小判型手穴の手提げ袋

こんにちは。

ベリービーの加茂です。

今日の袋はアパレルブランドのショップバッグです。

日本のデニム職人が集まる岡山発のブランドです。

ショップ袋 紙袋

形状が変わってて、過去にもこのような形状が流行したこともありますが、

セメント袋のようなデザインになっています。

ショップ袋 紙袋

下部はデニムの生産で培ったステッチで一直線に縫い上げています!

セメント袋のデザインはワーカーをイメージしているんでしょうか?

ショップ袋 紙袋

手持ちの部分は折り返しに厚紙を挟み、のり付けし小判型に型抜きをしています。

手の形に沿った曲線になっていて持ちやすくなっています。

ショップ袋 紙袋

ブランドイメージからはずれないように、

紙の種類から形状、印刷とディレクションを

していったのが伝わってきます。


カテゴリー: 流行分析, 紙袋デザイン紹介 タグ: , , この投稿のパーマリンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です