インパクト大!写真を使った紙袋

こんにちは。ベリービーの谷山です。

今回紹介するのはこちらの紙袋です。

DOLCE&GABBANA1

ブランドらしい、写真を一面に使った大胆なデザインです。

トレンドを感じさせる鮮やかな色彩で、持つ人を華やかな気分にしてくれます。

写真を使用すると、情報として記憶に残りやすいため、広告塔としての効果は抜群です◎

 

DOLCE&GABBANA2

こちらのブランドさんは写真を使った紙袋がいくつかありますよね。

過去にも何種類かご紹介していましたのでリンクを少々。

 

まるで絵画!有名ハイブランドの豪華な紙袋!

立体感のあるレース模様が素敵な紙袋

スパイスの効いた素敵なデザインの紙袋

 

こうして過去の紙袋と比べると

質感や写真は変化しているはずなのに一貫して同じテイストを感じるんですよね。

特徴のあるハンドルや、シンプルな内面・マチ、ロゴの配置など

紙袋を構成する要素がそろっているからでしょうか。

 

もう少し詳しく見ていきましょう!

DOLCE&GABBANA6

まずハンドルです。特徴でもある太めの紐ですね。

見えにくいですが編み方はソフトクリームのようにねじったツイストタイプです。

 

ツイスト系のハンドルの場合、艶のある糸を使用することでラグジュアリーな

印象をもたせることが多く、過去にご紹介したものもその仕様でした。

ですがこの紙袋は柔らかい風合いのコットン系の糸を使用しています。

艶のあるタイプよりも落ち着いたナチュラルさが特徴です。本体のクラフトっぽい質感によく合っています。

 

DOLCE&GABBANA4

そして太いハンドルと対象的なのが口を留めるリボンです。

質感は持ち手と統一しながらも、細めの平紐を使うことで繊細さが感じられます。

リボンらしいリボンを選ばないことでマニッシュな印象になり男性女性問わず持ちやすい紙袋となっています。

 

DOLCE&GABBANA7

ロゴに近づいてみると浮き出しの加工に気づきます。

写真のインパクトが強いとどうしてもロゴが目立ちにくくなりますよね。

そのロゴを浮き出させることで視覚的にも触感的にも存在感を与えてくれるんです。抜け目ない…!!

 

いかがでしたでしょうか。

写真のインパクトに加えて細部までこだわる紙袋でしたね。

 

イメージを崩すことなく時代に合わせて変化するって

とても難しいことだと思うのですが、さすが長く続くブランドさんです。

次の写真はもちろん、どのように変化しているのか、みなさんもぜひ注目してみて下さい。

 

ベリービーでは小ロットでご注文いただけるため

季節やイベントで仕様を替えたご注文もお気軽に相談いただけますよ。

ぜひぜひご検討下さいませ。

 


カテゴリー: 紙袋デザイン紹介 タグ: , , , この投稿のパーマリンク.
[ Post by berryBスタッフ ]