シンプルにこだわりを詰め込んだ紙袋

こんにちは、ベリービーの加茂です。

本日ご紹介する紙袋はこちら!

ショップ袋 紙袋

ずばりシンプル。きれいなデザインです。

よく見てみましょう。

ショップ袋 紙袋

袋のふちをすべて革のパイピングのように

ブラウンのラインがいれてあり、しまりがあります。

これは紙を袋の形にする際に、ずれて折ってしまうと

ふちのラインの幅がバラバラになってしまうので、

とても繊細な仕事です!

 

また糊づけの部分が側面の中央にきています。

普通の糊づけの位置でいくとブラウンの箇所に

紙の切れ端がくるので、それを避けたんでしょうか?

ショップ袋 紙袋

ハンドルは平紐と呼ばれる一般的なものですが、

同じ紐でも、色や紙とのマッチングでかなり見え方が違います。

 ショップ袋 紙袋

紙全体にエンボス加工がされています。

ロゴは浮き出し加工がされています。

写真で見ても、街ですれ違ってもあまりわかりませんが、

手に取った人だけが感じられるこのこだわり。

紙袋はお店や会社からのメッセージなのかもしれませんね!

ショップ袋 紙袋 リボン

リボンがついていますがこれもハンドルと同じ平紐です。

リボンで女性らしさがでていますが、

サテンなどの素材と違いブリブリ見えないですね。

 ショップ袋 紙袋

リボンはデザイン性のためだけでついているわけではありません。

実は片方は口折りの部分に留っていて、リボンを結ぶことで

袋の口が閉まるんです。

ショップ袋 紙袋

と、いうわけで。

このように片面はリボンのない面になっています。

これはこれできれいです。

 

と、今までで一番長い紹介だったんではないでしょうか。

それほどに細かいこだわりが見て取れる完成度の高い紙袋でした。


カテゴリー: 流行分析, 紙袋デザイン紹介 タグ: , , , , この投稿のパーマリンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です