくみると一つ一つに陰影があり、立体感が演出されていますね。

細かい部分にこういった遊び心が見えると、紙袋に特別感がプラスされる気がします。

 

DSC_1198

ハンドルは光沢のあるツイストロープ。 しっとりとした上品な艶があります。

表面の糸の中心に芯が入っているタイプもありますが、 今回使われている紐にはそれがありません。

そのため柔らかく手に馴染みやすい糸の良さがより感じられます。

 

逆に口留め用のリボンに使われているのは、光沢を抑えたグログランテープです。

ガーリーな印象のサテンリボンとは違い、男性女性問わず人気のハンドルですね。

そのため今回のようなメンズ・ウィメンズともに扱いがあるブランドさんによく利用されています。

 

鮮やかな配色の中に遊び心が垣間見える素敵な紙袋でした。

最近シンプルな紙袋をよくみかけますが、ブランドイメージに合わせた個性的な色使いはやはり目を惹きます。

性別を問わず、また20代から40代まで幅広く愛されるブランドということで

流行に左右されないコンセプトがあるように感じました。

 

では、また!

カテゴリー: 紙袋デザイン紹介 | ブリティッシュユーモア溢れる紙袋 はコメントを受け付けていません。
[ Post by berryBスタッフ ]

白クラフト紙に緑のリボンとロゴのナチュラルな紙袋

こんにちは、ベリービーバッグのヨシウチです。

今回紹介する紙袋は緑をポイントとして使用している紙袋です。

昔から落ち着いたトーンの緑は好きなのですが、近頃この緑を見ることってなかったなぁと思い返す紙袋でした。

HPが綺麗でしたので是非皆さんにもご覧になって欲しいです。

BIOTOP1 BIOTOP3

様々な雑貨や服を販売するセレクトショップの紙袋。

白のクラフト紙に深い緑の箔が押されています。クラフト紙も少し厚めのモノのように感じます。

弊社でも取り扱いのある白い紙にワンポイントので構成された紙袋。

余白の美というのは中々に難しいのですが、決まるとやはり美しいですね。

BIOTOP7 BIOTOP6

ハンドルはグログラン、青みのかかった緑を使用しています。

光沢感が強めで角度によって陰影が生まれとても綺麗です。

縦留めになっており、表面にハンドルを通す穴を開ける必要がないのでシンプルなデザインを邪魔せず、畳んだ際にかさばりません。

BIOTOP4 BIOTOP2

厚手の紙を使用しているかどうかが分かりづらかったのは、サイズが小さいことによるのもありますが、

紙が2重になっている部分が広く、しっかりとした質感になっているからでした。

BIOTOP5

ロゴの拡大図。深いグリーンの箔押しです。

ザラッとしたナチュラルな風合いのクラフトのような紙を使用していて、白もどちらかというと少し黄みがかったオフホワイトと言うような感じです。

グリーンとクラフト紙はナチュラルな雰囲気で相性バツグンですね。

 

ベリービーバッグでも白クラフトに箔押しの紙袋を制作することができます。

興味のある方は是非お問い合わせ下さい。

カテゴリー: デザイン・流行分析 | タグ: , , , | 白クラフト紙に緑のリボンとロゴのナチュラルな紙袋 はコメントを受け付けていません。
[ Post by berryBスタッフ ]

高級感漂うお菓子の紙袋と箱

こんにちは、ベリービーのカキミです。

今回はミルフィユのブランドの紙袋と箱をご紹介します。

紙袋 印刷 オリジナル

エメラルドグリーンと表現すれば良いでしょうか。とても綺麗な色味の紙袋と箱ですね。

商品にフランセと書かれていましたし、デザインも非常におしゃれなのでフランスのお菓子だと思っていました。

しかし、このお菓子は日本の会社が作っているようで、他にも洋菓子・和菓子を含めていくつかのブランドに分けてお菓子の販売をしているみたいですね。

 

logo-tokyomilkcheese logo-themaplemania logo-tsukijichitose

logo-cotecour logo-butterbutler logo-gendy

logo-qudgemanmonaci logo-millefeuillemaison logo-francais

※上記の画像はHPよりお借りいたしました

どのブランドもデザインがしっかりと作り込まれています。

飲食や食品系のパッケージやロゴなどはイラストなどを使いつつ文字組み等はベーシックなタイプが多く、ミニマルでおしゃれな一方、個性があまり感じられにくい印象がありますが、今回ご紹介する紙袋の会社さんが展開しているブランドはお菓子の特徴や土地柄などを反映した印象に残るようなデザインになっていますね。

そしてレトロな雰囲気が感じられるのも好印象です。

今っぽさを含みつつレトロにしてみました!という感じではなくその時代を感じられるようなデザインに落とされていれとても可愛い紙袋ですね。

紙袋 印刷 オリジナル

紙袋単品の画です。エメラルドグリーンとゴールドの紐と印刷が非常に相性がいいですね。

サイズ感はベリービーでいうとM縦サイズを少し狭めて縦長にした感じです。

紙厚は少し薄めのものを使用しており、クラフト紙にラミネート加工を施しているように見えますね。

一般的に使用される紙袋よりも薄いもののラミネート加工がある分、少し丈夫かなという印象です。

お菓子自体が重いわけではないので、破れにくく少しくらいの水滴などを弾けるラミネート加工を施す仕様は商品との相性は良さそうですね。

紙厚は厚みがあるほど高級感が出るパターンがあるのですが今回の紙袋の場合は薄くても高級感が出ていてコストも抑えられるのでおすすめしたいと思います。

紙袋 印刷 オリジナル

表面デザインは、上下左右にロゴタイプがきて中央にロゴマークが配置されています。

紐はパイレンロープですね。落ち着いた高級感が出ています。

パイレンロープに似た紐の種類でツイストロープというものがあるんですけど、ツイストロープは高級感推しの紐になっております。ゴージャスといったイメージになります。

twist

↑ツイストロープ

一方、今回のパイレンロープは上品な高級感で個人的にはとても好きな紐です。使いやすいと思います。

紙袋 印刷 オリジナル

紙袋 印刷 オリジナル

紙袋 印刷 オリジナル

このあたりの画像はポンポンと行きたいと思います。

中面は印刷などなく白色ですね。紐なんですが変な型がついていて綺麗に撮れずに残念です。

紙袋 印刷 オリジナル

この紙袋は、底部分を中心に向かって折り込んでいくタイプになっていまして。

両面のデザイン面に折り目が入らずとても綺麗に見えます。

効果的には縦留め紐の底バージョンです。

畳んだときにも薄くて綺麗ですね。

例えば、底をこの折り方にして紐を縦留め紐のサテンリボンかグログランテープにすれば立てたときも畳んだときもとても綺麗に見える最高の紙袋が出来る気がします!

底面に小さくて見えないのですが、色が衣服等に付きますというニュアンスのものが日本語と英語で書かれています。

この紙袋のエメラルドグリーンは印刷で色を出しています。

ベタ印刷がある紙袋ですとこういった注意書きは親切で良いですね。

紙袋 印刷 オリジナル

箱ですが、ロゴマークを真ん中に置きその周りにロゴマークに似た模様を細かく配置しています。

紙袋 印刷 オリジナル

紙袋 印刷 オリジナル

箱の形は、ぶ厚めの洋書のような感じになっています。

世界観の作り込みが徹底されていますね。

箱となると紙袋とは違ったデザインの自由度がありますね。

紙袋では仕様などの細かい部分の自由度はありますが飛躍して紙袋、ひいては袋という域から出られなかった感があります。

しかし、箱となるとその他の多くのモチーフに寄せて箱のデザインをすることが出来るのでオプションだけではないデザインの自由があります。

ただ、ベリービーでは箱に力を入れ始めたばかりなので正直どこまでの自由について行けるのかは謎であり、未知数です。

といってもまずは提案だけでもしてみてください。難しそうな形の箱でも、工場などに掛け合ってみれば意外といけたりもするかもしれません。

ある程度ベーシックな形の箱であれば準備万端ですので紙袋と合わせてご相談ください。

カテゴリー: 紙袋デザイン紹介 | タグ: , , , | 高級感漂うお菓子の紙袋と箱 はコメントを受け付けていません。
[ Post by berryBスタッフ ]

桃太郎のかわいいお土産袋

はじめまして、ベリービーのカキミです。

今回は、岡山のおみやげをスタッフが買ってきてくれたときの紙袋を紹介します。

DSC_0011 DSC_0010

岡山名物のきびだんご。桃太郎のイラストが大きく描かれた可愛らしい印刷の紙袋です。

フォントは手描きのような抜け感があってイラストとすごく相性がいいですね。

そして、紙袋に使われている紙は「晒クラフト紙」なので和の雰囲気が伝わります。

 

DSC_0013

この紙袋、なんと後ろにも桃太郎が描かれています。

生まれたばかりでしょうか。桃から出てきた桃太郎の表情とちょこんと生えた前髪がなんともいえずシュールですね。

この追い込んでない感じのタッチがただただ可愛いだけで終わらない独特の良さを醸し出してます。

 

DSC_0014 DSC_0017

側面と底にもイラストが描かれていますね。

どんぶらこ〜どんぶらこ〜と桃が流れてくる川を表現しているのでしょう。

しかし、波の勢いが海を表しているようでおもしろいですね。

真ん中には、ピンクで「大入」が大きく印刷されています。

きっと美味しいきびだんごが入っているに違いありませんね。笑

底は、桃の葉っぱですね。

 

これだけカラフルな印刷が全面にされていると色移りが心配になりますよね?

しかし、この紙袋の表面には、「ニス引き加工」というインクの色移りを防ぐ加工がされているので安心です。

ニス引き加工には、印刷の紙袋を丈夫にさせる効果もあります。

きびだんごを思わず買いすぎてしまっても大丈夫そうですね。

 

DSC_0016

ハンドルには紙平紐を使用していますね。2色使いで色合いが可愛いですね。

紙袋の口部分がギザギザです。これは「輪転」と呼ばれるもので、

大量のロール紙から印刷→ハンドルのとりつけを機械で行う製法になります。

輪転は、一枚あたりの単価は安く抑えられますが、通常は一万枚からという大ロットで作ることが条件となっています。

ベリービーではサイズによっては3000枚からでも制作可能ですのでお気軽にお問い合わせください。

全体的に可愛らしい紙袋ですが全ての面にイラストが印刷されていたり、ハンドルが2色だったりとこだわりをとても感じるオリジナル紙袋ですね。

その中で輪転という製法でコストダウンを図りとてもバランスの取れた紙袋となっていますね。

こだわりたいけれどもコストも気になるという方はベリービーまでご相談ください!

輪転等はもちろん様々なご提案をさせていただきます。

カテゴリー: 紙袋デザイン紹介 | タグ: , , , , , , | 桃太郎のかわいいお土産袋 はコメントを受け付けていません。
[ Post by berryBスタッフ ]