紙の素材感をそのまま活かしたブラックな紙袋

こんにちは!

ベリービーの加茂です。

本日ご紹介するのはこの一見メンズライクな紙袋です。

DSC_0470

でも実はレディースブランドのショッパーなのですが、

男性に媚びない、大人な女性のかっこよさを感じられます。

DSC_0473

こちらの紙袋は黒いクラフト紙を使用しています。

意外と見ないこの紙ですが、仕上がりはかなりクールなものになります。

この紙袋は表面にニスをひいているので、艶もあってかなりかっこよくなっています!!

DSC_0471

そして口留めには、茶封筒によくついていたこのクルクル!!(名称は分かりません!)

おじさんの手に握られていると魅力を感じませんが、

こうしてみると素敵に見えるのは何故でしょうか?

DSC_0474

ハンドルは縦留めでグログランテープを仕様しています。

これがサテンリボンだと少し女性っぽいかもしれませんが、

そうしないことで個性的なデザインになっています。

DSC_0475

 紙自体が黒いので、内側を覗いても真っ黒です!!

底にはいっているボール紙は白色なので、こちらはブラックに印刷されています。

DSC_0477

紙の特性がそのまま紙袋に生かされています!!

マットPP 、グロスPPに関わらず、表面にラミネート加工を施しているものは

どうしても少し光を反射してしまいます。

この黒クラフト紙はそのままの表情が活かせるので、

ロゴの箔押しのゴールドだけが光輝いてインパクトが全く違いますね!!


カテゴリー: 流行分析, 紙袋デザイン紹介 この投稿のパーマリンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です