タグ『パープル系』の一覧

ラグジュアリーな黒×紫で高級感のあるパッケージ

こんにちは、ベリービーの谷山です。

 

今回は最高品質のカカオのみを使った、

チョコレートショップの紙袋と箱をご紹介します!

 

紫と黒でラグジュアリーな雰囲気のパッケージ

高級感のある深い紫とブラックの組み合わせで、

ラグジュアリーな雰囲気ですね。

 

全面カラーで重厚感のある紙袋シンプルな箔押しロゴでスタイリッシュな紙袋

紙袋には全面ブラックの印刷が入っていて重厚感があります。

シンプルなゴールド箔のロゴもスタイリッシュで格好良いです。

 

Jカットで留められた紫の紙芯入りスピンドル

ハンドルは箱と同じ深い紫です。

口折りと呼ばれる部分に切り込みを入れて留めていますね。

今回のように自立するタイプの芯入り丸紐によく使われる留め方です。

 

自立したハンドルを使用すると

紐を引き出したり、揃えたりする必要がなくなるため、

お客様へのスムーズなお渡しができるようになります!

もちろんベリービーでも対応可能ですよ。

 

高級感のある深い紫のパッケージ2層構造のチョコレート箱

箱は見た目ですでに高級な雰囲気がすごいですが、

開いてみるともっとすごかったです、なんと2層構造でした。

こんな素敵な箱に入っているチョコレート、どんな味なのか…気になります。

 

ストーリーを感じさせる風景写真が入ったパンフレットチョコレートの説明書き

一緒についてきたチョコレートの説明書きです。

フルカラーでおそらくカカオの産地の風景がデザインされています。

こうしてブランドや商品のストーリーを感じる要素があると、

普通に食べるよりも特別感が出てきますよね。とても素敵です。

 

チョコレートらしからぬ高級感がしっかりと出た紙袋と箱のご紹介でした!

最近は手土産でもパッケージに力を入れているところが多くて楽しいです。

皆さんもぜひパッケージにも注目してみてくださいね。

ではまた!

カテゴリー: 紙袋デザイン紹介 | タグ: , , , , , , , , | ラグジュアリーな黒×紫で高級感のあるパッケージ はコメントを受け付けていません。
[ Post by berryBスタッフ ]

色ってみんなどうやって決めてるの?配色の参考になるサイトをご紹介!

こんにちは!

久しぶりに更新します、芥川です。

なぜ私が久しぶりにブログを書いているのかといいますと、

“みんなどうやって色決めてるんだろ…”と呆然と疑問に思ったからです。

日々色に関わっているデザイナーの私ですら悩む、“色の決め方”。。

みなさんはどうやって決めてますか?

今日は私が日頃困った時に活用している、

色・配色の参考になるサイトをご紹介します!

① 4色の配色で、様々なイメージに対応!https://colorhunt.co/

ひとつひとつの色はもちろん良い色なのですが、

グラデーションや反対色などをうまく使って、綺麗な配色を提供しています。

右端の[search palettes]をクリックすると、色のベースを選べたり、

レトロや季節などの色々なカテゴリーで検索もできます!

ずっと見てられる!!

 


 

② 無限2色配色!https://pigment.shapefactory.co/

こちらは2色の組み合わせがいっぱい見れるサイトです。
左側のpigmentと濃さとか彩度が選べて、lightingで明度が選べます!
こういう操作いいですね。
その下のパレットでベースとなる色を決めれます!
それぞれ詳細ページにいくと、類似の色を選んで見ることができます。
しかも!!もっとすごいのは[more actions]を押すと、データ書き出しはもちろん、
グラデーションのした場合や写真のダブルトーンが再現されます。
すごい・・・

 


 

③ ため息がでる綺麗さ!グラデーションの参考に  https://webgradients.com/

グラデーションのデザイン、人気を落とすことなくがブームが続いてますね!
でもなかなか自分でこれだ!というグラデーションを作るのは難しいですよね。
このサイトはwebベースなので印刷で再現するならちょっと作業が必要です。
惚れ惚れするグラデーションを眺めることができます・・

 


 

さて、ということで、実際パッケージや紙袋に私のおすすめの配色をほどこしてみます!
※実際に印刷したら色味は多少変わります。

\ 夏!海!爽やかで目を惹く組合わせ/

どうでしょうか!さっぱり!
いつもは雰囲気違うお店でも、サマーセールでこんな感じの紙袋だったら

お客様も特別感を感じれそう!

 

\ おしゃれ・・海外っぽい配色は女性に人気!/

オリーブ色っておしゃれですよね・・私だけでしょうか。。

でも濃いオリーブ色ってもっと高級感あります!そこでこのくすんだピンク!
くすんだピンクは私の好きな色です。。ただ、好きな女性はかなり多いと思っております。
この組み合わせ、海外のパッケージでたまに見てて、いい組み合わせだなあと。

サイト見ていただいたらきっと好きな配色がみつかると思います^^!
ぜひチェックしてみてください!

カテゴリー: デザイン・流行分析 | タグ: , , | 色ってみんなどうやって決めてるの?配色の参考になるサイトをご紹介! はコメントを受け付けていません。
[ Post by berryBスタッフ ]

紫×ゴールドで上品な高級紙袋

こんにちは、ベリービーの谷山です。

今回はホテルブランドの紙袋をご紹介します。

 

紫で上品な高級感を感じる紙袋

落ち着いた紫の全面カラーで高級感がありますね。

箔押しではありませんがゴールドを思わせるブランドロゴの印刷と、

少し光沢のある口留めシールが、いいアクセントになっています。

 

高級感を表す色の組み合わせとしては、

ネイビー×ゴールド・ブラック×ゴールドなどもありますが、

紫だと少し女性的な上品さとゴージャスな雰囲気があるように感じます。

 

conradホテルの紙袋

大きさは弊社規定のM横サイズを一回り小さくしたようなサイズ感です。

正面から見るとコンパクトですが、マチがしっかりあるため、

中身を限定せずいろいろな商品に対応ができそうです。

 

布芯入りパイレンロープ

持ちてはホワイトで清潔感がありますね。

パイレンロープと呼ばれる光沢のあるタイプの丸紐です。

写真ではあまり分かりませんが、今回の紐には布芯が入れられています。

 

布芯が入ることで柔らかい触感を残しつつ、持ったときの安定感や、

紐穴などの跡がつきにくいというポイントになります。

 

ヨーロッパ折り、V底折り

底面はV字に折り上げられていました。

正面に筋が入らない、高価格帯商品によく見られる加工法です。

 

特に今回の紙袋は、ロゴが下部に配置されているので、

普通の折り方をして、ロゴに筋が入らないようにしているのかもしれません。

 

高級感のあるオプション加工と全面カラーでインパクトのある紙袋でした。

モノクロであったり色もデザインもシンプルな紙袋が多い分、

こういった全面カラーで目立たせるのも戦略の一つですね!

ではまた!

カテゴリー: 紙袋デザイン紹介 | タグ: , , , | 紫×ゴールドで上品な高級紙袋 はコメントを受け付けていません。
[ Post by berryBスタッフ ]

究極フェミニン!!ふわふわチャーム付き紙袋

明けましておめでとうございます、ベリービーの谷山です。

本年もよろしくお願いいたします!

 

新年初めにご紹介するのは”プリンセス”をテーマにしたホリデーコレクションの紙袋です。

ブランドコンセプトに沿った女性らしい儚げな雰囲気でまとめられています。

 

色の切り返しが特徴の紙袋

中心の大きなふわふわが気になっている方が多いかと思いますが、

一旦置いておいて全体のイメージから見ていきます。

 

まずシルエットは最近人気の正方形ですね。

そしてカラーはくすみ系の紫、サイドには色の切り返しでピンクが入っています。

ピンクのおかげで、アンニュイな雰囲気ながら可愛らしさも感じます。

 

目を引く大きなチャーム

はい、そしてこのチャームですね。存在感しかありません。

バレリーナのチュチュスカートのようなチュール生地で作られています。

女性らしい透け感のある素材なので、全体のイメージとよくマッチしてます。

コレクションのテーマである”プリンセス”感も抜群です。

 

写真では見えませんが、

留める部分は細いサテンリボンになっていました。

抜け目ないですね。

 

冬らしいベロア生地のハンドル人気の縦留めを使った紙袋

もう1つの大きなポイントはこのハンドルですね。

1本留めなのはもちろん、ベロア生地が使われているんです。

冬らしい素材で、なかなかリッチです。さすが限定のショッパー。

 

留め方も内側から穴に通すのですが、通しきると口が閉じる仕様です。

もはや紙袋というより独自のパッケージですね。

 

目を引くふわふわのチャームと柔らかなカラーリングで、

フェミニンにまとまられた紙袋でした。ではまた!

 

カテゴリー: 未分類, 紙袋デザイン紹介 | タグ: , , , , | 究極フェミニン!!ふわふわチャーム付き紙袋 はコメントを受け付けていません。
[ Post by berryBスタッフ ]

ブリティッシュユーモア溢れる紙袋

こんにちは

ベリービーの谷山です。

 

今回紹介するのはブリティッシュユーモア溢れる紙袋です。

フォーマルでありながら、人の目を惹きつける色使いとディテールにこだわるこちらのブランド。

どのようにブランドイメージを紙袋に落とし込んでいるのでしょうか。

DSC_1195

鮮やかな黄緑が目を引きますね。

ハンドルや口留めのリボン、切手の深い紫がいいアクセントカラーになり、

パキッとした印象に仕上がっています。

互いの色を目立たせる補色を用いた配色です。

 

DSC_1197

上から見るとこんな感じ。 この紙袋はマチを小さめにして製作されています。

マチを狭めると口留めをしたときにすっきりコンパクトにまとまるので、 おすすめの組み合わせです。

見えにくいですが内面にもしっかりカラーが入っていて、 色彩へのこだわりが感じられますね。

 

DSC_1205

カラーで言えば、この黄緑・紫・ピンクはそれぞれ特色と呼ばれるインクで印刷されています。

フルカラー印刷と呼ばれる4色のインクを重ねる印刷とは違い、 調合したカラー1色で印刷するため、

今回のような鮮やかな発色が可能になるんですね。

DSC_1208

背景は波のような総柄になっています。

中国や日本を感じさせる最近の流行”アジアっぽさ”がこの柄で取り入れられています。

よくみると一つ一つに陰影があり、立体感が演出されていますね。

細かい部分にこういった遊び心が見えると、紙袋に特別感がプラスされる気がします。

 

DSC_1198

ハンドルは光沢のあるツイストロープ。 しっとりとした上品な艶があります。

表面の糸の中心に芯が入っているタイプもありますが、 今回使われている紐にはそれがありません。

そのため柔らかく手に馴染みやすい糸の良さがより感じられます。

 

逆に口留め用のリボンに使われているのは、光沢を抑えたグログランテープです。

ガーリーな印象のサテンリボンとは違い、男性女性問わず人気のハンドルですね。

そのため今回のようなメンズ・ウィメンズともに扱いがあるブランドさんによく利用されています。

 

鮮やかな配色の中に遊び心が垣間見える素敵な紙袋でした。

最近シンプルな紙袋をよくみかけますが、ブランドイメージに合わせた個性的な色使いはやはり目を惹きます。

性別を問わず、また20代から40代まで幅広く愛されるブランドということで

流行に左右されないコンセプトがあるように感じました。

 

では、また!

カテゴリー: 紙袋デザイン紹介 | ブリティッシュユーモア溢れる紙袋 はコメントを受け付けていません。
[ Post by berryBスタッフ ]