タグ『高級感』の一覧

濃厚なベージュと鮮やかなドットの紙袋

こんにちは、ベリービーの谷山です。

今回ご紹介するのはフランスのショコラブランドになります。

JEAN_PAUL_HEVIN_1

まずポイントはボディカラーの濃いベージュですね。

チョコレートのブランドを思い浮かべたとき皆さんは何色が思い浮かびますか?

ブラウンであったり、ゴールドであったり、また赤色もよく使われているような気がします。

ですが今回のような濃いベージュが一番に思い浮かんだ方は少ないのではないでしょうか?

 

王道の色を使うと、中の商品がイメージしやすいメリットがありますが、

パッと見たときに他のブランドとの差別化が難しい面があります。

その点あまり使用されていないカラーや組み合わせを選ぶことで

ブランドとして印象に残りやすくなります。

JEAN_PAUL_HEVIN_2

今回の紙袋は濃いベージュに加えて深みのある鮮やかなブルーが使われています。

この組み合わせはなかなかショコラブランドで見ないですよね。

JEAN_PAUL_HEVIN_5

最近ウェブマガジンでも取り上げさせていただいたのですが、

この側面の大胆な柄はストライプであったり、千鳥格子であったり

ドットに限らず種類豊富に製作されています。

そのすべてを同じカラーで作ることで、遊び心がありながら統一感をもたせた

デザインとなるんですね。

 

デザインについてはウェブマガジンでより詳しく解説していますので、

気になる方はぜひ読んでみてください。

いろいろな紙袋のリニューアルについて その4

 

ハンドルもボディと同じカラーです。

JEAN_PAUL_HEVIN_9

光沢のあるパイレンロープと呼ばれる丸紐ですね。

ボディと色が揃えられているので、正面のデザインを邪魔せず

統一感を損なわないデザインです。

 

色数を絞り、かつ他と被らないカラー選択をすることで

洗練されたブランドイメージを作る紙袋でしたね。

 

通常は紐の色は限られて色から選ぶことになりますが、

ベリービーでは紐をオリジナルの色に染める「別染め」も可能です!

ボディカラーに合わせた色に紐を染めることで、今回の紙袋のように統一感のある

デザインにすることができます。

ぜひご相談くださいね。ではまた!

 

カテゴリー: 紙袋デザイン紹介 | タグ: , , , | 濃厚なベージュと鮮やかなドットの紙袋 はコメントを受け付けていません。
[ Post by berryBスタッフ ]

光沢感で魅せるモード系紙袋

こんにちは、ベリービー谷山です。

今回の紙袋は表面加工で艶感がプラスされた紙袋になります。

PARIS_GLAMOUR_1

どうでしょうか。

表面がつやつやしているのが写真でもお分かりいただけるかと思います。

グロスPPというツヤ感のある薄いフィルムを貼ることでこのようにキラキラした仕上がりになるんですね。

 

同じようなフィルムでもマットPPですと、逆に艶を抑えた質感になります。

マットPPに比べると、やはりわかりやすくゴージャスな雰囲気が感じられます。

 

PARIS_GLAMOUR_2

ロゴはほぼ中心に、少し大きめに配置されています。

カラーリングもハイブランドの紙袋を彷彿とさせるので、より高級さが感じられますね。

下部に配置された英字でバランスををうまくとっています。

 

PARIS_GLAMOUR_7

袋自体の大きさはアパレルで使うだけあり大きめのサイズ感ですが、

ハンドルはサイズのわりには短めに設定されているようです。

弊社でも取り扱いのあるアクリルスピンドルの少し厚めのものを使用しています。

 

リボン系の持ち手も人気はありますが、今回のような丸紐ももやはり継続的な人気がありますね。

ロゴであったり正面のデザインを邪魔しないスッキリとした印象が◎です。

 

PARIS_GLAMOUR_3

この紙袋ではされていませんが、

今回のようなシンプルなデザインの場合、内面カラーをつけるのもおすすめです。

 

その場合もちろんブラック1色で統一するのもいいですが、

鮮やかなオレンジであったり、深いレッドが入るとまた一味違った高級感になります。

正面はシンプルに見せておいて、商品を入れるときに色の印象が強く残るので

インパクトも抜群です。

 

弊社では既製色であれば、比較的お安く全面カラーで製作していただけます。

ぜひご検討くださいね。ではまた!

 

カテゴリー: 紙袋デザイン紹介 | タグ: , , , | 光沢感で魅せるモード系紙袋 はコメントを受け付けていません。
[ Post by berryBスタッフ ]

鮮やかなオレンジとブルーが目を引く紙袋

こんにちは、ベリービーのカキミです。

今回はビビットなオレンジが目を引く紙袋をご紹介します。

紙袋, オレンジ,

この紙袋は中国の会社かブランドの紙袋だと思いますが

このカラーリングはみなさんお目にしたことがあるのではないでしょうか?

フランスの世界的なラグジュアリーブランドの紙袋と

近いカラーリングで作られた紙袋になっています。

紙袋, オレンジ

今回この紙袋を見て思ったのはブランドの影響力が高いと

紙袋のカラーリングだけでもどこの紙袋か一目で想像できてしまったことです。

この色の組み合わせに特許が取られているかは分かりませんが、特許にも近い効果を感じます。

 

ちなみに日本では、2017年に大手コンビニチェーンや文具メーカーのロゴなどに用いられる

色の組み合わせが初めて「色の標章登録」として認められたようです。

紙袋, オレンジ, 俯瞰 紙袋, 内面, クラフト

内面・底面はクラフト系の紙が使われています。

紙袋, ハンドル, ブルー 紙袋, 口留め, リボン, ブルー

ハンドルは縦留めのコットンリボンが付けられていて

口留めリボンはグログランテープになっています。

この口留めリボンは某ブランドの紙袋との違いの1つとなっています。

紙袋, エンボス, オレンジ

紙袋の表面には、布のような風合いの出るキルティングエンボスと

呼ばれる加工が施されています。

紙袋, ロゴ, 箔押し

ロゴはぷっくりと膨らんだ浮き出し箔で印象的に見えますね。

写真ではブルーに見えますが、実際には深いネイビーで印刷されています。

紙袋, 底面, リサイクルマーク

底面には製造国とリサイクルマークの印刷がされています。

 

今回の紙袋はオレンジとブルーでシンプルながらも存在感のある紙袋でした。

某ブランドの紙袋に似ているとは言えど、丈夫な紙にエンボス加工が施され

綺麗に浮き出した箔押しはこだわりを感じる仕様となっていますね。

 

この紙袋を見て感じたことは色の組み合わせで訴求力のある

紙袋を作ることができるということです。

ブランドカラーに沿った色が印象の強いカラーリングだと

色の組み合わせだけでも十分に魅力的な紙袋になるので

皆さんもオリジナル紙袋を作られる際に意識してみてください。

 

 

カテゴリー: 紙袋デザイン紹介 | タグ: , , | 鮮やかなオレンジとブルーが目を引く紙袋 はコメントを受け付けていません。
[ Post by berryBスタッフ ]

黒を基調とした高級感ある紙袋

こんにちは ベリービーバッグのヨシウチです。

今回は黒を基調とした高級感のある紙袋をご紹介。

GRAMERCY1 GRAMERCY2

有名な洋菓子店の紙袋です。黒くてスタイリッシュな紙袋はあまり洋菓子っぽさがありませんが、

洗練されたグラマシー地区をコンセプトにしている、このお店らしい紙袋です。

黒一色にシルバーの箔押しは高級感がありますね。

箔押しは紙袋の中央か、紙袋の少し下のあたりに配置することが多いのですが、この紙袋は珍しく紙袋の上に配置されています。

他の紙袋とはひと味違うオシャレ感を感じます。

GRAMERCY4

紙の表面の黒は印刷によるものでした。ラミネート加工は施されておらず、少しザラっとしています。

炭の色に似たような表面になっていて、他にはない高級感が演出されています。

GRAMERCY6 GRAMERCY3

ハンドルは黒のパイレンロープ。

ボディとハンドルカラーを統一することで一体感ができます。雰囲気作りにとても大切ですね。

GRAMERCY5

口折部分をみてみるとHPのURLがプリントされています。

近頃ブログで紹介している紙袋はこのように口折部分になにか印刷されていることが多いなぁと感じます。

宣伝効果が見込めるそうなので皆さんも是非お試しあれ。

 

黒を使った高級感のある紙袋のご紹介でした。

この記事でご紹介した紙袋もベリービーでは制作のお手伝いをさせて頂きます。是非お問い合わせください。

 

カテゴリー: 紙袋デザイン紹介 | タグ: , | 黒を基調とした高級感ある紙袋 はコメントを受け付けていません。
[ Post by berryBスタッフ ]

落ち着いた雰囲気のブランド紙袋

こんにちは、ベリービーバッグのヨシウチです。

今回は高級アパレルブランドの紙袋をご紹介。

FALCONERI1 FALCONERI2

イタリアのファッションブランドの紙袋。 ニットが一押しの商品です。

ボディカラーはグレージュで大人っぽい上品な印象、紙にはザラッとした質感があります。

FALCONERI7

背面はブランドの頭文字であるFが大きく箔押しされています。インパクトがありますね。

表裏の箔は同じものを押してあることがよくありますが、表と裏でデザインが違うだけでも「デザインされている感」が高まります。

FALCONERI5

ブランドロゴはゴールドの箔押しで施されています。

ゴールド箔は高級感と華やかさがあるので、とても人気の加工です。

FALCONERI4

ハンドルはアクリル平紐ですが、厚みがあり幅は細め。繊細さと上質さを感じるハンドルです。紙袋と同じグレージュカラーがマッチしていますね。

ハンドルは縦留め、また中の商品を保護するためか口留めの紐もつけられています。

FALCONERI3

口部分の内側をみてみると控えめなSNSの広告が。

近年の紙袋は側面や口折部分にこういったSNSアイコンなどで自社ページを宣伝しているケースがよくありますね。

他にはQRコードやHPのURLが印字されていたりします。

お客様に持って帰ってもらうものなので広告効果が見込めるのかもしれませんね。

 

今回はハイブランドの紙袋のご紹介でした。

 

カテゴリー: 紙袋デザイン紹介 | タグ: , , | 落ち着いた雰囲気のブランド紙袋 はコメントを受け付けていません。
[ Post by berryBスタッフ ]