紙袋を作り始めたルーツ

ベリービー商品開発の芦谷です。

僕が紙袋つくりにはまってしまったのは
1998年ごろからです。

K-twoという美容室グループの社長に
店販商品を入れる袋を依頼されたのがきっかけです。

オリジナル紙袋

とても個性を大切にする社長さんですので、
すごく面白いアイデアの紙袋を考えようと思いました。

写真の袋が当時作っていた袋です。

考えられないことですが
袋の素材に「ユポ」という合成紙を使い、
手提げ紐にビニールチューブを使用しました。

ビニール手提げ紐

コンセプトは季節ごとに違ったアーティストをピックアップし
そのアーティストの作品を印刷した「アートバッグ」としました。

紙袋のデザイン

今のように海外製が一般的ではないころでしたので
5000枚作っても単価300円以上もしました。

おかげで「日本タイポグラフィー年間2000」という本に掲載して頂きました。

日本タイプグラフィー年鑑

それ以来、僕は袋作りに精を出すようになったのです。


カテゴリー: 新作紹介 タグ: , , , , , この投稿のパーマリンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です