オリジナル紙袋の上手な印刷方法

こんにちはベリービー商品開発の芦谷です。

今日はオリジナル紙袋の上手な印刷方法、作り方についてご紹介します。

これは、若い女性に人気のあるブランドのオリジナル紙袋です。

オリジナル紙袋の作り方

シックな黒いに“しぼ加工”のようなエンボスが施されています。
“しぼ加工”とは車のシートやボンネットを
動物の皮のように見せかける加工のことです。

オリジナル紙袋印刷

ロゴの加工には浮き出しのゴールドが使われています。

紙袋の内側を見ると、
どうも最初から黒い紙を使った紙袋のようです。

オリジナル紙袋印刷

つまり、紙袋に印刷していないということです。
だから、使われている紙袋用紙の価格にもよりますが
印刷代が不要という作り方です。

エンボスについてですが、
もし、このようなしぼ加工の版を持っているのならば
リーズナブルに作ることができます。

しかし、一からエンボス版を作るとなると海外でも200万円ぐらいします。

このコストを吸収しようとすると
恐らく10万枚は紙袋を印刷しないといけないでしょうね。

まとめると、高級感のある紙袋を低コストで作るためには
元から色の付いている安い紙を探し、
そこに、印刷会社が手持ちのエンボス版を使って
エンボス加工を加えるといですね。

しかし、5万枚を超えるような
大きなロットで考える場合は
また、別の手段が沢山あります。

もし、お考えの方はベリービーまでお問い合わせ下さい。


カテゴリー: 流行分析 タグ: , , , , この投稿のパーマリンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です