紙袋がヴィヴィットな色からラブリーカラーへ

こんにちはベリービーの芦谷です。

早速本題ですが 最近の紙袋の傾向を見てみると、

一時期のヴィヴィットカラーからラビリーなソフトカラーに変化している気がします。

今日はそんな一例をご紹介します。

紙袋 ショップ袋

紙袋 ショップ袋

以前、同じブランドの紙袋では濃いめのフーシャピンクが使われていましたが

この紙袋はやさしい、ヌードピンクを使っています。

紙袋 ショップ袋

黒い帯とゴールド箔押しで画面を締めているところは変わりませんね。

紙袋 ショップ袋

太めのグログランテープを縦留めしているところも以前のデザインを踏襲していますね。

ただ、この紙袋の特に特徴的なのは 内面のデザインです!!

紙袋 ショップ袋

ごらんのように鱗のようなデザインが内側前面にプリントされています!!

この内面デザインに対するこだわりも近頃の傾向と言えますね。


カテゴリー: 流行分析, 紙袋デザイン紹介 タグ: , この投稿のパーマリンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です