タグ『オレンジ系』の一覧

ブラウンとオレンジの色使いがとても“おしゃれ”な紙袋

こんにちはベリービーのアシタニです。

 

今日は「ブラウン」と「オレンジの」コントラストがとてもオシャレな紙袋をご紹介します。

 

紙袋 印刷

オリジナル紙袋

少し広めのオレンジの“グログランテープ”が

縦留めで取り付けられています。

少し蛍光がかったヴィヴィットなオレンジが美しいですね。

 

紙袋 紐

紙袋 グルグランテープ

紙袋 オリジナル

紙袋 縦留め

 

それから、やはり、近頃の紙袋は圧倒的に「縦留め」が多くなってきています。

この縦留めは機械で作ることが出来ないので手作業となります。

そうなると、人件費の問題から海外生産がマストとなりますね。

 

紙袋 印刷

紙袋 印刷

 

最後に紙袋の印刷ですが

この紙袋の特徴である上品な“コントラスト”を強調するように

ロゴマークなどの上からUV印刷がなされています。

ちょっとこの画像では分かりにくいですが

ロゴマークなどにUV印刷をすることで文字に光沢感が出て

印刷の存在感が際立ちます。

 

高級感を演出できるテクニックですね。

 

本日は「色使い」を極めたおしゃれな紙袋のご紹介でした。

 

 

カテゴリー: 紙袋デザイン紹介 | タグ: , , | ブラウンとオレンジの色使いがとても“おしゃれ”な紙袋 はコメントを受け付けていません。
[ Post by berryBスタッフ ]

クラフト紙に印刷を施したオレンジ色の紙袋

こんにちは ベリービーのヨシウチです。

クラフト紙の風合いっていいですよね!と推したいこの頃。

この間クラフト紙にペンで絵を描きたくなったので100円で売ってる紙のセットを買いました。(未開封のままですが。)

という話はさておき、今回はナチュラルなオレンジ色の紙袋を紹介します。

comment1 comment2

クラフト紙にベタで印刷を施した紙袋。

印刷した赤みが、ザラッとした表面に馴染んでナチュラルな風合いになっていますね。

以前にはクラフト紙に緑色の印刷の紙袋をご紹介したこともありました。→コチラ

 

このような紙袋は、クラフト紙自体に既に色味があるため狙った色を出すのが難しいです。

通常は白色の紙に印刷するので、上に乗る色がそのまま出てくれるのですが、

クラフト特有の茶の上に、どれくらいの濃さの色を乗せるか といった調整が必要になってきます。

是非作ってみたい!という方は「本誌色校正」をして頂くと実物を事前に確認できるのでご利用下さい。

comment6

ゴールドの箔でロゴが押してあります。

緻密なデザインですが、しっかり箔押しが実現出来ています。キラキラしていてとても綺麗です。

ちなみに”comment allez-vous”はフランス語で”お元気ですか?”のような意味だそう。

comment5

口折付近に留め具がついています。

裏面についている紐を表に持ってきて巻くことで、紙袋の中身を保護できます。

comment4

ハンドルが出ている部分にはハトメといわれる金具がついています。

何もつけない場合よりも高級感を演出することが出来ますね。

comment3

ハンドルにはパイレンロープを使用。

ハトメや箔の色とマッチしています。

パイレンロープにはツヤがあり、私的にはサテンリボンと並んで高級感のあるハンドルだなと思っています。

今回はナチュラルな風合いの紙袋のご紹介でした。

 

カテゴリー: 紙袋デザイン紹介 | クラフト紙に印刷を施したオレンジ色の紙袋 はコメントを受け付けていません。
[ Post by berryBスタッフ ]

ビビッドなカラーの紙袋

こんにちは。ベリービーバッグのウラベです。

今日はビビッドなカラーがまぶしい紙袋をご紹介します。

paul_1

かなり思い切った鮮やかなカラーは、それだけで存在感があります。

ロゴも大きくブラックで箔押しされており、こちらも存在感がありますね。

カラーのインパクトが強いので、シンプルにロゴだけの方がすっきり見えます。

paul_2

ボディに使われている紙は厚めなので触ると固くしっかりとした印象です。

表面はグロスPP加工をされていて強い光沢があります。

光を反射している様子が画像でも確認できるので、わかりやすいのではないでしょうか。

グロスPP加工にすると、ゴージャスな雰囲気に仕上がります。

paul_3 paul_4

さらに、この紙袋は裏表でカラーが違います。

もうひとつの面はこれもまたビビッドなオレンジ!インパクトがあります。

paul_6

内面も外面よりはビビッドさはないものの、明るく鮮やかなグリーンです。

(暗くて分かりづらいかもしれませんが…)

そして、内面にまでグロスPP加工がされています。並々ならぬこだわりを感じますね。

paul_5

ハンドルはオシャレでアパレルでも人気の高いワックスコードです。

ロゴと同じくシンプルなブラックです。

paul_7

特徴的なのは底面で、底を二つに折り込む手法が採用されています。

紙袋の表面に折り線がつかないため、海外のハイブランドのショッパーに多い仕様です。

インパクトの強いビビッドなカラーは大胆な印象ですが、それ以外はシンプルにまとめられていて、

仕様も繊細にこだわった紙袋といえるのではないでしょうか。

 

 

カテゴリー: 流行分析 | タグ: , , | ビビッドなカラーの紙袋 はコメントを受け付けていません。
[ Post by berryBスタッフ ]

オレンジのブランドカラーがまぶしい紙袋

こんにちは。ベリービーのウラベです。

今日は鮮やかなオレンジがまぶしい紙袋をご紹介します。

Beams紙_01 Beams紙_02

使っている色はブランドカラーのオレンジと、ロゴ・ハンドルの生成り色とシンプルな色構成の紙袋です。

ロゴやマチに入っているマークは印刷にも見えますが、箔押しされています。

Beams紙_03

一見シンプルな普通の紙袋に見えますが、よくよく見るとこだわりのポイントがつまっています。

Beams紙袋_05

内側を見ると、白い紙ではなくちょっと変わった紙を使っていることが分かります。

クラフト紙のような色合いですが、厚めの特殊紙が使われています。

その紙にオレンジが印刷されているので、白い紙に印刷するよりも少し風合いのある

色に仕上がっています。

Beams紙_04

そしてハンドルはアクリル平紐を縦留めでとめています。

最近この縦留めが増えてきましたね。

横留めよりもスタイリッシュに見えるので、アパレルなどでは特に

採用されやすいのかもしれません。

Beams紙袋_06

底面には注意書きが。印刷かと思いきや、なんとここも箔押しです。

これはかなり珍しいですね。

印刷でプリントした方がコスト的にもお安くなるところを、

ロゴと同じ色に合わせるために見えないところまで贅沢に箔押しとは。

並々ならぬこだわりを感じます。

 

一見普通に見える紙袋でも、こうした思わぬ変わったポイントがあるものも結構多いです。

何故こんなこだわりが?と想像してみると、また違った視点で紙袋を見れそうですね。

 

カテゴリー: 流行分析 | タグ: , | オレンジのブランドカラーがまぶしい紙袋 はコメントを受け付けていません。
[ Post by berryBスタッフ ]

独特な形の不織布バッグ

こんにちは!

ベリービーのウラベです。

今日は形が特徴的な不織布バッグをご紹介します。

BEAMS不織布_01 BEAMS不織布_02

ブログでも紹介記事が多くないので、不織布について少しだけご説明しますね。

不織布は繊維を熱や機械的・化学的な作用で絡み合わせて布にしたもので、

柔らかくて丈夫なのでリユースに向く生地です。

アパレルショップやイベントで見かけることが多いのではないでしょうか。

 

通常はトートバッグのようなハンドルが二つあるタイプが多いのですが、

今回ご紹介したものはハンドルが一つで、少し変わった形です。

BEAMS不織布_03

横から見るとこんな感じです。

ハンドルはひとつですがハンドルの幅は広めで、肩掛けも楽にできました。

サイズが大きいため口も広いですが、真ん中にホックが付いているため、

中身が飛び出る心配もなさそうです。

 

BEAMS不織布_04

裏と表で印刷が違います。シンプルなデザインなのでリユースしやすそうなバッグです。

変わった形ですがリユースのことも考えられた仕様の不織布バッグですね!

 

 

カテゴリー: 流行分析 | タグ: , , | 独特な形の不織布バッグ はコメントを受け付けていません。
[ Post by berryBスタッフ ]