メッセージ性のあるナチュラルクラフト紙袋

こんにちは、ベリービーの谷山です。

今回はスキンケア・バスアイテムを中心としたブランドの紙袋をご紹介します。

クラフト紙でナチュラルなイメージ

ご存知のかたもきっと多いですよね?

私は友達の誕生日プレゼントによく利用しています。

季節やテーマに合わせたギフトボックスであったり、

カラフルな商品が数多く並んでいるブランドさんです。

にぎやかな店内は、見ているだけで楽しくなりますよね。

 

ぱっと袋だけを見るとシンプルですが、袋に入れる商品がとにかくカラフルなので、

これくらいがいいバランス感なのではないでしょうか。

 

メッセージ性の強いデザイン

袋の裏側からもわかるように環境・人だけでなく動物にも

配慮しているのが商品の特徴です。

メッセージ性の強いデザインがシンプルながら目を引きますね。

内面印刷で印象に残る紙袋

外側はシンプルにまとめられていますが、

内側を覗いてみるとイラストやロゴがびっしり印刷してありました。

 

内面カラーを一色で塗りつぶそうと思うと、

クラフト紙の場合色落ちの可能性があるため、

それを防ぐこと考えるとなかなかコストが掛かってしまうんですよね。

 

ですが今回のようにベタのない総柄であれば

比較的色移りの心配をせずに印刷していただけるかと思います。

 

それにイラストとロゴが不規則に並んでいると

なんとなく自由で楽しい気分になる気がしませんか?

今回のように商品がカラフルでバリエーション豊かなブランドさんに

ぴったりなデザインですね。

 

機械折りの特徴OFJ留め

そうそう、今回の紙袋は手折りではなく機械折りで製造されています。

折り込まれていない口のギザギザと、のりで貼りつけるタイプのハンドルが特徴です。

 

機械折り=コストが安くてシンプルな紙袋、といったイメージでしたが、

最近は機械折りでも今回のような内面総柄や、メタリック印刷、カラフルなハンドルなど

工夫がされているものが多くてビックリします。

 

みなさんももらった紙袋が手折りなのか機械折りなのか、

今までのブログなどをヒントに見分けてみてくださいね。

ではまた!

 


カテゴリー: 紙袋デザイン紹介 タグ: , , , この投稿のパーマリンク.
[ Post by berryBスタッフ ]