タグ『フード』の一覧

ラグジュアリーな黒×紫で高級感のあるパッケージ

こんにちは、ベリービーの谷山です。

 

今回は最高品質のカカオのみを使った、

チョコレートショップの紙袋と箱をご紹介します!

 

紫と黒でラグジュアリーな雰囲気のパッケージ

高級感のある深い紫とブラックの組み合わせで、

ラグジュアリーな雰囲気ですね。

 

全面カラーで重厚感のある紙袋シンプルな箔押しロゴでスタイリッシュな紙袋

紙袋には全面ブラックの印刷が入っていて重厚感があります。

シンプルなゴールド箔のロゴもスタイリッシュで格好良いです。

 

Jカットで留められた紫の紙芯入りスピンドル

ハンドルは箱と同じ深い紫です。

口折りと呼ばれる部分に切り込みを入れて留めていますね。

今回のように自立するタイプの芯入り丸紐によく使われる留め方です。

 

自立したハンドルを使用すると

紐を引き出したり、揃えたりする必要がなくなるため、

お客様へのスムーズなお渡しができるようになります!

もちろんベリービーでも対応可能ですよ。

 

高級感のある深い紫のパッケージ2層構造のチョコレート箱

箱は見た目ですでに高級な雰囲気がすごいですが、

開いてみるともっとすごかったです、なんと2層構造でした。

こんな素敵な箱に入っているチョコレート、どんな味なのか…気になります。

 

ストーリーを感じさせる風景写真が入ったパンフレットチョコレートの説明書き

一緒についてきたチョコレートの説明書きです。

フルカラーでおそらくカカオの産地の風景がデザインされています。

こうしてブランドや商品のストーリーを感じる要素があると、

普通に食べるよりも特別感が出てきますよね。とても素敵です。

 

チョコレートらしからぬ高級感がしっかりと出た紙袋と箱のご紹介でした!

最近は手土産でもパッケージに力を入れているところが多くて楽しいです。

皆さんもぜひパッケージにも注目してみてくださいね。

ではまた!

カテゴリー: 紙袋デザイン紹介 | タグ: , , , , , , , , | ラグジュアリーな黒×紫で高級感のあるパッケージ はコメントを受け付けていません。
[ Post by berryBスタッフ ]

和紙とメタリック印刷があいまった温かみのある紙袋

こんにちは!ベリービーの堀です。

そろそろ梅雨も明けそうで、夏本番が近づいていますね。

今回ご紹介するのは「和菓子」を販売しているお店の紙袋です。

ナチュラルな質感の和風な紙袋

こちらの紙袋は、特殊な和紙のような素材でできています。

この素材がすごく新鮮で、なんと斜めに模様が入っており

木の表面のような質感になっています。

色も黄味がかった白で、全体に和風のナチュラルな風合いが印象的です。

 

シルバーのメタリック印刷が特徴的なロゴ

デザインはシンプルで、真ん中と底にシルバーのメタリック印刷で

ロゴマークが入っています。

 

この和菓子屋さんのパッケージは「完成されすぎないデザイン」を意識されているそうです。

かっこよすぎない、どこか温かみのあるデザインが馴染みやすくて魅力的です!

親近感のあるパッケージに入った和菓子もどんな味がするのか気になりますね。

 

和を引き出す紙紐の紙袋

また、持ち手と口の部分から機械折りで作られていることがわかります。

持ち手は紙の平ひもでできており、内側に貼り付ける仕様になっています。

口の部分はギザギザになっているのが特徴です。

機械折り紙袋の製造には、かなりのロットが必要ですがベリービーでも製造可能です。

 

特殊な和紙を使った紙袋

いかがでしたでしょうか。

やはり、紙にしっかりと質感がついていると高級感があり印象に残ります。

クラフト紙のようなざらざらとした特殊紙を使ったり

紙に柄の凹凸をつける「エンボス加工」がおすすめです!

 

ベリービーでもそのような仕様ができますので、

気になる方はぜひお問い合わせくださいませ!

ではまた〜!

カテゴリー: 紙袋デザイン紹介 | タグ: , , , , | 和紙とメタリック印刷があいまった温かみのある紙袋 はコメントを受け付けていません。
[ Post by berryBスタッフ ]

色の組み合わせが目を引く総柄パッケージ

こんにちは、ベリービーの谷山です!

今回は思わず目を引く総柄の紙袋と箱をご紹介します。

 

このブランドは下の記事で一度ご紹介していますが、

色の組み合わせや仕様だったりが変わっています。

目くらまし!?だけど目がいくサイケな紙袋

 

総柄が印象的な紙袋

まずは紙袋です。

前回の記事でご紹介した色の組み合わせと比べると、少し落ち着いた色味ですが、

色数の多さと特徴的な総柄でインパクトがありますね。

 

口折りカラーとURLの入った紙袋

口折り部分の色の切り返しや、URLは変わりませんが、

紐の留め方や、内面カラーが前回とは変わっています。

 

こうした仕様の小さな変化も気づくと面白いですね。

過去の紙袋をお持ちの方はぜひ比べてみてください。

 

浮き出し加工がされた箱内面カラーがインパクトある箱

セットの箱もみてみましょう。

背景の柄や色の組み合わせも、紙袋とは違います。

 

箱や紙袋のデザインは揃えてあるものが多い気がしますが、

今回のように全体の雰囲気やイメージは変えず、

色や柄で遊ぶのも面白いですね。

NY発のブランドらしいお客様を飽きさせない工夫かもしれません。

 

柄や色が違っても統一感のあるパッケージ

いかがでしたでしょうか?

柄や色が違っても統一感のある不思議なパッケージでした。

ベリービーでは箱と紙袋のセット注文も可能です!

ぜひご検討くださいませ。ではまた〜

カテゴリー: 紙袋デザイン紹介 | タグ: , , , , , , | 色の組み合わせが目を引く総柄パッケージ はコメントを受け付けていません。
[ Post by berryBスタッフ ]

ナチュラルクラフトとネイビー印刷でカジュアルな紙袋

こんにちは、ベリービーの谷山です。

今回は環境配慮の影響か、最近よく見られる、

ナチュラルなブラウンクラフト紙を使用した紙袋をご紹介します。

 

ロゴの英字が印象的な紙袋

大きく印刷された『R』が印象的ですね。

重たくなりがちな黒ではなくネイビーカラーを選ぶことで、

クラフト紙とも相性がいい気がします。

 

マチB面までつながったデザインの紙袋

そして今回のデザイン、正面からだけみれば『R』しか見えませんが、

マチ、背面までブランド名がつながっているデザインになっています。

印刷という加工を選ぶと、やはり全面にデザインできるという強みがありますね。

 

機械製袋のギザギザと持ち手

持ち手を見るとわかりますが今回は手折りではなく機械折りの紙袋ですね。

のりでペタっと張り合わせたような持ち手と、ギザギザした切り離しの口が特徴です。

 

機械折りの紙袋は基本的に何万枚という大ロットで製造を行うため、

小ロットで作ろうとすると、なんと手折りよりも高くなる場合も!

お客様のニーズに合わせて、ベリービーではどちらもご提案可能ですよ。

 

ネイビーとクラフト紙でカジュアルな紙袋

印刷のデザイン性を生かしたカジュアルな紙袋でした。

クラフト紙はナチュラルな印象ですが、高級感のある箔押しと組み合わせても、

質感の違いが生まれて可愛らしいです。またご紹介いたしますね。

ではまた!

カテゴリー: 紙袋デザイン紹介 | タグ: , , , , , | ナチュラルクラフトとネイビー印刷でカジュアルな紙袋 はコメントを受け付けていません。
[ Post by berryBスタッフ ]

ストーリーを感じる余白を生かした紙袋

こんにちは!ベリービーの谷山です。

今回ご紹介するのは、日本らしい余白が生かされた紙袋です。

 

余白を綺麗にとったシンプル紙袋

正面デザインは右上に小さめに配置された虎のみという、

シンプルかつ洗練された雰囲気です。

 

虎の絵柄をアップにするとこんな感じ。

日本画のような虎デザインの紙袋

アップにするとよくわかりますが、いまにも動き出しそうな躍動感がありますね。

そしてポイントはこの虎の向きです。広くとった余白に向かっているんです!

 

もしも虎が動き出したら縦横無尽に駆け回ることができるようにと、

紙袋の余白を大きくとっているのかもしれませんね。

そう考えるとなかなか粋な配置です。

 

デザインを説明する底面印刷

ひっくり返して底面をみてみると、袋の図案について説明がはいっていました。

こうしてデザインの背景がみえるとブランドに近づいた気分になるので不思議です。

 

デザインやカラーについてこうして説明をいれるのも、

ブランドをよく知ってもらうために、すごく良いことかもしれないですね。

 

ブランド名を控えめにいれた紙袋

マチにはお店の名前とマークが控えめにはいっていました。

紙袋全体の洗練された雰囲気を邪魔しない大きさで◎です。

 

余白を使ってストーリーを感じさせる紙袋

いかがでしたでしょうか?

余白を広く取ることでデザインのストーリーや背景を感じられる、

日本らしい紙袋でしたね。

 

底面への印刷ももちろん可能ですので、

気になる方はぜひお問い合わせくださいませ〜!

カテゴリー: 紙袋デザイン紹介 | タグ: , , , , , , , | ストーリーを感じる余白を生かした紙袋 はコメントを受け付けていません。
[ Post by berryBスタッフ ]