タグ『高級感』の一覧

機械折りでも高級感!な紙袋

こんにちは、ベリービーの谷山です。

今回は日本のはちみつブランドの紙袋とポリ袋をご紹介します。

まずは紙袋です。

機械折りの紙袋

いかがでしょうか。

紙袋を見ただけでもこのブランドが

高級ラインであることがわかりますね!

 

ブロンドっぽいゴールドと黒の組み合わせは

高級感に加えて歴史のある重厚感を感じさせます。

 

OFJ留めの紙ハンドル

実は今回の紙袋、ギザギザしたカットからも分かるとおり、機械で折られているものになります。

機械折りの場合ロットがかなり必要になりますが、

1枚の単価としては手折りと比べるとかなりお安いです。

 

それでもパッと目にしたとき高級さを感じるのは

デザインの作り方や、配色がよく考え込まれているからではないでしょうか。

 

高級感のある王章デザイン

例えばこの蜂があしらわれた王章のマーク。

はちみつというと蜂のイラストを全面に出したくなりますが、

マークの一部として控えめに蜂を入れています。

 

字体とも合わせて由緒あるヨーロッパっぽい雰囲気ですね。

 

ハイデンのポリ袋

そしてこちらがポリ袋です。

紙袋と同じくマークとブランドロゴが印刷されています。

ロゴの左右に入っているのは紙袋のマチにも入っている、

格子のようなパターンですね。

 

ロゴだけでなくなにか共通のポイントがあると

より揃ってる感が出るのでおすすめです。

マットな質感のポリ袋

表面がマットになっているので、

いやらしく光らず、ゴールドのインクがより印象的に

見える気がします。

 

こういう部分の取捨選択も難しいですが、大切なポイントですね。

袋づくりに精通していないと、その選択肢もなかなか浮かばないものですが、

そこは紙袋ショールームでご相談いただければと思います。

 

今回はコストを抑えながらも高級感がある紙袋とポリ袋でした。

ポリ袋も取扱ございますので、ぜひ紙袋とセットにしたい方は

ご相談くださいませ〜。

 

カテゴリー: 紙袋デザイン紹介 | タグ: , , , | 機械折りでも高級感!な紙袋 はコメントを受け付けていません。
[ Post by berryBスタッフ ]

傷がつきにくい!? 新フィルムを使った宅配袋

こんにちは、ベリービーの谷山です。

今回は郵送用に製作される宅配袋の紹介になります。

 

傷がつきにくいラミネート

一見シンプルな見た目ですが、すごいのは表面のフィルム加工なんです。

紙袋や宅配袋など紙を使用した製品には、大まかに2種類の紙質があります。

紙本来の質感を残したものと、紙の表面に加工をプラスし、マットな質感や艶を出したものです。

質感を加えるには、紙袋の表面に「ラミネート」というフィルムを貼る必要があります。

 

通常のマットPPに付くスクラッチ

一般的に使われる従来のラミネートのフィルムは材質上、

上の画像のようなスクラッチと呼ばれる爪などが擦れた痕がつきやすいのが難点です。

特にボディが黒・紺・茶色のような濃色の場合、このスクラッチが目立ちやすいと言われています。

 

が!今回使われているフィルムはなんと!

そのスクラッチがつきにくい特殊フィルムなのです!!

心なしか指紋などもつきにくい気がします。。

 

配送の際に他の郵便物との擦れが起こりやすい宅配袋には

もってこいの素材ではないでしょうか。(ちなみに特殊素材のため少し値は張りますが。。)

 

浮出し版を使ったロゴ裏から見た浮出し加工

ロゴをみてもしっかりとした浮出し加工でされていて

見た目はシンプルながらも高級さがよく感じられる宅配袋ですね。

 

今回ご紹介したフィルムも実は弊社でご用意可能です。

値は張りますが、傷がつきにくく美しい紙袋を作ることができます!

ぜひぜひ気になる方はご連絡くださいね!

ではまた〜

 

カテゴリー: 紙袋デザイン紹介 | タグ: , , | 傷がつきにくい!? 新フィルムを使った宅配袋 はコメントを受け付けていません。
[ Post by berryBスタッフ ]

華やかなゴールドパターンの紙袋

こんにちは、ベリービーの谷山です。

今回ご紹介するのはゴールドの紙袋なのですが

とにかくインパクトがすごいです。

画像でデザインされた紙袋

どうですかこのギラギラ感、なかなか見ないですよね。

この紙袋を持っている人がいたら、たとえ紙袋好きでなくても

どこのだろうと気になってしまうのではないでしょうか。

 

ゴールドの質感に合ったグロスPP加工

表面はグロスPPと呼ばれる光沢感のあるコート加工がされています。

印刷の色をより鮮やかに見せてくれるので、

今回のデザインにぴったりの加工です。

 

ロゴが見えるように工夫

ロゴは見えやすさを考えてか、

ブラウンの四角を背景に配置されています。

 

風景やパターンなど写真でデザインをする場合、

全体としては印象に残りやすいですが、

ロゴが目立ちにくくなってしまうことがあります。

 

ボディのインパクトを邪魔せず

ロゴをどう配置していくか、悩ましいところですね。

 

印字リボンで口留め

口留めのリボンは少し深みのあるゴールド。

紫色でブランド名が印字されています。

ブランドイメージに沿った遊び心のある配色です。

 

今回の紙袋は縦に対してマチが狭く作られているのですが、

リボンがあることでさらにすっきりとした印象になっています。

 

芯入りでしっかりとしたハンドル

ハンドルは芯入りのタイプでした。

芯があると紐がつぶれにくくなるので、

よりしっかりとした安定感のある持ち手になります。

ハイブランドさんでは芯入りを使う場合が多いですね。

 

今回はゴールドのパターンを使ったインパクト抜群な紙袋のご紹介でした。

これからの季節クリスマスやお正月に向けて、

華やかな紙袋も増えてくるのではないでしょうか。楽しみですね。

ではまた〜。

 

カテゴリー: 紙袋デザイン紹介 | タグ: , , , | 華やかなゴールドパターンの紙袋 はコメントを受け付けていません。
[ Post by berryBスタッフ ]

竹製の紙を使ったプロモーション紙袋

こんにちは、ベリービーの谷山です。

今回ご紹介する紙袋は、商品やギフトショップのブランディングに

合わせてデザインされた有料の紙袋になります。

銅版画家・出久根育氏の絵が印刷された紙袋繊細なタッチの印刷

全面に印刷された施設の風景がインパクトありますね。

こちらは銅版画家の出久根育氏が描いたものだそうです。

タッチがとても繊細で、懐かしさのようなレトロな雰囲気を感じます。

 

このデザインには「場所の思い出まで持ち帰ってほしい」という想いが込められているそうで、

そういった背景を考えるとより特別で素敵な紙袋になりますね。

 

竹製の紙を使用した紙袋

使用されている紙もクラフト紙ではなく、なんと竹製の紙を使用しているそうです。

この地域は竹が有名なので、地域にも密着していることがわかりますね。

 

紙質もパリッと張りがあり、少し明るい色味になっているので

懐かしさに加えて、清潔感がある気がします。

 

シンプルな裏面でコントラスト

裏面はガラッと印象がかわり、

シンプルな中央配置でロゴが印刷されています。

国外のお客様を考えてか、英字と手書き文字2種類のロゴが

並んでいるのも印象的です。

鋲で留められた紙バンド

ハンドルは、ボディと同じ雰囲気をもった紙バンドです。

かなりしっかりとした持ち手なので安定感があります。

通常の長さよりも少し短めに設定されているので、

コンパクトにすっきりとして見えます。

 

留め具も艶を抑えた金のカシメで、本体ともぴったり合っています。

全体がナチュラルなので、こういったアクセントが紙袋の質を

ぐっと上げてくれているように感じます。

 

いかがでしたでしょうか。

最近は袋を有料で販売するお店も増えていますが、

こうして商品とともに考え込まれた紙袋だとついつい

買ってしまいたくなりますよね。

 

思いが詰まった素敵な紙袋でした。

ではまた!

 

カテゴリー: 紙袋デザイン紹介 | タグ: , , , , , | 竹製の紙を使ったプロモーション紙袋 はコメントを受け付けていません。
[ Post by berryBスタッフ ]

繊細な箔押しとフルピンクで特別な紙袋

こんにちは、ベリービーの谷山です。

今回ご紹介するのは皆さんご存知のハイブランドさんですが、

2018年HORIDAYの限定紙袋になります。

期間限定の紙袋

さすが限定の紙袋ですね。

可愛らしいピンクが使われていますが、高級感は抜群です。

 

艶のある質感にみせる印刷

表面をみると細かいドットのエンボス加工に加えて、

薄く縦のラインが印刷されています。

この線が入ることでシルクのような艶のある質感にも見えませんか?

 

繊細すぎる箔押し

そしてなんといってもこの箔押しがすごいです。

繊細すぎるくらい繊細なデザインがかなり綺麗に押されています。

 

箔押しはスタンプのように紙に箔を押し付ける加工なので

細かい柄などはどうしても潰れ・剥がれが出やすいです。

それをここまで美しく仕上げるのはさすがとしか言いようがありません。

 

織りのしっかりした布ハンドル

ハンドルはボディとしっかり色合せされたピンク色。

サテンリボンに横線が入ったグログランテープのようですが、

かなりしっかりとした質感で、どちらかというと布のようです。

 

太さを変えて口留めもつけられています。

結び目が見えない縦留めでつけられているので、

スッキリとした印象になります。

このあたりの形状などは、通常このブランドで使われているものと、

同じサイズや加工になっていますね!

 

内面と底ボールもカラー

上から見るとわかりますがしっかり内側も全面カラーがされています。

縦型の紙袋の場合、横型に比べて内側が見えづらいのですが

それでも底までピンク色で統一されているところをみると

ハイブランドならではのこだわりに感じます。

 

大胆な箔押しとピンク

いかがでしたでしょうか。

特別感を出す工夫がふんだんに使われた紙袋でしたね。

ハイブランドの紙袋にはこんな加工もできるんだ!という発見が多くて

見るだけでもなんだかわくわくします。

 

こんな加工がしたい、こんな素材が使いたいなど、

弊社でも新しいことにどんどんトライしていきたいと思いますので、

みなさんも楽しみにしていてくださいね。

 

ではまた!

 

カテゴリー: 流行分析 | タグ: , , , , | 繊細な箔押しとフルピンクで特別な紙袋 はコメントを受け付けていません。
[ Post by berryBスタッフ ]