カテゴリー『紙袋デザイン紹介』の一覧

上品なピンクが可愛いアパレルの紙袋

こんにちは、ベリービーのカキミです。

今回は前回と同じブランドの小物向けのラインの紙袋をご紹介します。

紙袋 印刷 オリジナル

女性向けアパレルブランドなのでオールピンクながら落ち着いた印象を与える紙袋となっていますね。

前回に比べると色数やオプション加工などが減りスッキリしたシンプルな構成になっています。

なんですが、、、色味については同じ印象を受けています。

色が同じということではなく独特の色感?というのでしょうか。

普通のピンクではないんですよね。彩度の低い落ち着いた大人の女性をイメージする色味です。

これは前回ご紹介した「ハンドルまわりに気合いが入ったアパレルの紙袋」でも同様で、ネイビー・ピンク・グレーのどの色にも独特の色が存在していました。

どの色も一般的にイメージする色よりも落ち着いて見えるしスモーキーな感じがあります。

霧がかったようなという感じです。

紙袋 印刷 オリジナル

正面から見たかんじですが艶なしのゴールド箔が落ち着いて見えますね。

ハンドル左側に取り付けられたリボンのさりげないアクセントになっています。

リボン・ハンドル・紙袋とすべて同じピンク色で作られていますね。

紙袋 印刷 オリジナル

口折部分には白色でURLが印刷されています。

紙袋 印刷 オリジナル

紙の表面にはファブリックエンボスと呼ばれるエンボス加工が施されています。

布のような風合いが出るためナチュラルな雰囲気に仕上がります。

でも画像だけではいまいち伝わりにくいですね。

やはりエンボス加工は直に見て触らないと分からないところがあるかなと思います。

紙袋 印刷 オリジナル

リボン部分のアップです。

グログランテープを利用したリボンになっています。光沢がなく上品さを感じますね。

ブランド名が等間隔で印字されています。

そして紙袋には、英語でなにやら文章が書かれています。

紙袋 印刷 オリジナル

内面と底面は白色になっています。

紙袋 印刷 オリジナル

紙袋 印刷 オリジナル

この紙袋に使われている紐はアクリルスピンドルなのですが、この紐は変な型がついたら元に戻らないんですよね。

値段も手頃でデザインもベーシックで使いやすいので人気はあるのですが。

どの紐にも言えることですが紐には変な型がつかないよう保管していただければ良いかなと思います。

比較的に型がつきにくいのがパイレンロープとツイストロープだと思っています。

パイレンロープは柔らかくしなやかで丸紐なのでしっかりとした型はあまりつかないように思いますね。

もしついたとしても気になることはすくないかと思います。

ツイストロープは逆で固くて捻ってあるので、そもそも型がつかないようになっています。

多少はつくかもしれませんが他の紐に比べれば気にならないレベルです。

型がつきやすいと思う紐は、アクリルスピンドルとリボン系の2種類(サテンリボン・グログランテープ)です。

リボンの2種類は平らな面が大きいのでどうしても型は付きやすくなります。

あと、一度結んでしまうと完全に型がつくので繰り返し使うときに注意が必要ですね。

みなさんもオリジナル紙袋を作られる際は、デザインはもちろんですが耐久性や保存時に生じる傷や折り目などを考慮して選ばれると良いかもしれませんね。

オリジナル紙袋制作はベリービーまでお待ちしております。

カテゴリー: 紙袋デザイン紹介 | タグ: , , |
[ Post by berryBスタッフ ]

ウェディングロゴで作る!引き出物紙袋の紹介 vol.8

im1

こんにちは、ベリービーバッグのヨシウチです。

ベリービーのロゴテンプレートサービスを使って、オシャレなオリジナル引き出物紙袋を作ってみよう!というこの企画。

かれこれ8回目になっちゃいました。

ぜひロゴテンプレートページでお気に入りのロゴを探してみてくださいね。

logotemplate_flash

今回はロゴテンプレートのW-22を使って紙袋を作成しました。

im2

縦長のレイアウトのロゴ。左右にスペースがあるので長い名前でもキレイに入ります。

枠に囲まれた筆記体が美しいですね!

im3

紙袋にしてみるとこのような感じに。ロゴカラーは「スカイブルー」です。

ウェディングの紙袋といえば高級感のあるゴールド箔もおすすめですが、こういったカラフルな箔も可愛く仕上がっていい感じですね。

白いハンドルもウェディングにぴったりですが、ハンドルカラーを変更すると別の雰囲気が演出できるかもしれません。

 

(ハンドルを別カラーでのご注文の場合、最小ロットが50枚から100枚に変更になります。

50枚でご注文の場合、お客様で付け替えをお願いすることになりますが、お電話でお気軽にご相談いただければと思います。)

 

im4 im5

ピンクやイエローも試してみました!どれも可愛いので迷っちゃいますね!

紙質も選ぶことができ、ナチュラルな風合いなら晒クラフト紙、高級感ならコート紙を選択するといい感じに仕上がると思います。

ベリービーバッグの「クラフトペーパーバッグ」なら晒クラフト紙

「イージーペーパーバッグ」ならコート紙を使用していますので、そちらを是非ご利用ください。

 

引き出物袋のご相談もぜひ、ベリービーバッグにご相談ください。

 

カテゴリー: 紙袋デザイン紹介 | タグ: , |
[ Post by berryBスタッフ ]

ハンドルまわりに気合の入ったアパレルの紙袋

こんにちは、ベリービーのカキミです。

今回は女性向けのバッグを中心としたアパレルブランドの紙袋をご紹介します。

紙袋 印刷 オリジナル

全体的には落ち着いた色味でありながら女性らしさや可愛さを感じる紙袋になっています。

ネイビーをメインカラーとしフチにピンクを持ってくることでアクセントになりつつ女性らしさを表現しています。

この紙袋はラグジュアリーラインの紙袋となっておりリボンや紐の色を落ち着いたグレーにすることで可愛さや甘さが出る部分をあえてシックに抑えることでラグジュアリーな雰囲気を表現しています。

紙袋 印刷 オリジナル

サイズ感はベリービーでいうSサイズくらいになります。

奥行きは少し長めにとっていてポーチなど小さめのバッグ等を入れるのかなと思います。

こういったバランスの紙袋は奥行きがあるため斜めから見たときのシルエットが崩れる印象もありますが製袋がきれいなこともありシュッとした綺麗な印象を受けました。

紙袋の色味も暗めのネイビーがメインカラーになっていることも関係してきますね。

なので奥行きが必要な紙袋を作られる場合は、ダークトーンの落ち着いた色味を使用することでバランスの悪さを軽減することができそうですね。

紙袋 印刷 オリジナル

上から見た図になりますが底面には印刷などはされていません。

紙袋 印刷 オリジナル

ハンドルまわりのアップですが色々と加工がされていますね。

紐は定番のアクリルスピンドルです。

まずは、印字有りのリボンが右側についています。さらに表面はグレー、裏面はショッキングピンクと両面で色の違うリボンになっています。

あまり見たことのない仕様ですね。印字付きリボンもたまに見るくらいなのですがダブルでお目にするなんてまあまあレアなことなのかなと個人的には思っております。

続いては口止めシール。高級感の演出に一役買っています。

ベリービーのお客さんでも紙袋と一緒に口止めシールを注文される方はいらっしゃいますね。

皆さんももうワンポイント、イメージの訴求をしたい場合に取り入れてみてはいかがでしょうか。

さりげなくですがアピールすることはでできるかと思います。

さらにハンドルまわりでもう一点。

紙袋の内側にも箔押しが施されています。ホームページのURLが印刷されています。

様々な加工が施された気合の入ったハンドルまわりのご紹介でした。

紙袋 印刷 オリジナル

紙袋の表面ですがエンボス加工が施されていますね。

このエンボス加工はジャガードエンボスと呼ばれています。

厚めの紙を使用しエンボス加工を施すとグッと高級感が上がります。

ただ、厚めの紙にエンボス加工を施すと丈夫で高級感が出る反面、紙袋を折るときに綺麗に折れないことがよくあります。

しかしこの紙袋は本当に綺麗に折りがつけられています。素晴らしい。

さらに紙袋の表面

紙袋 印刷 オリジナル

紙袋 印刷 オリジナル

俯瞰からの写真を二枚続けて見たときに思うのはこの色の組み合わせって難しそうだなーってことですね。

普段はあまり見ない組み合わせの色で紙袋を作っているなと思いました。

特にリボンと紐の色は独特の色味になっていますよね。スモーキーグリーンと言えばいいのでしょうか。

くすんだグレーに少し緑が入ったような感じに見えます。

ネイビーとピンクの組み合わせも多くないと思いますし、かといってまとまって見える辺りがバランスの良さですね。

三色とも彩度を落とし暗めにしていることで統一感が生まれているのだと思います。

皆さんもオリジナル紙袋を作られる際は、色をどうするか迷われることがあると思いますが、今回のように一見難しそうに見える色の組み合わせでも何か共通部分を作ることで馴染むこともあるのでトライしてみると意外と良い結果になるかもしれません。

色の組み合わせが分からない時などはお気軽にベリービーまでご相談ください。

カテゴリー: 紙袋デザイン紹介 | タグ: , , , |
[ Post by berryBスタッフ ]

高級感漂うお菓子の紙袋と箱

こんにちは、ベリービーのカキミです。

今回はミルフィユのブランドの紙袋と箱をご紹介します。

紙袋 印刷 オリジナル

エメラルドグリーンと表現すれば良いでしょうか。とても綺麗な色味の紙袋と箱ですね。

商品にフランセと書かれていましたし、デザインも非常におしゃれなのでフランスのお菓子だと思っていました。

しかし、このお菓子は日本の会社が作っているようで、他にも洋菓子・和菓子を含めていくつかのブランドに分けてお菓子の販売をしているみたいですね。

 

logo-tokyomilkcheese logo-themaplemania logo-tsukijichitose

logo-cotecour logo-butterbutler logo-gendy

logo-qudgemanmonaci logo-millefeuillemaison logo-francais

※上記の画像はHPよりお借りいたしました

どのブランドもデザインがしっかりと作り込まれています。

飲食や食品系のパッケージやロゴなどはイラストなどを使いつつ文字組み等はベーシックなタイプが多く、ミニマルでおしゃれな一方、個性があまり感じられにくい印象がありますが、今回ご紹介する紙袋の会社さんが展開しているブランドはお菓子の特徴や土地柄などを反映した印象に残るようなデザインになっていますね。

そしてレトロな雰囲気が感じられるのも好印象です。

今っぽさを含みつつレトロにしてみました!という感じではなくその時代を感じられるようなデザインに落とされていれとても可愛い紙袋ですね。

紙袋 印刷 オリジナル

紙袋単品の画です。エメラルドグリーンとゴールドの紐と印刷が非常に相性がいいですね。

サイズ感はベリービーでいうとM縦サイズを少し狭めて縦長にした感じです。

紙厚は少し薄めのものを使用しており、クラフト紙にラミネート加工を施しているように見えますね。

一般的に使用される紙袋よりも薄いもののラミネート加工がある分、少し丈夫かなという印象です。

お菓子自体が重いわけではないので、破れにくく少しくらいの水滴などを弾けるラミネート加工を施す仕様は商品との相性は良さそうですね。

紙厚は厚みがあるほど高級感が出るパターンがあるのですが今回の紙袋の場合は薄くても高級感が出ていてコストも抑えられるのでおすすめしたいと思います。

紙袋 印刷 オリジナル

表面デザインは、上下左右にロゴタイプがきて中央にロゴマークが配置されています。

紐はパイレンロープですね。落ち着いた高級感が出ています。

パイレンロープに似た紐の種類でツイストロープというものがあるんですけど、ツイストロープは高級感推しの紐になっております。ゴージャスといったイメージになります。

twist

↑ツイストロープ

一方、今回のパイレンロープは上品な高級感で個人的にはとても好きな紐です。使いやすいと思います。

紙袋 印刷 オリジナル

紙袋 印刷 オリジナル

紙袋 印刷 オリジナル

このあたりの画像はポンポンと行きたいと思います。

中面は印刷などなく白色ですね。紐なんですが変な型がついていて綺麗に撮れずに残念です。

紙袋 印刷 オリジナル

この紙袋は、底部分を中心に向かって折り込んでいくタイプになっていまして。

両面のデザイン面に折り目が入らずとても綺麗に見えます。

効果的には縦留め紐の底バージョンです。

畳んだときにも薄くて綺麗ですね。

例えば、底をこの折り方にして紐を縦留め紐のサテンリボンかグログランテープにすれば立てたときも畳んだときもとても綺麗に見える最高の紙袋が出来る気がします!

底面に小さくて見えないのですが、色が衣服等に付きますというニュアンスのものが日本語と英語で書かれています。

この紙袋のエメラルドグリーンは印刷で色を出しています。

ベタ印刷がある紙袋ですとこういった注意書きは親切で良いですね。

紙袋 印刷 オリジナル

箱ですが、ロゴマークを真ん中に置きその周りにロゴマークに似た模様を細かく配置しています。

紙袋 印刷 オリジナル

紙袋 印刷 オリジナル

箱の形は、ぶ厚めの洋書のような感じになっています。

世界観の作り込みが徹底されていますね。

箱となると紙袋とは違ったデザインの自由度がありますね。

紙袋では仕様などの細かい部分の自由度はありますが飛躍して紙袋、ひいては袋という域から出られなかった感があります。

しかし、箱となるとその他の多くのモチーフに寄せて箱のデザインをすることが出来るのでオプションだけではないデザインの自由があります。

ただ、ベリービーでは箱に力を入れ始めたばかりなので正直どこまでの自由について行けるのかは謎であり、未知数です。

といってもまずは提案だけでもしてみてください。難しそうな形の箱でも、工場などに掛け合ってみれば意外といけたりもするかもしれません。

ある程度ベーシックな形の箱であれば準備万端ですので紙袋と合わせてご相談ください。

カテゴリー: 紙袋デザイン紹介 | タグ: , , , |
[ Post by berryBスタッフ ]

女性に人気のフレンチアパレルの紙袋と箱

こんにちは、ベリービーのカキミです。

今回は、女性に人気のフレンチアパレルの紙袋と箱をご紹介します。

紙袋 印刷 オリジナル

このブランドのイメージから紙袋は洗練されたものと思っていましたが、意外にもナチュラルな紙袋に少し違和感を感じました。

なので少し調べてみることに、、、

そしてこの紙袋は通常のラインの紙袋ではないことが分かりました。

日本の若い女性に向けて作られたラインだそうです。

値段帯も通常よりは抑えめに設定し、既存のフレンチスタイルとジャパニーズスタイルをミックスさせたアイテムを展開しているそうです。

フォントの選び方や色、星マークとかわいい路線なのが伺えますね。

紙袋 印刷 オリジナル

紙袋 印刷 オリジナル

少しぼてっとしたようなサイズ感がかわいらしいですね。

紙質はクラフト紙にニス引き加工を施したものになっています。

色味は少し黄みがかったグレーでしょうか。落ち着きとナチュラルさが感じられます。

紙袋 印刷 オリジナル

紐はコットンで作られていて程よい厚みがあり、ナチュラルな雰囲気をバッチリと後押ししています。

縦留め紐で取り付けられていて押さえるところは押さえている印象です。

紙袋 印刷 オリジナル

口部分にゴールドのシールが貼られていました。

「to b」と星マークがランダムに印刷されています。

ベリービーでもシールのオプション等やっていますのでお気軽におしゃってください。

紙袋 印刷 オリジナル

アクセサリーサイズの箱が一緒についていました。

ベリービーでは、箱の制作にも力をいれていこうと思っているのでこれからは箱などもブログにどんどん上げていこうと思います。

紙袋 印刷 オリジナル

内箱が赤色で外箱が黒色の箱となっています。先程のナチュラル感から少しロックテイストに寄りましたね。

これは既存のブランドが持っているテイストで様々な要素をミックスした服作りを提案しているのを感じます。

紙袋 印刷 オリジナル

海外のファッションデザイナーは日本のことが好きな方が多いように思います。

つい先日も、ベリービーでたびたびご紹介させていただくハイブランドさんが日本をテーマに含めたコレクションを東京で行っていました。

店舗などをみても海外のブランドが日本に旗艦店を出すというケースが多く見受けられます。

さらに最初の店舗を自国ではなく日本で、ということもたまにあったりするので少し驚きます。

日本ではファッション業界の縮小が叫ばれていますが、海外から見た場合は日本のマーケットに期待があるということでしょうか。

業界全体で見れば縮小しているとは思いますが、これは単に二極化が進んでいるだけであってグローバル化が進むブランドもあれば小さい規模でもファンに愛されているブランドもたくさんあります。

歴史を持ったハイブランドやコスパの高いファストファッションブランドなどが割合を占め、百貨店ブランドと呼ばれるようなお店は苦戦をしているようです。服そのもののクオリティやデザイン性においてもプロモーションにおいてもファストファッションブランド等と比べて差別化を図ることが難しくなってしまっているようです。

個人的にもファストファッションや中価格帯までに位置するベーシックなブランドを基本的に選ぶ気がします。

そしてこだわりたいときは、ブランドの規模感よりも本当に自分が好きな服・ブランドなのかが前提にあり価格も服のクオリティに見合ったものを選ぶ傾向はあると思います。

そしてよっぽどお金があれば歴史やステータスをしっかり持ったハイブランドなども選択肢に入るのかなと思います。

一つ言えるのは、どの価格帯の服を選ぶとしても、価格帯ごとに潜在的にあるクオリティの基準を越えていることと付加価値を感じるブランディングがなされているかということです。少し回りくどい言い方になりましたが、ようは好きなブランドなのかどうかです。

◯◯クロや◯◯良品なども、価格以上の価値に見えるように消費者に働きかける努力を行っていて、さらにクオリティが良いと思われた商品は売れているのだと思います。

ハイブランドでも同じです。利益率が高くてモノだけを見れば損をしているかもしれませんが、それでも選ばれるために付加価値を付ける努力をしそれなりの予算を充てているのです。

紙袋は店舗を持つ服屋さん、ブランドにとっては必要不可欠なブランディングツールの一つです。

たかが紙袋、されど紙袋です。

まずは、いい服を良い紙袋に入れてみてはいかがでしょうか?

カテゴリー: 流行分析, 紙袋デザイン紹介 | タグ: , , |
[ Post by berryBスタッフ ]