すごく大きな台形紙袋

こんにちはベリービーの芦谷です。

今日は出張にいった厦門の工場長から
無理矢理奪い取ってきた
とても大きな台形紙袋をご紹介します。

ショップ袋 紙袋

横にあるコップと比べていただくとわかりますが、
かなり大きな紙袋です。

ショップ袋 紙袋

あまりの大きさに
トランクに入りきらず、真ん中で折ってしまったのが
とても残念です。

ショップ袋 紙袋

この紙袋はヨーロッパのアパレルショップのものですが、
欧米のアパレル紙袋の多くが
口折りにリボンが付いています。

ショップ袋 紙袋

口折りのところのインパクトのあるデザインがいいですね。

ショップ袋 紙袋

このデザインは底にも入っています。

こんなところにデザインがあることを見落とす人も多いんじゃ
ないでしょうか。

それから、これもヨーロッパの紙袋の特徴ですが、
底の折り返し方法が日本の紙袋と変わっています。

ショップ袋 紙袋

日本の紙袋の場合、
長方形の紙から紙袋を作るので、
底の部分の折り返しが分厚くなります。

しかし、この手の紙袋は底をトムソンでくり抜いているので
底の形がスッキリ仕上がります。

底の作りの好みは人それぞれですが、
私はこのヨーロッパ型の底が好きですね。

今回、この工場との交渉により、
台形型の紙袋を1000枚からでも生産していただくことができました!!

大収穫!!

次回もまた厦門の工場長から奪い取ってきた紙袋を
ご紹介します。


カテゴリー: 流行分析, 紙袋デザイン紹介 タグ: , , , この投稿のパーマリンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です