グッドデザイン賞とは!?

こんにちは!

ベリービーの芥川です。

本格的に寒くなってきましたね。みなさまいかがお過ごしでしょうか。

 

今日は、デザイン系のサイトを見ていたらグッドデザイン賞が決まったという

記事を発見したのでここでご紹介したいと思います。

20141104-gooddesign_v

たまにこのマーク見かけますが、一体どんな賞なのか調べてみました。

公益財団法人日本デザイン振興会が主催する、総合的なデザインの推奨制度らしいです。

50年以上の歴史をもったすばらしい賞です!

そして今回大賞を受賞したのは医療用ロボットです。

20141104-gooddesign02_v

さすが大賞を受賞するだけあってとっても綺麗です。

うっとりしてしまいますね。

ロボットってもっとゴツゴツしているイメージがありますが、

最近ではこんなにもスタイリッシュなロボットが作られているんですね。

14G070632_01_880x660

14G090723_02_880x660

他に金賞を受賞した作品では、医療系のものが多かったです。

医療機器とは思えないような美しいフォルム!

おしゃれですね。

グッドデザイン賞は見た目だけではなく、内容、

技術面や機能性が優れている作品にもあたえられます。

20141104-gooddesign03_v

14G060430_01_880x660

グラスも椅子も惚れ惚れする美しさです。

職人さんの技がつまった作品なんだと思います。

 

グッドデザイン賞って上記にあげたプロダクト系にだけ与えられる賞だとおもっていました!

しかし住宅や、なんとバスの待合所も受賞していて驚きました!

14G110957_01_880x660

こちらが受賞したバス待合所です。

たしかに美しい!

やはり均等で整っているものは人は美しいと思うんですね。

あともうひとつ驚いたのが、目に見える「物」だけではなく、

「活動」もグッドデザイン賞を受賞しているということです!

14G141169_01_880x660

14G141152_01_880x660

 こちらは震災のボランティア活動と非営利活動です。

改めて「デザイン」の持つ幅広い意味を考えさせられました。

「デザイン」と一言でいっても、とても多くの意味があることをたまに

考えさせられることがあります。

究極の美を追求することから、機能性としての美しさ、

人の人生をよりよくする「デザイン」は本当に素晴らしいと思います。

 

カテゴリー: デザイン・流行分析 | コメントをどうぞ

変わったハンドルの紙袋

こんにちは。

ベリービーの高橋です。

本日は「変わったハンドルの紙袋」をご紹介いたします!

DSC_0578 DSC_0583

 全体像としては未晒クラフト紙に黒で印字されたロゴだけ

という最も必要な情報のみを取り入れたシンプルなデザインです!

DSC_0579

なんと言ってもこのハンドル!

ゴムのような樹脂ような、この無骨な感じが格好良いです。

手触りも良く、強度も高いです。

DSC_0580

口折りには、定番のURL。

素材的に縦留め限定のハンドルとなっています。

DSC_0581

底ボールも、同じくリサイクル素材の茶色のボール紙です。

 

今後もこのような変わったハンドルが現れると

新鮮で良いですね。

使い勝手が良くデザインも合わせやすいものなど

出てくるとまた新たな紙袋デザインの形が

生まれるのでしょうね。

 

 

カテゴリー: 流行分析 | コメントをどうぞ

ハイブランドがあえて作るかっこいいクラフト紙の紙袋

こんにちは!

ベリービーの芥川です。

今日は、縦長のクラフトバッグで目を引くロゴがかっこいいハイブランドの紙袋です。

最近私はクラフト紙の紙袋が好きで、特にハイブランドやクラフトのイメージがない

ブランドがあえてクラフトバッグを作っているのが好きです。

DSC_0573 DSC_0572

今日ご紹介する紙袋のブランドも、あまりナチュラルなイメージがないですが、

クラフト紙になっても高級感があるのはなぜでしょうか。。

マチが大きくなく、しゅっとした感じでスタイリッシュに見えるからでしょうか。

ロゴ自体がもともとかっこいいからというのもひとつの理由ですね。

DSC_0575

クラフト紙に黒の印刷は王道ですね!

かっこいいです!

逆に、かわいい系を目指すなら、クラフト紙に白の印刷がおすすめです!!

DSC_0574 DSC_0577

ハンドルは紙丸紐です。

結び目はけっこう大きくて、なんだか可愛らしい感じになっています。

DSC_0576

底ボールは茶色に印刷されています。

一般的にクラフト紙の紙袋では、底ボールはそのまま白色のものが多いですが、

同じ茶色系にすることで統一感がでて高級感が増します。

 

クラフト紙はナチュラルで親近感がある素材ですし、

比較的安価で作れるため、安っぽくなってしまうというイメージをもたれがちですが、

ロゴのデザインやその他の仕様によっては高級感のある紙袋になりますね!

 

カテゴリー: 紙袋デザイン紹介 | コメントをどうぞ

グレーで統一されたシックな紙袋

こんにちは!

ベリービーの芥川です。

今日ご紹介する紙袋は、上品なグレーで統一されたハイブランドの紙袋です。

DSC_0565

厚い特殊紙でできていてとってもしっかりしています。

中に高そうな物が入ってそうです!!

濃くもなく、薄くもなく、男性的すぎず、女性的すぎず、

中性的で、メンズ・レディースともに対応できそうです。

DSC_0567

ハンドルもグレーで、ワックスコードと呼ばれるハンドルです。

靴紐のような形状で、表面加工がしてあり、艶のある仕様になっています。

ハイブランドの重厚感のある紙袋でよく見られるハンドルだと思います。

DSC_0570 DSC_0568

ハンドルは縦留めされていてスッキリしています。

DSC_0569

内面と底ボールもシックなグレーでまとめられて、

高級感が伝わってきますね。

DSC_0566

そんなグレーでまとめられた中にキラっと光るシルバーのロゴが

とても上品です。

グレーは今年冬の流行色なので、トレンドをきっちりおさえて、

なおかつかっこいいデザインの紙袋にしてしまう感じが、

さすがハイブランド!ですね。

 

カテゴリー: 紙袋デザイン紹介 | コメントをどうぞ

クリスマスのCMに感動しました!

こんにちは!

ベリービーの芥川です。

すっかり冬になりましたね。今年も残すところ1ヶ月ちょっとです。。

早いですね〜

日本でも街ではちらほらクリスマスの飾り付けがされてきて、

どんどんクリスマスモードにはいってますね。

今日はクリスマス商戦に向けた海外企業のCMを集めた記事を見て感動したので

ご紹介したいと思います。

たくさんある中で、私はこのCMが好きです!

まるで映画を見ているようでした!!胸がきゅーっとなりました。

最近日本のCMでもただ商品をアナウンスするだけでなく、

商品を使ったドラマ仕立てのCMをよく見かけるようになりました。

そういうCMはつい見入ってしましますよね!

 

これは大手スーパーのCMなんですが、スーパーを超えてきています!

商品や企業を宣伝するのではなく、見ている人の心をつかむ!という感じですね。

CMのインパクトが大きいと、結果、いつしかCMのイメージと企業がシンクロして、

CMのいいイメージを企業のイメージとしてもたれるということですね。

 

このCMを見た時、カルチャーショックのようなものを感じおもしろかったです。

クリスマスプレゼントにこんなに闘争心をもやしている人たちがいるとは。。

日本とは違い、海外ではやはりクリスマスはかなり重大なイベントなんですね。

実際このCMを見てバッグを買いにいくおばあちゃんは絶対いると思います!!

 

紙袋もCMと同じく宣伝効果をもっているので、アイディア次第でいろんな効果が期待できそうですね!

CMと違って紙袋をお客様のとっても身近なところまでいけるので、紙袋でしかできない宣伝もありそうです!!

 

他にもたくさんおもしろいCMが紹介されているのでぜひ見てみてください!コチラ 

カテゴリー: デザイン・流行分析, 未分類 | コメントをどうぞ