質感も楽しめるUV印刷の紙袋

こんにちは、ベリービーの上原です。

%e6%ad%a3%e9%9d%a22

今回はブラックにインパクトのある蝶が印刷された紙袋を紹介します!

真っ黒なボディの中央にはUV印刷という透明な特殊インクで描かれた蝶が描かれています。

UVは描く範囲によって金額が変わってきますが、BerryBでは500枚から作ることができます!

さらにゴージャスなブロンズの箔押しが眩しいくらい輝いています。

%e4%b8%8a1

表面のマットPP加工はツヤ消しで高級感があり、ツヤのあるUV印刷との質感の差は表面をつい撫でて確かめたくなります。

%e6%a8%aa1

紙は厚めのカード紙の200gなのでしっかりとした作りです。

写真では分かりにくいのですが、手に取った時に高級感を感じられます。

%e7%b4%901

紐はパイレンロープのブラックで紙袋自体はシンプルな仕様ですが、

全体の色に統一感を持たせロゴを前面に押すことで個性的な紙袋になってます。

カテゴリー: 紙袋デザイン紹介 | タグ: , , , | コメントをどうぞ

結婚式などに!50枚から作れるイージー&クラフトペーパーバッグ!

こんにちは、ベリービーのウラベです。

いよいよクリスマスが近づいてきましたね!

クリスマス、年末年始とイベントの多い時期になってきました。

そんな時に便利な、約10日の短納期で作ることができるイージーペーパーバッグと

クラフトペーパーバッグ。

最小ロット数は100枚になっていましたが、なんと最小を50枚とし、

ブライダルにも嬉しい75枚でもご注文いただけるようになりました!

%e7%b5%90%e5%a9%9a%e5%bc%8f%e3%83%8f%e3%82%99%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%99_01

50枚から作ることができるとなると、紙袋を作るハードルがぐっと下がりますね!

たとえばブライダルなど、「自分達だけのオリジナル紙袋を、もっとお手頃な枚数で作りたい!」

という場合には、まさにうってつけなのではないでしょうか。

 

実際、弊社スタッフが知人の結婚式でこのオリジナル紙袋をプレゼントし、

司会の方がオリジナル紙袋であることを告げると、

会場でどよめきが起き、予想を超える大盛況になったそうです!

%e7%b5%90%e5%a9%9a%e5%bc%8f%e3%83%8f%e3%82%99%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%99_02

(写真はその時の実際の新郎新婦様。ブログ掲載にもご快諾いただけました!)

 

自分たちの名前が入った特別なオリジナル紙袋。

特別な思い出のひとつになり、新郎新婦様ともにとても喜んでくれました!

とっっても幸せそうな写真です!!

 

%e7%b5%90%e5%a9%9a%e5%bc%8f%e3%83%8f%e3%82%99%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%99_03

イージーペーパーバッグは、ホワイトとブラックの定番カラー × 箔押しの仕様が

高級感があるので、あらゆる場面で活躍すること間違いなし。

 

クラフトペーパーバッグはカジュアルながらもロゴの箔押しがしっかりした印象なので、

結婚式でご利用いただくケースがかなり増えてきています。

こちらはよりアットホームな感じで、流行りのガーデンパーティーにぴったり!

 

サイズはいずれも5パターンあり、もちろん引き出物が十分入るサイズもご用意しております。

デザインや色の組み合わせで様々な表現が可能なので、結婚式以外でも、ちょっとした

イベント・パーティーに使えそうですね!

 

「素敵なロゴを作りたいけど難しい…」という方には、こちらの無料デザインテンプレートを

ご利用いただけます。

%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%af_%e3%83%86%e3%83%b3%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%88

 

それでは特別に、弊社で続々開発中のブライダル用ロゴを一部、ご紹介しますね。

%e7%b5%90%e5%a9%9a%e5%bc%8f%e3%83%8f%e3%82%99%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%99_04

他にも様々なテイストの素敵なロゴを近々選んでいただける予定です。

特別なオリジナル紙袋ができそうですね!

 

そして今回ご紹介した、イージーペーパーバッグ・クラフトペーパーバッグに

ついてはこちらから!

%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%af_easy

%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%af_kraft

 

特別な紙袋で素敵な思い出をつくりたい!という方をベリービーは全力でサポートいたします!

 

 

 

カテゴリー: お知らせ | タグ: , , | コメントをどうぞ

エッジの効いたブラックの紙袋

 

皆さん、こんにちは。ベリービーのウラベです。

今回はかなり変わったデザインの紙袋をご紹介します。

black_01web black_02_web

縦に細長いボディに、ハンドルは一本だけ通しています。

小さめのサイズなので、意外とハンドル一本でも安定しています。

 

カラーはボディ、ハンドル、箔押しすべてが潔くブラック一色。

以前、何度かブログでご紹介したことがありますが、ブラック × ブラックの組み合わせは

高級ブランドの紙袋で見かけますね。

 

横から見るとこんな感じです。

black_03_web

すべてブラックなので画像では見づらいかもしれませんが、

正面、側面(マチ部分)とも黒の箔押しが押されています。

black_04_web

中央のロゴマークは浮き出し箔、それを囲む四角いラインは通常の箔押し加工です。

紙は黒クラフト紙が使われています。表面加工はされていないので、紙の手触りを感じられます。

ハンドルはアクリルスピンドルで、サイズにしてはやや長めです。

 

ハンドルが一本少ないはずなのに、おしゃれで高価に見えるという不思議な紙袋です。

ブラック一色で作っていることも合わせて、

「エッジが効いたデザイン」=「高級ブランド」という連想が起きるせいでしょうか。

引き算の妙を感じる紙袋ですね。

 

カテゴリー: 紙袋デザイン紹介 | タグ: , , | コメントをどうぞ

ラベンダーカラーが上品な紙袋

こんにちは。ベリービーのウラベです。

今日は薄いラベンダーが上品な紙袋をご紹介します。

rady_01_web rady_02web

ボディの紙は厚めのカード紙が使われているので質の良いしっかりした作りです。

大きなロゴと文字はすべてゴールドの箔押しです。

箔押しは大きいほど初期費用が高くなるのですが、これだけ大きいとさすがのインパクトですね!

とっても目立ちます!

rady_04_web

ハンドルは今やアパレルブランドでは定番のグログランテープです。

ボディカラーと合わせて、淡いラベンター色がとても上品ですね。

ラベンダーカラーは年齢を問わず女性に人気のあるカラーです。

ゴールドのハトメ加工もされているので、高級感も出ています!

 

ハンドルは少し長めに作られているので、肩掛けにもできます。

この紙袋は少し大きめ(ベリービーのLサイズに近いです)なので、

個人的には肩掛けができると嬉しいです。

こういうところに、ユーザーの目線に立って作られたことが感じられますね。

 

いま女性が好きそうなカラーやリボンを使ったデザインだけでなく、

使い勝手の良さまで考えられた、ユーザビリティの高い紙袋ですね!

 

 

カテゴリー: 紙袋デザイン紹介 | タグ: , , | コメントをどうぞ

コントラストカラーが目を惹く「新しい」紙袋

こんにちは!ベリービーのウラベです。

今日は、あのハイブランドの定番紙袋のデザインがリニュアールになったのでご紹介します!!

以前までの落ち着いたブラウンの紙袋から一変してオレンジとブルーのコントラストカラーが特徴的な紙袋です。

lv_01_web lv_02_web

画像はちょっと明るめですが、オレンジは少し渋めの色で、

明るくありながら上品さも感じられる色です。

lv_03_web

ハンドルはこれまでこのブランドで使われていた紙袋のシックなイメージを覆すブルーの平紐。

オレンジとのコントラストが目立つ組み合わせです。

 

このブランドでは、2003年以来使用してきた紙袋のデザインから久々に

リニューアルしたとのことで、さっそく分析しつつご紹介していきますね!

メインに使われているオレンジは「インペリアル・サフラン」といい、一世紀半にわたって

ブランドで使われてきた特徴的な色だそうです。

メインとコントラストをなすブルーも同じく数十年に渡って包装用リボンに

使われてきた伝統的な色とのことです。

 

単純に「リニューアルなので、これまで紙袋のイメージをがらっと変えたのかな?」と思いましたが、

伝統的なカラーのコンビネーションでブランドのルーツを体現しつつ、リニューアルの

インパクトも出した紙袋なんですね!

 

lv_04_web

ボディは厚めの紙厚に施されたエンボス加工とロゴのブラック浮き出し箔は、

前回のデザインからそのまま踏襲されています。

ここはブランドイメージとして残しているのでしょうか。

lv_05_web

ハンドルはご紹介したとおり、ブルーの平紐が縦留めされています。

平紐といえば「ナチュラル」というのが私のイメージですが、

バッグなどの重量のある商品の場合に手に食い込みにくく持ちやすいといったメリットもあり、

意外とハイブランドなどでも多く使用されています。

世界に影響を与えるビッグメゾンの紙袋に使用されただけに、

アクリル平紐のイメージも高級感を感じるものに変わってくるかもしれません。

 

「高級=シック」という、今まであったイメージを打ち破ってくれそうな、

挑戦を続けるハイブランドの意気込みを感じられるデザインではないでしょうか!

カテゴリー: 紙袋デザイン紹介 | タグ: , , | コメントをどうぞ
  • Page 1 of 2
  • 1
  • 2
  • >