ナチュラルな平紐をあえて使った口留め付き紙袋

2021年09月08日

こんにちは、ベリービーの谷山です!
今回は弊社でも人気のオプション加工「」を、
ナチュラルな平紐であしらった紙袋をご紹介します。

ナチュラルな平紐を使った口留め付き紙袋
全体をホワイトでまとめたシンプルなデザインです。
持ち手と同じ平紐の細さ違いで、口留めがついています。

口留めがあると、周りから中身が見えにくくなるほか、
ギフト感がぐっと増すので、プレゼントとしてそのままのお渡しもできますよ。

口留め平紐_結んだ状態口留め平紐_解いた状態
近くで見るとこんな感じです。
一番オーソドックスな口留めは、紙袋自体に穴を空けておいて、
その穴に通して留める方法かと思います。

ですが今回の紙袋は、持ち手の留め方と同じ用に、
紙袋の内側から平紐を飛び出させていますね。
こうしておくと穴に通す手間や、左右の長さ調節の手間が省けるので、
お客様を待たせずにお渡しができます!

カジュアルにも上品にも使えるアクリル平紐
使われているのはアクリル平紐と呼ばれる素材です。
口留めにはサテンリボンやグログランテープを使うことが多いですが、
女性らしく、華やかな印象に寄りやすい特徴があります。

その点このアクリル平紐であれば、
ユニセックスに場面を選ばず使用しやすいですね。

元々はカジュアルなイメージが強かった素材ですが、
ヴィトンの紙袋に使われてから一気に人気素材となりました。
太さも色幅もお選びいただけるのでお気軽にお問い合わせください!

A面のシルバー箔押しB面のシルバー箔押し
ロゴは紙袋の下部に配置されています。
小さな文字ですが、艶のあるシルバー箔なので、
角度によって程よくキラキラし、上品な仕上がりです。

ちなみに上の画像右は紙袋の裏面の写真です。
下部の配置でロゴを両面に配置しようとすると、
紙袋の折り筋にかかることがあります。

折り筋にかかってしまうと、箔の欠けや剥がれの原因になってしまうため、
ベリービーでは折り線を避けるような配置をおすすめしていますが、
今回の紙袋はうまい具合にロゴの隙間を折り線が通っていますね。
ロゴの配置をする際はぜひ注意してみてください!

ホワイトでシンプルにまとめた紙袋
いかがでしたか?
ぱっとみるとシンプルな紙袋ですが、
口留めリボンやロゴの上手な配置で、
こだわりのある紙袋でした。

オプションの追加やロゴ位置など、
ご希望のイメージに合わせてご提案させていただきますので、
お気軽にご相談くださいませ〜!

こんな紙袋を作りたいときはこちらの商品がおすすめ

オーダーメイドの紙袋|フルオーダーペーパーバッグ