シンプルなだけじゃない、計算され洗練されたデザインのハイブランド紙袋

こんにちは。

ベリービーの芥川です。

今日ご紹介するのは、ハイブランドの洗練されたデザインの紙袋です。

DSC_0190 DSC_0191

白色に黒のロゴ。ただそれだけなのにどうしてかっこいいのでしょうか。

仕様的には特に珍しい仕様はありませんが、計算され洗練されたデザインが

ハイブランドならではのこのかっこよさを出すのでしょうね。

DSC_0193

前回ご紹介した紙袋のように、今回も表面はシンプルで、内面が一色真っ黒です!

大胆でかっこいいですね。

表面はロゴだけではなく、縁に細い黒の線が印刷されています。目立ちすぎず細すぎず、

ちょうどいい細さのラインです。ラインがあるだけでしまって見えますね。

DSC_0192

ハンドルは細いツイストロープです。このように細いハンドルを使うことで

繊細さが増し、高級感が出ます。

DSC_0195

ロゴ部分はブラックの浮き出し箔です。

DSC_0196

底はスッキリした貼り合わせになっていて、細部までこだわられています。

ハイブランドの紙袋では、同系色や、二色、白と黒など

シンプルな配色やデザインが多いような気がします。

しかしただシンプルなだけではなく、内面を真っ黒にしてしまう大胆さや、

ハンドルをあえて細いものにするなど、他の部分も計算されたデザインになっているので

シンプルでも目を奪うようなかっこいい紙袋になるのですね。

 

 

 


カテゴリー: 流行分析, 紙袋デザイン紹介 タグ: , この投稿のパーマリンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です