カテゴリー『未分類』の一覧

大胆な切り替えデザインの大きめ肩掛け紙袋

こんにちは、ベリービーの谷山です。

今回は色の切り返しが印象的な、ビッグサイズの紙袋をご紹介します。

 

nano universeの紙袋

この切り替え方はなかなか珍しいのではないでしょうか。

持ち手の留め位置に切り替えが来るように計算されていますね。

調べてみると紙袋のサイズによってこの切り替え方が

上下になったり、より斜めになったりするみたいです。

 

グレーは少し都会的でクールな印象がありますが、

大胆な色の切り返しと、使われているもう1色が白ではなくアイボリーであること、

この2つのポイントでクールの中にも柔らかさが表現されています。

 

ちなみに裏側は、面積の広いほうがアイボリー、狭いほうがグレーになっています。

ロゴの背景がかわるので、受ける印象が少し変わってそこも面白いです。

ロゴ自体は高めに配置されていますが、デザインの邪魔をせず、程よい高級感ですね。

 

長めで肩掛けもできるハンドル全体に統一感をもたせる内面カラーがされた紙袋

内面はグレーで色付けがされています。

表面で2色使っているので、内側が真っ白であるよりも、

全体的な統一感が保たれているように感じます。

 

そして正面の画像で気づいた方もいるかも知れませんが、

持ち手がやや長めに設定されています。

肩掛けができるという嬉しいポイントですね。

複数の紙袋を持つときや、背の低いお客様にも持っていただきやすいです。

 

また中に何を入れるかによりますが、ある程度重みが出るのであれば、

今回の紙袋のように平たい素材のハンドルがおすすめです。

 

切り替えデザインが素敵な紙袋でした。

大きめサイズをお考えの方は、ぜひ肩掛けハンドルもご検討ください。

ではまた!

 

カテゴリー: 未分類, 紙袋デザイン紹介 | タグ: , , , , |
[ Post by berryBスタッフ ]

究極フェミニン!!ふわふわチャーム付き紙袋

明けましておめでとうございます、ベリービーの谷山です。

本年もよろしくお願いいたします!

 

新年初めにご紹介するのは”プリンセス”をテーマにしたホリデーコレクションの紙袋です。

ブランドコンセプトに沿った女性らしい儚げな雰囲気でまとめられています。

 

色の切り返しが特徴の紙袋

中心の大きなふわふわが気になっている方が多いかと思いますが、

一旦置いておいて全体のイメージから見ていきます。

 

まずシルエットは最近人気の正方形ですね。

そしてカラーはくすみ系の紫、サイドには色の切り返しでピンクが入っています。

ピンクのおかげで、アンニュイな雰囲気ながら可愛らしさも感じます。

 

目を引く大きなチャーム

はい、そしてこのチャームですね。存在感しかありません。

バレリーナのチュチュスカートのようなチュール生地で作られています。

女性らしい透け感のある素材なので、全体のイメージとよくマッチしてます。

コレクションのテーマである”プリンセス”感も抜群です。

 

写真では見えませんが、

留める部分は細いサテンリボンになっていました。

抜け目ないですね。

 

冬らしいベロア生地のハンドル人気の縦留めを使った紙袋

もう1つの大きなポイントはこのハンドルですね。

1本留めなのはもちろん、ベロア生地が使われているんです。

冬らしい素材で、なかなかリッチです。さすが限定のショッパー。

 

留め方も内側から穴に通すのですが、通しきると口が閉じる仕様です。

もはや紙袋というより独自のパッケージですね。

 

目を引くふわふわのチャームと柔らかなカラーリングで、

フェミニンにまとまられた紙袋でした。ではまた!

 

カテゴリー: 未分類, 紙袋デザイン紹介 | タグ: , , , , |
[ Post by berryBスタッフ ]

紙スピンドルにリニューアルした紙袋

こんにちは、ベリービーの谷山です。

前回の記事でもご紹介した紙スピンドルを使った紙袋をまたまたご紹介します。

今回の紙袋はリニューアップとして紙スピンドル仕様になっています。

 

リニューアル前の紙袋についてのブログもありますので気になる方はぜひ!

特殊な白のグラデーションを用いた紙袋

 

紙スピンドルにりニューアップ

有名な靴のブランドさんです。

しっかりとハリのあるクラフト紙にグラデーションで印刷がされています。

口折にメッセージゴムのようなプラスチック製ハンドル

右がリニューアル前のハンドル。

ゴムのようなプラスチック製の素材を使用していました。

 

そして左が新しく採用された紙スピンドルです。

今回使用されているのはブランドカラーに合わせて赤く染色されたものですね。

前回ご紹介した紙スピンドルの紙袋は、底面に再生紙で作られていることを

印刷していましたが、今回の紙袋は口折部分にメッセージのように印刷されていました。

 

口折は商品の出し入れの際に必ず目に入りますし、

持っているときにも目に付きやすいので、エコに対する啓蒙にも繋がりますね。

自然環境をも左右してしまうような大企業だからこその責任を感じます!!

 

紙スピンドルを使ったエコな紙袋

紙袋のリニューアルはガラッと本体カラーやデザインを変えるパターンもあります。

今回の紙袋に関しては、問題になっている環境対策のために、

素材だけを変えたマイナーチェンジになっていますが、

素材感が統一された、この紙袋も大好きです!!

 

いかがでしたでしょうか。

紙スピンドルについても、今まで使っていた紙袋のリニューアルについても、

ぜひベリービーにお気軽にご相談くださいませ〜!

 

カテゴリー: 未分類 |
[ Post by berryBスタッフ ]

今注目の紙スピンドルを使った紙袋

こんにちは、ベリービーの谷山です。

今回は弊社インスタグラムでもちらっとご紹介していた、

紙素材のハンドルを使った紙袋についてです。

 

持ち手までリサイクルできる紙袋

まずは全体から。

ブランドイメージに沿ったグレーとホワイトのカラーリングです。

デザイン自体もとてもシンプルですが、

縦長のシルエットに細いハンドルを組み合わせているため、

よりスッキリとして見えています。

 

再生紙にエンボス加工

触ってみるとわかるのですが、

表面に小さなドットのエンボス加工がされています。

紙の触り心地はナチュラルな印象を与えますが、

こうして1つテクスチャーが加わることで、こだわってる感がプラスされます。

 

紙は白一色に見えますが、よくよく見ると薄茶に見える繊維が混ざっています。

これは新聞紙や雑誌など色々な紙を混ぜ合わせて作る再生紙の特徴です。

今まではこの繊維が見えると「やっぱり再生紙はキレイじゃない」という意見が出ましたが、

これからはこの繊維が見えることが、エコに取り組む会社のステータスになるかもしれませんね!

 

apple_3 紙素材 スピンドル ハンドル 持ち手

そして一番声を大きくして紹介したいのが紙スピンドルです!!

実はこのハンドル、紙の素材で編まれているのです。

 

ハンドルはU字にカットされた折り口に縦留めでつけられています。

この紙スピンドルは強く結ぶことが少し難しいため、

使用するときは今回のような縦留めがおすすめです。

アップにすると少し紙の繊維のようなものも見えますね。

 

編まれている素材自体はしっかりしていますが、

中心が空洞になっているので、フワッと空気感を感じるような

なんとも不思議な触り心地です。

 

DSC_0288

底面にはハンドルも含めて100%リサイクルの文字が。

 

紙素材のハンドルとなると、よじったような丸紐や平たい紙バンドなど、

ナチュラルなイメージが強いものが多いですよね。

ですが今回のようなスピンドルは、いい意味で紙っぽくなく見えるので

ブランド問わず、皆さんに使っていただきやすいのではないでしょうか。

 

そしてこのハンドル、なんとベリービーでも使用可能です!!

エコ活動に取り組む企業様にはもちろんオススメですが、

なんと言ってもかっこいい!!

時代の流れに沿った新ハンドル、皆さん気になりますよね?

 

サンプルもショールームにご用意ございますので、

ぜひぜひチェックしに来てくださいませ〜!

ではまた!

 

カテゴリー: 未分類 | タグ: , , , |
[ Post by berryBスタッフ ]

クラフト紙でも高級感のある紙袋

こんにちは、ベリービーの谷山です。

今回ご紹介するのは、紙の質感を活かした晒クラフト紙の紙袋です。

紙袋, 白

いかがでしょうか。

晒クラフトの白色を基調としてすっきりとまとまった印象ですね。

 

遠くから見るとわかりませんが近くで見てみると

紙袋, エンボス, 白

紙の質感がしっかりと出ています。

こういった質感のある紙は、

ナチュラル、オーガニック、柔らかい、というような印象が一般的にあります。

反対に光沢を出したり加工を加えた紙を使った紙袋は凝っていて高級感を感じやすいです。

ですが今回の紙袋、とても高級感があるように見えますよね。

 

もう一度全体像を見てみましょう。

紙袋, 白, 高級感

高級感を感じるポイントとして、まずシルエットです。

縦長なサイズはもちろん、持ち手の結び目をださない縦留めと呼ばれる留め方。

この留め方にすることで正面の縦長さをより強調することができています。

縦のラインが強調されると、すっきりとした印象を感じやすいです。

 

紙袋, ハンドル, 白

そしてリボンですね。

一般的によく知られるサテンリボンのような光沢を

編み方によって抑えたグログランテープといいます。

 

サテンリボンのフェミニン・ガーリーな印象を抑えて、高級感を出したい!

というお客様によくお選びいただきます。やはりエレガントさがアップしますね。

光沢が控えめな分、男性にも持ちやすいのではないでしょうか。

 

DSC_0960

ロゴはゴールドの印刷です。

高級感を出す際、箔押しと呼ばれる薄いアルミ箔を使った加工がありますが、

光沢をグッと抑えた今回のような色も、なかなか素敵です。

光り方に深みがあるので、アンティーク調にも感じられますね。

 

ロゴで使われているフォントをみると細いラインがふんだんに使われています。

こうした細いラインがすごく細いフォントは繊細な印象があるので、

女性的なデザインにしたいときにおすすめです。

紙袋全体のすっきりとしたイメージは、実はこのロゴから強く感じているかもしれません。

フォントも奥が深いですね、、!

 

今回はナチュラルなクラフト紙を使いながら、高級感を感じさせる紙袋を詳しく見てみました。

全体のイメージを左右するのはボディかと思いきや、意外とハンドルやロゴの影響もあるんですね。

お客様の使いたい紙や形をベースに、イメージに合った紙袋製作をしていただけるよう

サンプルをたくさんご用意してお待ちしています!ではまた!

 

カテゴリー: 未分類, 紙袋デザイン紹介 | タグ: , , , |
[ Post by berryBスタッフ ]