傷がつきにくい!? 新フィルムを使った宅配袋

こんにちは、ベリービーの谷山です。

今回は郵送用に製作される宅配袋の紹介になります。

 

傷がつきにくいラミネート

一見シンプルな見た目ですが、すごいのは表面のフィルム加工なんです。

紙袋や宅配袋など紙を使用した製品には、大まかに2種類の紙質があります。

紙本来の質感を残したものと、紙の表面に加工をプラスし、マットな質感や艶を出したものです。

質感を加えるには、紙袋の表面に「ラミネート」というフィルムを貼る必要があります。

 

通常のマットPPに付くスクラッチ

一般的に使われる従来のラミネートのフィルムは材質上、

上の画像のようなスクラッチと呼ばれる爪などが擦れた痕がつきやすいのが難点です。

特にボディが黒・紺・茶色のような濃色の場合、このスクラッチが目立ちやすいと言われています。

 

が!今回使われているフィルムはなんと!

そのスクラッチがつきにくい特殊フィルムなのです!!

心なしか指紋などもつきにくい気がします。。

 

配送の際に他の郵便物との擦れが起こりやすい宅配袋には

もってこいの素材ではないでしょうか。(ちなみに特殊素材のため少し値は張りますが。。)

 

浮出し版を使ったロゴ裏から見た浮出し加工

ロゴをみてもしっかりとした浮出し加工でされていて

見た目はシンプルながらも高級さがよく感じられる宅配袋ですね。

 

今回ご紹介したフィルムも実は弊社でご用意可能です。

値は張りますが、傷がつきにくく美しい紙袋を作ることができます!

ぜひぜひ気になる方はご連絡くださいね!

ではまた〜

 


カテゴリー: 紙袋デザイン紹介 タグ: , , この投稿のパーマリンク.
[ Post by berryBスタッフ ]