タグ『黒』の一覧

黒を基調とした高級感ある紙袋

こんにちは ベリービーバッグのヨシウチです。

今回は黒を基調とした高級感のある紙袋をご紹介。

GRAMERCY1 GRAMERCY2

有名な洋菓子店の紙袋です。黒くてスタイリッシュな紙袋はあまり洋菓子っぽさがありませんが、

洗練されたグラマシー地区をコンセプトにしている、このお店らしい紙袋です。

黒一色にシルバーの箔押しは高級感がありますね。

箔押しは紙袋の中央か、紙袋の少し下のあたりに配置することが多いのですが、この紙袋は珍しく紙袋の上に配置されています。

他の紙袋とはひと味違うオシャレ感を感じます。

GRAMERCY4

紙の表面の黒は印刷によるものでした。ラミネート加工は施されておらず、少しザラっとしています。

炭の色に似たような表面になっていて、他にはない高級感が演出されています。

GRAMERCY6 GRAMERCY3

ハンドルは黒のパイレンロープ。

ボディとハンドルカラーを統一することで一体感ができます。雰囲気作りにとても大切ですね。

GRAMERCY5

口折部分をみてみるとHPのURLがプリントされています。

近頃ブログで紹介している紙袋はこのように口折部分になにか印刷されていることが多いなぁと感じます。

宣伝効果が見込めるそうなので皆さんも是非お試しあれ。

 

黒を使った高級感のある紙袋のご紹介でした。

この記事でご紹介した紙袋もベリービーでは制作のお手伝いをさせて頂きます。是非お問い合わせください。

 

カテゴリー: 紙袋デザイン紹介 | タグ: , | 黒を基調とした高級感ある紙袋 はコメントを受け付けていません。
[ Post by berryBスタッフ ]

ポケット付き! 可愛らしい上品なストライプの紙袋

こんにちは、ベリービーの谷山です。

今回ご紹介するのはこちらの紙袋です。

DSC_0523

普遍的な柄のひとつ『ストライプ』が使われています。

インパクトある太めのストライプですが、よく見るとストライプの両サイドに

飾りのような細い線が入っていますね。高級さを感じるポイントです。

DSC_0524

そして側面をみると、ストライプの幅が変えてあるのがわかります。

紙袋は当然立体なので、前からだけでなく、横から見たとき、上から見たときなど

さまざまな視線に合わせてデザインも変えていただけるのが楽しいですね。

特に今回のようなよく目にする柄を使う場合、こういった工夫が印象を左右したりします。

 

もう少し詳しく見ていきましょう!

DSC_0526

まずはこのハトメですね。

綺麗なピンクゴールドです。

ゴールドより落ち着いている印象ですが特別な華やかさがあります。

統一されたモノクロのボディにキラッと光って可愛いです。

このハトメにはロゴマークが印字されたリボンが通されるみたいです。

ハトメがあることでリボンの通りもよくなりますし、高級感もぐんとUPしますよね。

 

DSC_0534

ロゴはこんな感じ。

字と字の空間がゆったりめに配置されているので、落ち着いた印象を受けますが、

上部にはイラストが入っているので、可愛らしさもありますね。

ロゴを囲う浮き出し加工の長方形が、ロゴをはっきり見せてくれています。

 

そしてみなさん見えますでしょうか。

表面に薄く柄が入っています。

DSC_0537

ジャガード柄と呼ばれる総柄を紙の表面に押し付けることで

テクスチャーを加えるエンボス加工ですね。

弊社でもよくお選びいただく加工のひとつですが、やはり高級感をお求めのお客様が多いです。

ストライプ柄や、レザー調の柄など、種類があるので気になる方はぜひ見てみてください。

 

DSC_0532

そしてこちら。タグを入れる小さなポケットがついています!

ストライプの柄に溶け込む配置ですが、かなりしっかりした作りで存在感がありますね。

窓部分には透明のフィルムが貼られているというこだわりっぷりです。

先程ご紹介したしっかりと、エンボス加工もされていますね。

 

 

ストライプというよく見る柄ですが、太さや色で印象はかなり変わります。

今回はインパクトのある太めですが、モノトーンのため落ち着いた上品さが出ているのではないでしょうか。

ハトメのピンクゴールドや、ロゴに入るイラストなどで可愛らしさもプラスされて、素敵な紙袋でした。

 

ではまた!

 

カテゴリー: 紙袋デザイン紹介 | タグ: , , | ポケット付き! 可愛らしい上品なストライプの紙袋 はコメントを受け付けていません。
[ Post by berryBスタッフ ]

多数の面に印刷を施したモノクロの紙袋

こんにちは、ベリービーバッグのヨシウチです。

今回は珍しい縦長の紙袋をご紹介。ワインボトルなどを入れるのに最適ですね。

WEARNES-STARCHASE1 WEARNES-STARCHASE2

高級車を販売する海外企業の紙袋。白と黒のシンプルな構成です。

印刷面が広くないのでコスト的にも比較的安く制作できそうなモノトーンのバッグですが、

シンプルなデザイン故にカッコよく決まります。費用を抑えた感は全く感じさせません。

 

WEARNES-STARCHASE3

側面には印刷が。会社名を大きく印刷しています。

側面に会社名やホームページのURLをプリントしている紙袋は最近よく見かけますね。

余白を埋める上にインパクトを持たせられるからだと思われます。

紙袋制作を考えている方は是非お試しください。

 

WEARNES-STARCHASE4 WEARNES-STARCHASE8

ハンドルはアクリル平紐を縦留めしています。印刷のカラーに合わせた黒のハンドルは締まりがあってカッコいいですね。

縦留めは紙袋の表面のデザインを邪魔しないので高級感を演出できます。

WEARNES-STARCHASE5

底面にはQRコードがプリントされていました。

企業によってURL表記、QRコード表記と様々ですが、側面にさり気なく配置するのはデザイン性を損なわず広告もできていいですね。

 

カッコいいモノクロのバッグの制作もベリービーなら可能です。

似たような雰囲気に仕上げたくて、納期をお急ぎの方におすすめな商品ページもございますのでこちらをご参考に頂ければ!

イージーペーパーバッグ

※イージーペーパーバッグは数カ所に箔押しのみの対応となります。

印刷をご希望の方はエコノミーバッグまたは、フルオーダーバッグにてご相談承ります。

 

カテゴリー: 紙袋デザイン紹介 | タグ: , , | 多数の面に印刷を施したモノクロの紙袋 はコメントを受け付けていません。
[ Post by berryBスタッフ ]

マスキュリンな高級感de紙袋

こんにちは、ベリービーの谷山です。

今回はパリにある高級食材トリュフ専門店の紙袋をご紹介します。

 

気になって少し調べてみたのですが、これでもかというほどトリュフが乗った料理がたくさん…!!

パリに行くことがあればぜひ足を運んでみたいです。

 

こちらのお店ではお土産用として使われているようです。

トリュフ塩、トリュフマヨネーズなどの調味料系から

トリュフが練り込まれたパスタ・リゾットなど、価格帯は2000円〜5000円ほどですね。

 

高級なお店の雰囲気を紙袋ではどのように表現しているのでしょうか。

MAISON-de-la-TRUFFE1

縦シルエットですっきりした印象です。

ハンドルもかなり長めに制作されているためより縦長さが強調されています。

持ち手が長めだとエレガントさが加わるように感じます。

 

黒と金で額のように囲ったデザインが印象的です。

高級感を出す場合、黒と金は王道の組み合わせといえますね。

正面のアイボリーも彩度を抑えているため、落ち着いた雰囲気をプラスしてくれています。

 

MAISON-de-la-TRUFFE6

ロゴは大きめですね。

大きさからお店への自信を感じるような気がします。

 

色味やフォントから受けるのは少しマニッシュな印象でしょうか。

題名にも使ってしまいましたが、フランス語でいうとマスキュリンと言うんですね。

伝統を感じる重ためなデザインです。

 

MAISON-de-la-TRUFFE3

ハンドルはアクリルスピンドル。

編み方から少し引き締まったような質感でした。

黒のハトメがついているためより高級感を感じます。

 

口留めに使われているのは光沢を抑えたグログランテープですね。

男女問わず人気のあるリボンです。

ハンドルとは対象的にしっかりと太さのあるタイプを使用しています。

存在感があって印象的ですね。

 

MAISON-de-la-TRUFFE2

今回はパリの高級トリュフ専門店でしたがいかがでしたでしょうか。

伝統的なデザインと高級感のある配色で、マスキュリンな紙袋でした。

 

お店を調べた事もあって、なんだか旅行に行きたくなってきました。

旅行に行った際は、皆さんに紙袋をお土産として届けますので

楽しみにしていてくださいませ。

ではまた!

 

カテゴリー: 紙袋デザイン紹介 | タグ: , , | マスキュリンな高級感de紙袋 はコメントを受け付けていません。
[ Post by berryBスタッフ ]

モノクロシンプルな紙袋

こんにちは、ベリービーの谷山です。

今回はレディースバッグブランドの紙袋を紹介しようと思います。

SMIR-NASLI1

正方形のフォルムとモノクロカラーでシンプルにまとめられています。

こちらのブランドさんはカジュアルで小ぶりなバッグから

オフィス使いもできるような大きめのバッグまで幅広く販売されています。

 

バラエティ豊かな商品を中に入れる場合、どの商品にも合う紙袋というのは難しいものです。

その点シンプルな配色は中身の色味をいい感じに引き立ててくれるのでおすすめです。

 

SMIR-NASLI3

使用されている紙は厚手でハリがあるためしっかりとした印象を受けます。

今回のロゴは印刷で表現されています。印刷は側面や底面、口の折返し部分など

デザインの自由度の高さが特徴ですが、あえてロゴのみを印刷してミニマルなデザインとなっています。

 

せっかくなので印刷の特徴をもう1つ。「枚数が増えると単価が下がりやすい」という面があります。

大ロットのご注文をお考えのみなさんはぜひご検討ください。

 

SMIR-NASLI4

しっかりした紙質とは対象的に、持ち手は薄めの布のような紐が使われています。

コットン系の素材なので柔らかく、手に馴染みやすいです。

モノトーンは少しクールな印象を与えますが、素材感のある持ち手にすることで雰囲気が少し和らいでます。

 

横幅がありますが、縦留めと呼ばれる留め方ですっきりまとまっています。

一般的な結び目が見える横穴留めの方がお安くはありますが、今回のように幅のある紐の場合、

横穴留めだと穴を通す際に紐にシワが付きやすくなってしまいます。

その点、縦留めにするとシワが予防できるので、リボン系の持ち手などをお考えの場合に

よくお選びいただく仕様の1つです。

 

SMIR-NASLI2

もうひとつの特徴はこの正面にでた紐の部分ですね。

一部分だけ袋を貫通する形で外に出されています。

ネクタイやリボンを連想させる可愛らしいポイントです。

端の処理もアシンメトリーになっているため、よりこだわりを感じます。

 

SMIR-NASLI6のコピー

留めている丸い黒ボタンも、いい味を出しています。

艶のあるタイプなので、紐と質感が違い、埋もれすぎずアクセントになっていますよね。

ロゴのみのシンプルなデザインだからこそ、その他の加工が際立ちます。

 

カラーはシンプルでしたが、持ち手や加工方法などこだわりもしっかり感じる紙袋でした。

シンプルなデザインであっても、どこか目を引くポイントがあればグッと個性的になります。

グラフィック的なデザインが難しい場合は、素材や見せ方でポイントを作ってみてはいかがでしょうか。

では、また!

 

カテゴリー: 紙袋デザイン紹介 | タグ: , , | モノクロシンプルな紙袋 はコメントを受け付けていません。
[ Post by berryBスタッフ ]