タグ『紙バンド』の一覧

クラフト紙の柔らかい質感と金具を生かした紙袋

こんにちは、ベリービーの谷山です!

今回は最近人気のナチュラルなブラウンクラフト紙を使った紙袋のご紹介です。

世の中のエコな流れに従って、紙袋のトレンドも変わりつつありますね。

早速みていきましょう〜

 

ナチュラルなクラフト紙の紙袋

ボディからハンドルまで同じ色の紙材が使われています。

統一感があって洗練された印象になりますね。

ロゴもより映える気がします。

 

強めにかけられたボーダーエンボス

表面にはボーダーエンボスが入っていました。

かなりしっかりプレスされているようで、紙が薄く柔らかくなっています。

ストライプなどの直線的な柄は、ビジネスの場面で好まれやすいですが、

こうしてナチュラルな紙質と組み合わせるとまた雰囲気が変わりますね!

 

ボディと質感を合わせた紙バンド

持ち手に使われている紙バンドという素材もエンボスと同じように、

直線が入っているので、色味だけでなく質感までよくまとまっています。

 

アクセントになる銀色の金具

そして大きな特徴になっているのがこの金具です。

カシメと呼ばれるタイプですね。

全体がナチュラルな色味で統一されているので、

このキラッとした質感がアクセントになって格好良いです。

 

シルク印刷のブランドロゴ

ロゴはマットなブラックで重厚感があります。

締め色としても良い役割です。

 

カシメを使った紙袋

いかがでしたでしょうか?

金具や質感で他と差をつける格好良いクラフト紙袋でした。

この金具、ベリービーでは金銀だけでなく、黒や白もご用意ありますので、

アクセントにぜひご検討くださいね!ではまた〜

カテゴリー: 紙袋デザイン紹介 | タグ: , , , , , , , | クラフト紙の柔らかい質感と金具を生かした紙袋 はコメントを受け付けていません。
[ Post by berryBスタッフ ]

範囲の広い箔押し加工でインパクトのある紙袋

こんにちは!ベリービーの加茂です。

 

本日ご紹介するジュエリーブランドは、

その商品もさることながら、いつも紙袋がびっくりさせられるデザインをしているので、

毎回新しいデザインが登場するのを楽しみしています。

 

今回のデザインは、

レイアウトだけ見ると図形を組み合わせたデザインですが、

「印刷」と「箔押し」という加工が組み合わされ、

見る人をあっと驚かせます。

広範囲の箔押しが目を引く紙袋図形を重ねて配置した紙袋デザイン

なんと言っても、ベタッと鏡面のように塗りつぶされた

ゴールドとシルバーの箔押しが目を引きます。

実はこの加工ってすごく難しいんです。

 

箔押しは「ホットスタンプ」と呼ばれることもあるように、

ハンコを押すようにメタリックのホイルを貼り付ける加工です。

 

ハンコって、お芋とか消しゴムで作ったことがある人は経験があると思いますが、

大きなハンコを作ると綺麗にインクがつかない面とかありますよね。

ぐりぐりと力を入れて押してみたり。

 

箔押しもこれと同じで面積が広いと、全体へ均一に圧をかけるのが難しくなり、

デザインが欠けてしまったりすることがあります。

 

失敗を恐れて、避けてしまいがちなデザインですが、

それをしれっとやってのけてしまうのが、このブランドの一番の凄さです。。

もちろん特殊な機械を使ったり、熟練の職人の手によって可能となるとこもあるので、

こんなデザインをしたい!という人はお気軽にお問い合わせください。

 

AB面で色を変えた紙袋

表面のゴールド×ピンクのデザインから一転、

裏面はシルバー×グレーとなんともモードな雰囲気です。

こちらのブランドの表現するデザインの幅を感じさせるような仕上がりですね。

 

ナチュラルな高級感がある紙バンド口折に箔押しでブランドロゴ

持ち手には紙バンドと呼ばれる素材が使われています。

ナチュラルさを求めると、どうしてもチープ感が出てしまうことが多いのですが、

この持ち手は高級感と、ナチュラルさを兼ね添えた素材です。

 

紙の素材もナチュラルな質感ですが、

全面に配置された塗りつぶしとのギャップが面白いですね!!

 

ややもすると退屈になりがちな、図形で構成されたレイアウトを、

素材や加工の組み合わせで誰もが驚くデザインに作り上げた、

デザインの妙技ともいうべき紙袋でした!

カテゴリー: 紙袋デザイン紹介 | タグ: , , , , , , | 範囲の広い箔押し加工でインパクトのある紙袋 はコメントを受け付けていません。
[ Post by berryBスタッフ ]