ポリプロピレンのショップ袋

こんにちはベリービーの芦谷です。

今日は紙袋では無く、ポリプロピレンの袋をご紹介します。

先日、海外工場からサンプルとして送られてきました。

ショップ袋 紙袋

一見すると普通の紙袋と変わりません。

ショップ袋 紙袋

しかし、サイドを見ると、

ショップ袋 紙袋

ヒートテープといわれる、焼き付けたラインが見えます。
底を見るともっとわかりやすいです。

ショップ袋 紙袋

ポリプロピレンは非木材の素材として、
バッグにもエコロジーの一環で取り入れられています。

ショップ袋 紙袋

特にこのショップ袋のようにハトメを使ったり、パイレンの紐をデザイン的に使用したりすることで
一般的な紙袋とあまり違いを感じさせません。

ショップ袋 紙袋

紙に比べて透明度があるので、
このように手を手が透けて見えます。

使い方としては紙よりも耐久性、耐水性があるので、
濡れたものを入れる場合、例えば花屋さんとか、結露の出やすいアイスなどのスィーツ系や
雨季の衣料品などを入れる場合などに最適ですね。

価格的には最小ロットが5000枚単位で@100円ぐらいまでです。


カテゴリー: 流行分析, 紙袋デザイン紹介 タグ: , , , この投稿のパーマリンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です