オリエンタルな花柄と差し色で高級感な紙袋

こんにちは、ベリービーの谷山です。

今回も2019年ホリデーコレクションの限定ショッパーを

ご紹介していきたいと思います!

 

ここ数年、コスメ・ファッション業界でよく「ホリデーシーズン」という言葉を耳にします。

元々は北米やカナダでクリスマス〜お正月までの期間を指す言葉だったようです。

今では中国をはじめアジア圏で2月初旬に春節祭と呼ばれる

「旧正月」までターゲットにしているかもしれませんね!!

1ヶ月程度の間にイベントが3つもあれば、ひとまとめにしたくなる気持ちも分かりますね笑

 

全面に入ったエンボスでインパクト

さて、可愛らしいサイズ感ですが、自立した細いハンドルで、

すっきり、凛とした雰囲気を感じます。

そして引きのアングルでもわかる全面に入ったエンボス加工が、

高級感をいい感じに演出しているんですね!

しっかり圧のかかったエンボス総柄

近くで見るとこんな感じです。

オリエンタル風の花柄が、全体のイメージを上品にまとめています。

とてもきれいに盛り上がっているので、もしかすると後加工ではなく、

紙を作る段階でエンボスしているのかもしれません。

 

この前中国紙メーカーの見本帳をみたのですが、

今回のようにしっかり圧のかかった花柄や、パイソン柄、

漢字を使った柄などもあり、かなりワクワクする見本帳でした。

 

ただ紙からエンボスをいれるとなるとかなりロットが必要なんですね………

特大ロットをお考えのお客様はぜひ検討してみてください……!

 

チャームと合わせたカラー底ボール

中をみてみると、真っ赤な底ボールでした!

もともとこの紙袋にはお花のイラストをあしらった赤いチャームが

ついていたらしく、そのチャームと合わせたようです。

さすが見えないところまで抜け目ないですね。

 

ヨーロッパ折りの紙袋

見えないところでいうと、

底の折り方も特殊なV底折りでされていました。

この折り方だとロゴの入る2面どちらにも折り筋がつかないので、

よりすっきり、ロゴが印象的にみえてきます。

 

そしてなんと言ってもかっこいいですよねこの折り方!

ベリービーでも製作可能なので、気になる方はご連絡くださいね。

 

見た目はシンプルながら、インパクトのあるエンボスと底加工で

特別感を演出した紙袋でした!ではまた〜

 


カテゴリー: 紙袋デザイン紹介 タグ: , , , この投稿のパーマリンク.
[ Post by berryBスタッフ ]