新素材!! 黒クラフト紙をご紹介します!!

こんにちは!! ベリービーの加茂です!

ありがたいことにお客様からのお問い合わせを多くいただき、

ブログの更新が少しおざなりになっていますが。

また新スタッフも加えて、ブログや新商品、新素材など皆さんに

お喜びいただける新サービスをと考えております。

 

と、言うことで!  本日は新素材をご紹介します。

その名も「黒クラフト紙」!!

DSC_0362

  クラフト紙と言うと、茶色いクラフト紙を思い浮かべますよね。

DSC_0148

こうゆう感じの。

こちらは「未晒クラフト(みさらしクラフト)」と呼ばれます。

カジュアルなイメージに仕上がるので、アパレル業界で人気です。

紙の茶色は原材料の木材の色が出ているものなので

エコなイメージがするため、少し前のエコブームの際にも大人気でした。

 

DSC_1032

もう一つ「晒クラフト(さらしクラフト)」。

未晒クラフトを脱色して白色にしたものです。

繊維の長いクラフト紙特有の紙の質感があり、ナチュラルなイメージに仕上がります。

表面がホワイトなので、印刷で思いのままにデザイン出来る紙です。

 

上記の2種類のクラフト紙は、コート紙、カード紙と合わせて

紙袋の定番素材です。紙袋をみたら9割以上ががこの4種類のどれかだと思います。

 

本日ご紹介する「黒クラフト紙」はあまり使われることのない素材なので、

「どこにでもある紙袋は嫌だ!!」「デザイン性を重視している!」

という方にはオススメです。

 

特徴は!

DSC_0362

黒い。

そしてクラフト紙の特徴である紙の質感。

印刷や表面加工の必要もないので、リーズナブルに真っ黒な紙袋をご注文いただけます!!

 

この黒色クラフト紙を使用したオススメの仕様はコチラ!!

「黒色クラフト紙 + 箔押し加工」!!

 

gold

まずはコチラ!! 定番中の定番。

ブラックにゴールド箔。 日本人が高級と感じる色の組み合わせの一位だそうです。

 

silver

つづいてブラックにシルバー箔。

最近はあまりゴージャス過ぎないシルバーが人気です。

色のトレンドはどんどん変わっています!!

 

よくある紙袋のラミネート加工を施すと、マットなものでも

表面に少し艶が出てしまいます。

しかし黒色クラフトは全く艶がない表面なので、艶のある箔押しのインパクトが凄い!!

このゴールドとシルバーはどちらも艶消しですが、

艶ありの箔押しならインパクトもグーンと上がります。

 

black

こちら!!

オススメです。 メンズなデザインになるかもしれませんが、

ブラックにブラック箔….

 

渋すぎます… 攻めてます….

箔押しは主張するための加工なのにあえて闇夜のカラス状態…

しかし、マットなブラックのなかで艶のあるブラックの箔押しがキラッ!!

 

無口なのに 一言、言葉を発したら全員の心をぐっと掴んでしまう人。

そう。

高倉健さんのような。

 

間違いなく評判のいい紙袋に仕上がります!!

もう一度! オススメです!!!

 

kataoshi

最後はコチラ!!

もう渋すぎてメロメロです…

 

紙にフィルムなどを貼り付けずに、浮き出しの凹凸だけでロゴを名入れしてします。

「浮き出し型押し」なんて呼ばれますが。

とがった、まさにジャックナイフのようなアパレルブランド、

ヘアサロンにピッタリです!!

事実、黒クラフト紙はデザインにこだわったブランドなんかで人気の素材なのです!!

 

黒色クラフトの使用例はコチラ!!!

DSC_1008 main9

DSC_0470 DSC_1080-200x300

とがりにとがっています。

もちろん明日からでもフルオーダーペーパーバッグでご注文いただけます!!

ゆくゆくはご注文いただきやすいように、商品化をしていこうと思います!!

 

是非、他と差がつく紙袋を黒クラフト紙でご注文ください!!!

 


カテゴリー: デザイン・流行分析, 新作紹介, 流行分析 この投稿のパーマリンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です