タグ『ピンク系』の一覧

上品なピンクが可愛いアパレルの紙袋

こんにちは、ベリービーのカキミです。

今回は前回と同じブランドの小物向けのラインの紙袋をご紹介します。

紙袋 印刷 オリジナル

女性向けアパレルブランドなのでオールピンクながら落ち着いた印象を与える紙袋となっていますね。

前回に比べると色数やオプション加工などが減りスッキリしたシンプルな構成になっています。

なんですが、、、色味については同じ印象を受けています。

色が同じということではなく独特の色感?というのでしょうか。

普通のピンクではないんですよね。彩度の低い落ち着いた大人の女性をイメージする色味です。

これは前回ご紹介した「ハンドルまわりに気合いが入ったアパレルの紙袋」でも同様で、ネイビー・ピンク・グレーのどの色にも独特の色が存在していました。

どの色も一般的にイメージする色よりも落ち着いて見えるしスモーキーな感じがあります。

霧がかったようなという感じです。

紙袋 印刷 オリジナル

正面から見たかんじですが艶なしのゴールド箔が落ち着いて見えますね。

ハンドル左側に取り付けられたリボンのさりげないアクセントになっています。

リボン・ハンドル・紙袋とすべて同じピンク色で作られていますね。

紙袋 印刷 オリジナル

口折部分には白色でURLが印刷されています。

紙袋 印刷 オリジナル

紙の表面にはファブリックエンボスと呼ばれるエンボス加工が施されています。

布のような風合いが出るためナチュラルな雰囲気に仕上がります。

でも画像だけではいまいち伝わりにくいですね。

やはりエンボス加工は直に見て触らないと分からないところがあるかなと思います。

紙袋 印刷 オリジナル

リボン部分のアップです。

グログランテープを利用したリボンになっています。光沢がなく上品さを感じますね。

ブランド名が等間隔で印字されています。

そして紙袋には、英語でなにやら文章が書かれています。

紙袋 印刷 オリジナル

内面と底面は白色になっています。

紙袋 印刷 オリジナル

紙袋 印刷 オリジナル

この紙袋に使われている紐はアクリルスピンドルなのですが、この紐は変な型がついたら元に戻らないんですよね。

値段も手頃でデザインもベーシックで使いやすいので人気はあるのですが。

どの紐にも言えることですが紐には変な型がつかないよう保管していただければ良いかなと思います。

比較的に型がつきにくいのがパイレンロープとツイストロープだと思っています。

パイレンロープは柔らかくしなやかで丸紐なのでしっかりとした型はあまりつかないように思いますね。

もしついたとしても気になることはすくないかと思います。

ツイストロープは逆で固くて捻ってあるので、そもそも型がつかないようになっています。

多少はつくかもしれませんが他の紐に比べれば気にならないレベルです。

型がつきやすいと思う紐は、アクリルスピンドルとリボン系の2種類(サテンリボン・グログランテープ)です。

リボンの2種類は平らな面が大きいのでどうしても型は付きやすくなります。

あと、一度結んでしまうと完全に型がつくので繰り返し使うときに注意が必要ですね。

みなさんもオリジナル紙袋を作られる際は、デザインはもちろんですが耐久性や保存時に生じる傷や折り目などを考慮して選ばれると良いかもしれませんね。

オリジナル紙袋制作はベリービーまでお待ちしております。

カテゴリー: 紙袋デザイン紹介 | タグ: , , | 上品なピンクが可愛いアパレルの紙袋 はコメントを受け付けていません。
[ Post by berryBスタッフ ]

桃太郎のかわいいお土産袋

はじめまして、ベリービーのカキミです。

今回は、岡山のおみやげをスタッフが買ってきてくれたときの紙袋を紹介します。

DSC_0011 DSC_0010

岡山名物のきびだんご。桃太郎のイラストが大きく描かれた可愛らしい印刷の紙袋です。

フォントは手描きのような抜け感があってイラストとすごく相性がいいですね。

そして、紙袋に使われている紙は「晒クラフト紙」なので和の雰囲気が伝わります。

 

DSC_0013

この紙袋、なんと後ろにも桃太郎が描かれています。

生まれたばかりでしょうか。桃から出てきた桃太郎の表情とちょこんと生えた前髪がなんともいえずシュールですね。

この追い込んでない感じのタッチがただただ可愛いだけで終わらない独特の良さを醸し出してます。

 

DSC_0014 DSC_0017

側面と底にもイラストが描かれていますね。

どんぶらこ〜どんぶらこ〜と桃が流れてくる川を表現しているのでしょう。

しかし、波の勢いが海を表しているようでおもしろいですね。

真ん中には、ピンクで「大入」が大きく印刷されています。

きっと美味しいきびだんごが入っているに違いありませんね。笑

底は、桃の葉っぱですね。

 

これだけカラフルな印刷が全面にされていると色移りが心配になりますよね?

しかし、この紙袋の表面には、「ニス引き加工」というインクの色移りを防ぐ加工がされているので安心です。

ニス引き加工には、印刷の紙袋を丈夫にさせる効果もあります。

きびだんごを思わず買いすぎてしまっても大丈夫そうですね。

 

DSC_0016

ハンドルには紙平紐を使用していますね。2色使いで色合いが可愛いですね。

紙袋の口部分がギザギザです。これは「輪転」と呼ばれるもので、

大量のロール紙から印刷→ハンドルのとりつけを機械で行う製法になります。

輪転は、一枚あたりの単価は安く抑えられますが、通常は一万枚からという大ロットで作ることが条件となっています。

ベリービーではサイズによっては3000枚からでも制作可能ですのでお気軽にお問い合わせください。

全体的に可愛らしい紙袋ですが全ての面にイラストが印刷されていたり、ハンドルが2色だったりとこだわりをとても感じるオリジナル紙袋ですね。

その中で輪転という製法でコストダウンを図りとてもバランスの取れた紙袋となっていますね。

こだわりたいけれどもコストも気になるという方はベリービーまでご相談ください!

輪転等はもちろん様々なご提案をさせていただきます。

カテゴリー: 紙袋デザイン紹介 | タグ: , , , , , , | 桃太郎のかわいいお土産袋 はコメントを受け付けていません。
[ Post by berryBスタッフ ]

薔薇モチーフの可愛らしい紙袋

こんにちは。ベリービーの谷山です。

今回は薔薇モチーフの可愛らしい紙袋を紹介します。

1

こちらはチョコレートを中心とする菓子店の紙袋になります。

柔らかな色選びでこっくりとしたチョコレート独特の風合いがよく表現されていますよね。

ベージュにもピンクにも見える上部の帯が、いい仕事をしています。

3

折返しのように見えますが、実は印刷で影をつけているんです。

機械折りのため、コスト的にも難しかったのかもしれません。

ちなみにベリービーでは印刷での折返しデザイン、印刷ではない実際の折返しどちらも対応しています!

4

こちらが実際の折返しです。ご参考までに!

気になる方、ぜひぜひお問い合わせくださいね。

 

2

ハンドルは同系色の細めの丸紐。手にも馴染みやすいです。

全体的にナチュラルな質感ですが、ロゴや薔薇モチーフ&内側への折込みで、ナチュラルながらも上品さのある紙袋になっているんですね。技ありです。

チョコレートの香りがしてきそうなあまーい紙袋でした。

では、また!

カテゴリー: 紙袋デザイン紹介 | 薔薇モチーフの可愛らしい紙袋 はコメントを受け付けていません。
[ Post by berryBスタッフ ]

紙袋に合う口留めシールを試作!

syopersirl_3

こんにちは ベリービーバッグのヨシウチです。

皆様が紙袋を作られる際、その見本として役立ていたいただくサンプル紙袋。

そのサンプル紙袋をよりショッパーっぽくするために、ちょっとした工夫をしてみました。

syopersirl_6

何が違うか分かりますかー?

実は口留め部分に、シールをつけてみたんです!!

siru1 シール2

いろんな所にシールを貼るのが好きなので、こういう物が出来上がるとワクワクします。

syopersirl_2

こちらのピンクの紙袋 箔やハンドルに合わせてゴールドにしてみました。

syopersirl_1

こちら黒がベースな紙袋 モノクロで艶のあるシールなのでワンポイントとして際立っていますね!

シールをつけることで、よりショッパーっぽさが増しましましたね!増したと思いませんか!?

 

そのショップらしいデザインのシールであることはもちろん大切ですが、

紙袋のデザインとも馴染むシールにすると、より良い仕上がりとなるのではないでしょうか。

こういうところに力を入れていると、お客さんも注目してくれそうですね。

 

今回はショッパーに使えそうなアイデアの紹介でした!

カテゴリー: 新作紹介, デザイン・流行分析 | タグ: , | 紙袋に合う口留めシールを試作! はコメントを受け付けていません。
[ Post by berryBスタッフ ]

ビビッドなカラーの紙袋

こんにちは。ベリービーバッグのウラベです。

今日はビビッドなカラーがまぶしい紙袋をご紹介します。

paul_1

かなり思い切った鮮やかなカラーは、それだけで存在感があります。

ロゴも大きくブラックで箔押しされており、こちらも存在感がありますね。

カラーのインパクトが強いので、シンプルにロゴだけの方がすっきり見えます。

paul_2

ボディに使われている紙は厚めなので触ると固くしっかりとした印象です。

表面はグロスPP加工をされていて強い光沢があります。

光を反射している様子が画像でも確認できるので、わかりやすいのではないでしょうか。

グロスPP加工にすると、ゴージャスな雰囲気に仕上がります。

paul_3 paul_4

さらに、この紙袋は裏表でカラーが違います。

もうひとつの面はこれもまたビビッドなオレンジ!インパクトがあります。

paul_6

内面も外面よりはビビッドさはないものの、明るく鮮やかなグリーンです。

(暗くて分かりづらいかもしれませんが…)

そして、内面にまでグロスPP加工がされています。並々ならぬこだわりを感じますね。

paul_5

ハンドルはオシャレでアパレルでも人気の高いワックスコードです。

ロゴと同じくシンプルなブラックです。

paul_7

特徴的なのは底面で、底を二つに折り込む手法が採用されています。

紙袋の表面に折り線がつかないため、海外のハイブランドのショッパーに多い仕様です。

インパクトの強いビビッドなカラーは大胆な印象ですが、それ以外はシンプルにまとめられていて、

仕様も繊細にこだわった紙袋といえるのではないでしょうか。

 

 

カテゴリー: 流行分析 | タグ: , , | ビビッドなカラーの紙袋 はコメントを受け付けていません。
[ Post by berryBスタッフ ]