特別感がすごい!ゴールドに輝く紙袋

こんにちは、ベリービーバッグのウラベです。

今回はとってもゴージャスなつくりの紙袋をご紹介します。

CA4LA-1

ブラックとゴールドの組合せは定番ですが、やはり格好いいですね。

CA4LA-2

センターの箔押しされた大きなロゴがとても華やか!

20周年らしく、ゴージャスな雰囲気です。

よくよく見ると、底に近づくにつれてブラックからゴールドに変わる

グラデーションもすごいです。

CA4LA-3

底面はどうなっているのか?というと、こんな感じです。

CA4LA-4

ゴールドが眩しいですね!

いったいこの紙袋はどうなっているのか?と、弊社の紙袋アドバイザーに

聞いてみたところ、もともとは「蒸着紙」というゴールドの紙(底面の写真の感じです)に、

ブラックの印刷がされている、とのことでした。

そういえば、以前にも度々この蒸着紙を使った紙袋をご紹介したことがありますね。

(以前のご紹介した蒸着紙の紙袋記事はコチラ

 

蒸着紙は通常のインクでは印刷が難しいらしく、UVインク(UVインクを使った

紙袋の紹介記事はコチラ)で印刷されているようです。

特殊な紙と特殊なインク、どちらも手のかかる仕様なので、

「どうしてもこの紙袋にしたい!」という並々ならぬこだわりを感じます…。

 

ロゴはその大きさで十分目立つのですが、加えて「浮き出し加工」もされているので、

より目を引きます。さらに近づいて見ると、このロゴは「万線」という処理も施されていることがわかります。

 

「万線」というのは、細かく線が入っていることを指し、この線が入っていることによって

同じ色でも質感の違い・光の動きで立体感が出て見えるのです。

CA4LA-ukidashihaku CA4LA-hirahaku

口折り部分(右写真)にもロゴが入っていますが、同じ金色でもこうして見ると、まるで違いますね!

CA4LA-5

ハンドルはベーシックなアクリル平紐。持ちやすくて、ベリービーバッグでも人気のハンドルです。

蒸着紙は扱いが難しく、コストもかかりますが、「ここぞ!」という時に使いたい特別感を

演出することができます。

ベリービーバッグではそんな蒸着紙を使った紙袋を作ることもできますので、

興味のある方はぜひご相談ください!

 

 


カテゴリー: 流行分析 タグ: , , この投稿のパーマリンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です