タグ『黒』の一覧

上品なラメが高級感を醸し出す紙袋

こんにちは、ベリービーのカキミです。

今回は上品なラメが高級感を醸し出すアパレルブランドの紙袋をご紹介します。

紙袋 印刷 オリジナル

この写真ではわかりにくいかもしれませんがこの紙袋にはラメ加工がされています。

後ほどラメ部分をアップにしてご説明いたします。

まずは遠目のアングルから紙袋全体の雰囲気をお楽しみください。

サイズはA4サイズくらいです。紙の厚さは200gもしくはそれ以上?の分厚い紙を仕様しております。

紙の厚さもさることながら紙の硬さが際立つこの紙袋。

ベリービーではジャガードエンボスと呼ばれるエンボス加工が施された紙になっています。

厚さのある紙にエンボス加工を施すと、エンボス加工のされていない同程度の厚さの紙と比べるとしっかりとした印象を受けます。

触り心地にも硬いと感じる違いです。実際に測ってみれば同じ硬さなのかもしれませんが感覚的には違いを感じますので丈夫・上品・高級感など、しっかりとした印象を持たせたい場合は厚みのある紙(ベリービーではカード紙200gなど)にエンボス加工を施すとより印象を高めることができるかと思います。

紙袋 印刷 オリジナル

デザイン的にはロゴのみのシンプルな構成になっています。紐は縦留め紐ですっきりと見せています。

ロゴの位置は中心に配置されています。

紙袋 印刷 オリジナル

ロゴ部分のアップになります。

ものすごくゴージャスです。ゴージャスという言葉はなかなか使いどころが難しいのですが、これは誰がなんといってもゴージャスという表現で良いのではないでしょうか。多分。

ロゴの形と相まって、ハイライトの部分と影になっている部分のバランスがなんとも言えない良さがあります。

個人的には、”S”の上と下の所のコントラストがすごくいい感じです。

もちろん、光の当て方は何度も試していい感じの所探ってます。

紙袋 印刷 オリジナル

なぜこんなにもハイライトとシャドウのコントラストが効くかというとこのえげつない浮き出し箔の成せる技でございます。

かなりボコッとしています。ちゃんと浮き出してますね〜。

しかもエッジがシャープに出ていてすごくかっこいい感じに仕上がっています。

ラメもしっかりと見えますでしょうか。

ジャガードエンボスによって紙質に表情が出ていてラメがスッと馴染む様子が伺えます。

通常のコート紙などにラメ加工を施すと変に安っぽく見えてしまうと思いますが、エンボス加工を施すことで奥行きが生まれるのでラメを塗布した際にも前後の奥行きができ高級感を演出できます。

このあたりの紙質や加工による魅せ方がすごく上手ですね。

こういった部分は、少しの違いで印象が大きく変わることもあるのでぜひとも慎重に決めたい所です。

紙袋 印刷 オリジナル

ハンドルはグログランテープの黒色ですね。

この紐は程よい光沢感で落ち着いた上品さを出せるのがポイントです。

この紙袋はロゴのみ構成でシンプルな構成なもののロゴ自体に強さがあるためこういった部分で引き算をすることでまとまって見えます。

ラメの部分だけを凝視してると宇宙空間に星が点々としているように見えます。←こういうのを真面目に言うと恥ずかしいのでさらっと流していただければと思います。

紙袋 印刷 オリジナル

真ん中のぼやっとしてる部分、本当はブランド名が入ってるんですけど全くピントが合わず(泣)。

説明力が皆無の説明画像でほんとに申し訳ないです。

これはちなみにハンドルの内側のところです。写真は全くだめですがその部分にロゴが入ってるんだなあと思ってもらえると助かります。

紙袋 印刷 オリジナル

紙袋 印刷 オリジナル

ラメは表面、裏面、底面、口折り部分(ハンドルの内側)に入っています。ほぼほぼ全部です。

この紙袋の内面なのですが、クラフト系の紙質でした。硬めの感触です。黒色でシックになっています。

口折り部分なんですが、通常は折り返すだけで厚さは折り返すだけなので倍になるんですけど、まあそれで本来は丈夫さを保てます。

しかし、今回は口折りの中にボード紙をいれてさらに硬く分厚いものになっています。恐るべき耐久度です。

質実剛健と呼ぶにふさわしい紙袋となっております。以上です。

シックで上品で丈夫なオリジナル紙袋を作られたい方は、ベリービーまでご相談ください。

 

 

 

カテゴリー: 紙袋デザイン紹介 | タグ: , , , | 上品なラメが高級感を醸し出す紙袋 はコメントを受け付けていません。
[ Post by berryBスタッフ ]

ロゴのみのシンプルな紙袋

こんにちは、ベリービーのカキミです。

今回はロゴのみとシンプルな紙袋をご紹介いたします。

紙袋 印刷 オリジナル

ロゴのみとシンプルな構成となっている紙袋です。

とは言っても某有名アパレルブランドなのでロゴだけでも成り立つような強さがありますね。

ブランド力の成せる技というものでしょうか。

紙袋だけの要素を見れば本当にシンプルでいてスタンダードな作りになっています。

紙袋 印刷 オリジナル

ベリービーでいうとサイズはM縦サイズくらいでしょうか。

紙はカード紙200gと呼ばれる厚みのある紙でアパレルブランドなどでよく使用されます。

表面にはマットPP加工が施されていてすべすべな手触りです。

紙袋 印刷 オリジナル

紐はアクリルスピンドルで紐の付け方はもっとも一般的なかたちです。

今回の紙袋は、ハイブランドには珍しく何も追加で説明することがないほどにスタンダードな紙袋です。

このような仕様の紙袋のことを「THE PAPER BAG」と呼ぶことにしておきましょう。

それくらい王道な紙袋となっています。

紙袋の色が今回は黒ですが、白とかでもいけますしその他のカラーでもなんなく決まる。

さらには、ロゴのイメージ次第で高級感でもナチュラルでもカジュアルでもどんなイメージの紙袋でも対応可能な仕様となっています。

現在ベリービーでこの仕様の紙袋を作られるとしたら”ベーシックカラーバック”で同じ仕様の紙袋となります。

紙袋 印刷 オリジナル

なんかいつもより綺麗に見えますね。

M縦サイズだからですかね。上から見たときにシュッとして見えます。

紙質がしっかりした厚みというのも関係しているかもしれません。

紙袋 印刷 オリジナル

紙袋 印刷 オリジナル

仕様について話すことはほとんどありませんので、先程こういった仕様の紙袋を「THE PAPER BAG」と呼ぶことにしました。

なので王道を一つテーマにして進んでいきたいと思います。

と、ここで「THE PAPER BAG」の仕様をまとめてみましょう。

  1. ベリービーで真ん中のサイズ感にあたるM縦サイズやM横サイズなどなど
  2. カード紙200g、マットPPラミネート加工(色はご自由に)
  3. アクリルスピンドルで横穴留め
  4. 箔押し(シルバー・ゴールド・白・黒などベーシックなもの)

挙げるとするなら以上の4つでしょうか。

オリジナル紙袋を作る際に上記の4項目を抑えていただければ「THE PAPER BAG」と呼べる紙袋の完成です。

ただ、一つ注意点があります。

※ベリービーバッグで公式に「THE PAPER BAG」と呼ばれる商品は存在しませんのでご注意ください。

あくまでブログ上での定義となっております。ご注文の際に「THE PAPER BAG」を作りたいと言われてもスタッフが困惑すること間違いなしです。

シンプルに仕様として4項目を伝えていただくとスムーズに進むかと思います。

 

この辺でテーマ”王道”で進んで行きたいと思います。

どの世界にも王道と呼ばれるものが存在しますよね。

最も普遍的でベーシック、そして多くの方に支持されるもの。

そういった物や事が王道だとは思うのですが、紙袋ではまさしくこのような仕様の紙袋が王道といえるものではないかと思います。

最も普遍的でベーシック、そして多くの方に支持されるもの。これは紙袋にとって大きなストロングポイントです。

紙袋は店舗などで商品を購入した際に商品を入れる袋の役割を持ちます。

その後、家路につくまでの間は人の目に触れるものになります。

ストレートに家に帰らないこともあるでしょう。どこかに寄ったりすることも多いにあると思います。

紙袋にも”TPO”はあると思うのです。もし帰りに立ち寄ったお店が高級感や落ち着きのある雰囲気だったら奇抜でこどもっぽい紙袋を持って入るのは少し恥ずかしくなるかもしれません。

こういったときに王道と呼ばれるものは力を発揮します。

いつ・どこであっても違和感なく馴染む紙袋、TPOなどはそこまで気にする必要はないかもしれません。

一般的にベーシックであればあるほどNGを出す消費者の割合いは低くなると思っています。ようは多くの方に受け入れられるということです。

なので紙袋のデザインや見た目というのは意外と重要なのかなと思います。

が、しかし、いいところばかりではありません。何事にも長所があれば短所もあります。

「THE PAPER BAG」の短所はベーシックなものなので差別化が難しいということです。

多くの商材・シーン・イメージに対応できる半面、突き抜けることは難しく

個性あるブランドの場合は魅力を最大限伝えることはできなくなります。

といってもこれはブランド目線の考え方で、いざユーザー目線となればベーシックなものの方が良いのかなと思います。

紙袋は大きく分けると広告ではなくパッケージに近いですし、プロダクト的な側面もあるのでベーシックさは保ちつつブランドの訴求をどれくらいのバランスでするのかということが大事になると思います。

少し長くなりましたのでこの辺で終了したいとおもいます。

皆さん、オリジナル紙袋を検討する際はベーシックなものも良いかもしれませんね。

 

カテゴリー: 紙袋デザイン紹介, デザイン・流行分析 | タグ: , , | ロゴのみのシンプルな紙袋 はコメントを受け付けていません。
[ Post by berryBスタッフ ]

高級感のある洋菓子屋の紙袋

こんにちは、ベリービーバッグのヨシウチです。

2月になりましたね!中旬には洋菓子屋さんが力を入れるバレンタインデーがあります。

今回はバレンタインにみかけるであろう有名な洋菓子屋さんの紙袋をご紹介します。

morozoff1 morozoff2

神戸に本社がある洋菓子屋さんの紙袋です。

今の時期のオンラインショップはバレンタイン一色になっていますね!

ブラックとゴールドの配色が美しいこの紙袋に盛り込まれた沢山の仕様をご紹介。

morozoff4

まずはこの表面。ブラックの印刷の上にニス引き加工が施されています。

そこだけならよく見る紙薄めの紙袋なのですが、ニス引き加工の上にさらにUVのようなニス引きがされています。

これにより更にツヤ感がアップしています。最近人気の仕様です。

画像でロゴ以外の文字がうっすら文字が見えているのはツヤ感が違うためです。

morozoff3

口部分がギザギザなのは輪転と呼ばれる自動で紙袋を製造する機械で製造しているためです。

単価を安く抑えられますが、最小ロットがかなりの枚数になります。

そのため量販店やお土産などでよく使われていますね。

morozoff5

ハンドル部分は丸紐、ツヤがあり紙袋の表面と絶妙にマッチしています。

 

次にこの紙袋に入っていた洋菓子の箱をご紹介。

morozoff6 morozoff7

紙袋と同じように印刷+ニスといった加工になっています。

ブラウンの下地に部分的な2重のニス加工を施しています。

抽象的な文字列はツヤがあり、大きい文字は色が濃いめだったり、小さな文字は薄めの色であったりと様々な工夫が見られます。

morozoff8

左上のロゴはゴールドの箔押しです。紙袋には無かったものですね。

記事上部でご紹介した紙袋の特色印刷ゴールドは少し緑がかっていて、マットな感じに仕上がります。

それに対してこちらの箔押しゴールドはツヤ感が抜群ですので、演出したいイメージに合わせて選択頂ければと思います。

 

ベリービーでも、今回ご紹介した仕様や、箱の製造も承っておりますのでお気軽にご相談下さい。

 

カテゴリー: 紙袋デザイン紹介 | タグ: , | 高級感のある洋菓子屋の紙袋 はコメントを受け付けていません。
[ Post by berryBスタッフ ]

華やかな光沢で魅せるコスメブランドの紙袋

こんにちは、ベリービーのカキミです。

今回は、光沢感の強いモードな雰囲気の紙袋をご紹介します。

紙袋 印刷 オリジナル

モードな雰囲気を感じるコスメブランドの紙袋で、ブランドイメージにぴったりの紙袋ですね。

ファッションショーや撮影現場などの華やかな場で活躍するメイクアップアーティストが使用するアイテムをモチーフに展開しているコスメラインの紙袋のようです。

というコンセプトからでしょうか?これでもか!というくらいに光沢で押しています。

紙袋の表面はツヤツヤで、ロゴ部分はシルバーのツヤがある浮き出し箔です。

ここまでコテコテなのはどうなの?という気もしますが、さすがハイブランドです。

このブランドがすることでなんら変には見えずむしろ納得の見栄えです。

日頃のイメージ戦略と歴史があってのものですね。

といってもデザイン自体はシンプルにまとめられているので落ち着いて見えるのだとは思います。

紙袋 印刷 オリジナル

光沢のある紙に浮き出し箔で印刷することで実際の浮き出しよりも深くプレスされているように見えます。

ラミネート加工で光沢を出しているので、文字の周りがぷくっと膨らみその部分が影になりフラットな部分には光があたり明暗差がはっきりとでるのでより立体感を感じる仕上がりとなっています。

紙袋 印刷 オリジナル

この写真は全然浮き出してる感じが見えませんが。笑

ロゴのアップだと思って見てください。

紙袋 印刷 オリジナル

この紙袋にはリボンがついているのですが、これは元々あるものなんですかね。

紙袋 印刷 オリジナル

紐の所にかけてみました。

マフラーみたいに見える気がします。僕だけかもしれませんが。

あ、ちなみに紐ですが今回も縦留めです。本当に縦留めの紙袋が多いですね。

最近ベリービーでご紹介する紙袋はハイブランドものが多いですが、そのほとんどが縦留め紐で作られた紙袋になっているので”縦留め紐=おしゃれな紙袋”みたいな錯覚が起きてきそうです。笑

実際そうなのかも知れませんが。

デザインを綺麗に見せるために使用するケースが多いので、自然と縦留め紐を使用した紙袋のデザインの質が上がるという状況です。

素晴らしい相互関係ですよね。羨ましい。まさしく切磋琢磨というやつです。

皆さんもベリービーで紙袋のデザインをご相談いただく際に、縦留め紐を使いたいと言っていただくと縦留め紐に見合ったデザインのオリジナル紙袋が出来上がるかもしれませんね。

本来の順番は、デザインやコンセプトなどからどのような紙袋にしたいかが先にあってそれに合わせた仕様などを決めていくといったものですね。

社会的にもそうですが、元々は全体(メイン)の中の一つ(サブ)といったものが圧倒的な人気や需要を得ることによって全体を飲み込んでしまうといった状況があると思います。

メイン→サブといった流れがあるとしたらその流れが逆転しサブがあってのメインといった状況に変わっていくということですね。

紙袋でいえばサブ=オプション等になりますが、このオプションを使った紙袋を作りたいというご希望があれば、そこから全体の仕様やデザインなどを決めていってもいいんじゃないかなと思います。

なのでブログを見てくださっている方の中に「まだほとんど何も決まってないけどこれだけは決まってるんだけどなー。」という方がいらっしゃれば、そこから全体に広がっていき最終的なイメージが出来上がっていくかもしれませんのでお気軽にご相談いただければと思います。

 

カテゴリー: 紙袋デザイン紹介 | タグ: , , , | 華やかな光沢で魅せるコスメブランドの紙袋 はコメントを受け付けていません。
[ Post by berryBスタッフ ]

デザイン革新を常に続けてきたキッチンメーカーの紙袋

こんにちは、ベリービーのカキミです。

今回は、キッチン専門メーカーの紙袋をご紹介します。

紙袋 印刷 オリジナル

この紙袋はキッチンメーカーとは思えないようなスタイリッシュなデザインですね。

従来の日本のメーカーといえばデザインなどは二の次で機能性や技術押しというイメージがありました。

といっても最近は、メーカーなどでもブランディングなどを行いデザインなどのイメージ向上を図っている所も増えている印象はあります。

しかし、今回ご紹介するメーカーさんは90年代頃の比較的早い時期からデザインイノベーションを図ってきた数少ないメーカーのようですね。

イタリアのミラノにデザインセンターがあるようで日本のメーカーでは珍しいのかなと思います。

ホームページを拝見しましたがデザインがとても綺麗で読みやすくおしゃれな印象も受けました。

年代別のキッチンコレクションを見ましたが90年代や00年代から今の時代にも受けそうな先進的なキッチン空間を提案してきたことが分かりました。

紙袋 印刷 オリジナル

黒色のマットな質感の紙袋にホワイト箔でロゴが印刷されています。

小さく配置されながらもロゴの存在感が際立ったデザインになっていますね。

ここまでシンプルな紙袋は、潔さがあり気持ちいいです。ロゴもスッと入ってくるのでいいのではないでしょうか。

表現の仕方も単にシンプルというよりはミニマルといった方がしっくりとくる感じです。

紙袋 印刷 オリジナル

紐は黒色のグログランテープを使用されています。

サテンリボンより女性らしさが無くなり、スピンドル系の紐に比べてシャープで平紐に比べると、しっかりとした高級感があります。

紙袋がシンプルなデザインながらも高級感を感じるのはグログランテープを採用されているのが大きいかなと思います。

なので、今回の紙袋のミソは紐なのかなと個人的には思っています。

実際にベリービーで今回の紙袋を制作するとしたら紐をアクリル平紐にすれば、イージーペーパーバックのタイプで制作することが可能です。(厳密にはこの紙袋はマチが薄いので違いますが)マチが既成サイズでしたら紙の素材、厚み、ロゴの箔押しはイージーペーパーバックで表現することができます。

しかし、この紙袋では紐をグログランテープにしているのでベーシックカラーバックのタイプでの制作になりますね。

紐だけの違いで、ぱっと見た感じはあまり変わりが無いように思えるかもしれませんがそこには確かな違いが生まれていると思います。

もちろんロゴの配置やサイズが良いのは言うまでも無いですが紐にもこの紙袋が上質に見えることに一役買っているはずでしょう。

皆さんもサイズやデザインが決まったあとに何か違いを生み出してみたいという場合は紐に注目してみてください。

今まで悩んでいた壁を一つ越えられるかもしれません。

紙袋 印刷 オリジナル

あとは、この奥行きですよね。

非常に薄いです。サイズ感はベリービーでいうLサイズくらいはあるので大きめの部類に入りますが、このマチの薄さは珍しいです。

マチの長さは現実的な部分で入れるものによって決まってくるので、デザイン的に決めることは難しいとは思います。

しかし、このマチの薄さがこの紙袋をシャープな印象に格上げしているのは間違いないですね!

紙袋 印刷 オリジナル

中面はご覧の通り真っ黒に印刷されています。

ロゴ以外、黒いとこしかないですね。中まで黒くされるあたりにこだわりを感じます。

 

大阪の本町にこのメーカーのビル(本社は名古屋)があり、おそらくショールーム兼支社になっているのかなと思うのですが、ビルの外観がめちゃくちゃかっこいいんです。

すごく高そうなキッチンなんだろうなとずっと思っていました。実際のお値段も高いと思われますw

ビルはおしゃれというよりかは、重厚感が半端ないという感じです。

重厚感のあるビルに入ったショールームでスタイリッシュなキッチンを見て、パンフレットを入れてもらう紙袋がなんでもないような紙袋だとちょっとがっかりしますよね。

でも、今回ご紹介したような紙袋にいれてもらうと気分が上がるのではないでしょうか。

販売系の事業では必要不可欠な紙袋です。だからこそこだわったオリジナル紙袋を作ることで商品・ショップ・会社のイメージをグッと底上げすることができると思います。

皆さんもベリービーで素敵なオリジナル紙袋を作ってくださいね。

カテゴリー: 紙袋デザイン紹介 | タグ: , , , | デザイン革新を常に続けてきたキッチンメーカーの紙袋 はコメントを受け付けていません。
[ Post by berryBスタッフ ]