タグ『オリジナル紙袋』の一覧

インパクト抜群!花柄印字リボン

こんにちは、ベリービーのカキミです。

今回はいつもの紙袋紹介ではありません。

ベリービーのハンドルの中でも人気のサテンリボン。

上品さや女性らしさなどを表現する際にはダントツ人気です。

 

そのままでも華やかさのあるサテンリボンですが、

オプションでリボンへ印字を行うことも可能です!

ということで印字リボンのサンプルを作ってみました!

花柄が全体に入った紙袋

早速ですが見ていきましょー。

全面に花柄が入ったインパクト抜群の紙袋。

今回はこの紙袋に取り付けられているリボンを実際にサンプルとして制作してみました!

RIBON

今回のサンプルリボン製作に当たって設定した条件は、

「柄・フルカラー・シームレス」の3つを含むデザインにすること。

リボンで細かい柄がどこまで印刷ができるのか?を確認することも目的の1つです。

※シームレスというのは「継ぎ目がない」という意味です。

 

お客様からのご注文ではロゴのみのシンプルな印字リボンが多いですが、

フルカラー全面印刷の印字リボンをお探しの方もいらっしゃると思うので是非参考にしてみてください。

リボンのアップ

上にあるデザインデータと比べてもらうと色の変化が分かりやすいですが

思った以上に発色がよく、データよりも青みが強くなったことで鮮やかに見えます。

今回はこういった色の傾向になりましたが、毎回必ず同じようになるかは分からないので、

今後も色々なサンプルを作りながら、傾向を確かめてみたいですね。

よりよい商品作りのためには実験あるのみです!!

紙袋のハンドル部分のアップ

ホワイトのリボンに印刷をしているので裏側は白色になります。

細かい花柄も思った以上に繊細に表現できている印象があります。

 

 

リボンの柄をA3用紙に出力

最初は、方向性を定めて柄を探していましたが中々決まらず難航してしまいました。

最終的には、テイストや柄の細かさ、イラスト・写真など異なる柄を選び

スタッフ全員で確認し、人気投票を行いました!

それぞれのスタッフが第一候補(ポイント大)と第二候補(ポイント小)を選び、

合計点の高い柄を今回のサンプルとして制作しました。

1番人気の花柄リボン

最多得点は今回制作したリボンの柄でした。

カラフルで明るい印象の花柄です。

それでいて上品さもあるため票が集まったのかな?と思います。

ベリービーっぽさのある女性的なデザインで一番人気も一同納得の結果に。

 

2番人気のリボン柄

2番人気がこの柄でしたが、予想外の人気だったのでスタッフみんなが

「本当にこれが2番?」と驚く展開になりました。

第一候補のポイントもそこそこに第二候補の票が多く集まり2番人気となりました。

柄にベリービーっぽさはなく色味も落ち着いたトーンで構成されていたので、

一番人気とは正反対のデザインですね。

2番手には安定を求めるといった心理的な作用でしょうか?

 

蛍光オレンジの印字リボン

今回制作した印字リボンは全面フルカラーだったので

転写とゆう印刷方法を使用しましたが、

上のオレンジのリボンのようにシルク印刷と呼ばれる方法でのプリントも可能です。

オレンジ色は元々のリボンの色で、ホワイトのインクで印字をしています。

こちらは少し印字部分が盛り上がったように質感が感じられるので、

また転写プリントとは違った仕上がりで素敵です!

 

 

オリジナル紙袋  DSC_1198 紙袋 印刷 オリジナル

過去のブログ記事で紹介した紙袋でもサテンリボンの様々な使い方がされています。

左の紙袋では口留めリボンを前面で結びフェミニンさを強調したデザインですね。

真ん中の紙袋は口留めリボンとして使用したり、右側の紙袋ではハンドルにリボンを結ぶなどの使い方がされています。

 

紙袋のハンドルをリボンにするだけでも十分可愛いですが、

アレンジ次第でさらなる使い勝手や可愛さをアピールできるのがリボンの特徴ですね!

 

ベリービーバッグでは、紙袋を初めとしてパッケージに関連する箱やポリ袋、不織布まで製作しています。

付属品として使うことのある、リボンやシール・チャームなどの単品の注文もお受けしています。

カテゴリー: 新作紹介 | タグ: , , , | インパクト抜群!花柄印字リボン はコメントを受け付けていません。
[ Post by berryBスタッフ ]

桃太郎モチーフで地域密着型!な紙袋とポリ袋

こんにちは、ベリービーの谷山です。

先日弊社スタッフが岡山へ行ってきたらしく、

お土産に紙袋を持って帰ってきてくださいました。

 

(お土産として紙袋を持ちかえるというベリービーあるあるです)

(お土産より紙袋に盛り上がってしまうこともしばしばです)

 

フルカラーの桃太郎モチーフ印刷

こちらがその紙袋ですね。

ピンク色でまとめられた総柄が可愛い!

スタンプで押したようなゆるいイラストと色の重なりで

素朴で懐かしい雰囲気が感じられます。

 

JRのふるさとおこしプロジェクトの一環で

お菓子やお酒を販売する際に使用されているようです。

こうして地域の特徴がデザインされていると、

ついお土産として選びたくなりますね。

 

機械折りの特徴

みなさん、ギザギザの切り口とのりで貼ったハンドルです。

そうです機械折りの紙袋になっています。

 

ロットがかなり必要な代わりに

1枚あたりのコストを抑えて製作することが可能です。

 

総柄の印刷でカラフルな楽しいデザイン

今回のデザインはフルカラー印刷と呼ばれる、

4色の色の組み合わせで表現されていました。

フルカラー印刷は写真やプリンターを使うのと同じ印刷方法です。

ベタあり印刷の色落ちは注意

裏には色落ちの注意書きがありました。

印刷で塗りつぶしのある紙袋にはよく書かれています。

 

総柄の一色での表現

紙袋と一緒に入っていたポリ袋もご紹介しようと思います。

紙袋と同じデザインのはずなのに一色表現になるだけで

またがらっと違った印象になりませんか?

こうやってリンクしたデザイン展開は遊び心が感じられてとても好きです。

 

ベリービーでは紙袋と一緒にポリ袋もご注文いただけますので、

こういったデザイン展開をお考えのお客様ぜひぜひご相談ください!

ではまた!

 

カテゴリー: 紙袋デザイン紹介 | タグ: , , , | 桃太郎モチーフで地域密着型!な紙袋とポリ袋 はコメントを受け付けていません。
[ Post by berryBスタッフ ]

爽やかブルーとボーダーでマリンカジュアルな紙袋

こんにちは、ベリービーの谷山です。

最近また寒くなってきましたが、みなさん風邪などは引いていませんか?

 

もうすぐ青山ショールーム前の銀杏並木が紅葉するのではと

わくわくしていたのですが、調べてみたら見頃は11月下旬のようですね。

寒いのは少し苦手なのですが、楽しみです。

 

今回はダックスフンドのイラストが可愛いこちらの紙袋をご紹介します。

爽やかなブルーの紙袋

きれいなブルーと白に統一されたロゴイラストで清潔感がありますね。

落ち着いたブルーが印象的な紙袋です。

大きめに配置されたロゴ、イラストがしっかり存在感をだしています。

 

布のような質感のエンボス加工

近づいてみると紙の表面には布のような質感が!

ブログでも何回か紹介している、流行りのエンボス加工ですね。

 

 

内面ボーダーで優等生な雰囲気

そして内面がこちらです。ボーダーです。

やはり内面に柄や色が入っていると、開いたときに印象に残りやすいですよね!

印刷の紙袋を注文する場合は、このように内面にも印刷を入れるのがおすすめです。

 

今回のブランドはカジュアルでありながらも高品質という特徴があるので、

それを踏まえて見てみると、清潔さを感じるカラーリングと細いボーダーで

洗練されたブランドイメージを目指しているのではないかなと、思います。

 

マチのイラストで抜け目ない紙袋

ちなみにマチにもしっかりいました。

爽やかなカラーリングですっきりまとめられていますが、

イラストの存在感もあって可愛い紙袋でしたね。

 

ではまた!

 

カテゴリー: 紙袋デザイン紹介 | タグ: , , | 爽やかブルーとボーダーでマリンカジュアルな紙袋 はコメントを受け付けていません。
[ Post by berryBスタッフ ]

機械折りでも高級感!な紙袋

こんにちは、ベリービーの谷山です。

今回は日本のはちみつブランドの紙袋とポリ袋をご紹介します。

まずは紙袋です。

機械折りの紙袋

いかがでしょうか。

紙袋を見ただけでもこのブランドが

高級ラインであることがわかりますね!

 

ブロンドっぽいゴールドと黒の組み合わせは

高級感に加えて歴史のある重厚感を感じさせます。

 

OFJ留めの紙ハンドル

実は今回の紙袋、ギザギザしたカットからも分かるとおり、機械で折られているものになります。

機械折りの場合ロットがかなり必要になりますが、

1枚の単価としては手折りと比べるとかなりお安いです。

 

それでもパッと目にしたとき高級さを感じるのは

デザインの作り方や、配色がよく考え込まれているからではないでしょうか。

 

高級感のある王章デザイン

例えばこの蜂があしらわれた王章のマーク。

はちみつというと蜂のイラストを全面に出したくなりますが、

マークの一部として控えめに蜂を入れています。

 

字体とも合わせて由緒あるヨーロッパっぽい雰囲気ですね。

 

ハイデンのポリ袋

そしてこちらがポリ袋です。

紙袋と同じくマークとブランドロゴが印刷されています。

ロゴの左右に入っているのは紙袋のマチにも入っている、

格子のようなパターンですね。

 

ロゴだけでなくなにか共通のポイントがあると

より揃ってる感が出るのでおすすめです。

マットな質感のポリ袋

表面がマットになっているので、

いやらしく光らず、ゴールドのインクがより印象的に

見える気がします。

 

こういう部分の取捨選択も難しいですが、大切なポイントですね。

袋づくりに精通していないと、その選択肢もなかなか浮かばないものですが、

そこは紙袋ショールームでご相談いただければと思います。

 

今回はコストを抑えながらも高級感がある紙袋とポリ袋でした。

ポリ袋も取扱ございますので、ぜひ紙袋とセットにしたい方は

ご相談くださいませ〜。

 

カテゴリー: 紙袋デザイン紹介 | タグ: , , , | 機械折りでも高級感!な紙袋 はコメントを受け付けていません。
[ Post by berryBスタッフ ]

傷がつきにくい!? 新フィルムを使った宅配袋

こんにちは、ベリービーの谷山です。

今回は郵送用に製作される宅配袋の紹介になります。

 

傷がつきにくいラミネート

一見シンプルな見た目ですが、すごいのは表面のフィルム加工なんです。

紙袋や宅配袋など紙を使用した製品には、大まかに2種類の紙質があります。

紙本来の質感を残したものと、紙の表面に加工をプラスし、マットな質感や艶を出したものです。

質感を加えるには、紙袋の表面に「ラミネート」というフィルムを貼る必要があります。

 

通常のマットPPに付くスクラッチ

一般的に使われる従来のラミネートのフィルムは材質上、

上の画像のようなスクラッチと呼ばれる爪などが擦れた痕がつきやすいのが難点です。

特にボディが黒・紺・茶色のような濃色の場合、このスクラッチが目立ちやすいと言われています。

 

が!今回使われているフィルムはなんと!

そのスクラッチがつきにくい特殊フィルムなのです!!

心なしか指紋などもつきにくい気がします。。

 

配送の際に他の郵便物との擦れが起こりやすい宅配袋には

もってこいの素材ではないでしょうか。(ちなみに特殊素材のため少し値は張りますが。。)

 

浮出し版を使ったロゴ裏から見た浮出し加工

ロゴをみてもしっかりとした浮出し加工でされていて

見た目はシンプルながらも高級さがよく感じられる宅配袋ですね。

 

今回ご紹介したフィルムも実は弊社でご用意可能です。

値は張りますが、傷がつきにくく美しい紙袋を作ることができます!

ぜひぜひ気になる方はご連絡くださいね!

ではまた〜

 

カテゴリー: 紙袋デザイン紹介 | タグ: , , | 傷がつきにくい!? 新フィルムを使った宅配袋 はコメントを受け付けていません。
[ Post by berryBスタッフ ]