竹製の紙を使ったプロモーション紙袋

こんにちは、ベリービーの谷山です。

今回ご紹介する紙袋は、商品やギフトショップのブランディングに

合わせてデザインされた有料の紙袋になります。

銅版画家・出久根育氏の絵が印刷された紙袋繊細なタッチの印刷

全面に印刷された施設の風景がインパクトありますね。

こちらは銅版画家の出久根育氏が描いたものだそうです。

タッチがとても繊細で、懐かしさのようなレトロな雰囲気を感じます。

 

このデザインには「場所の思い出まで持ち帰ってほしい」という想いが込められているそうで、

そういった背景を考えるとより特別で素敵な紙袋になりますね。

 

竹製の紙を使用した紙袋

使用されている紙もクラフト紙ではなく、なんと竹製の紙を使用しているそうです。

この地域は竹が有名なので、地域にも密着していることがわかりますね。

 

紙質もパリッと張りがあり、少し明るい色味になっているので

懐かしさに加えて、清潔感がある気がします。

 

シンプルな裏面でコントラスト

裏面はガラッと印象がかわり、

シンプルな中央配置でロゴが印刷されています。

国外のお客様を考えてか、英字と手書き文字2種類のロゴが

並んでいるのも印象的です。

鋲で留められた紙バンド

ハンドルは、ボディと同じ雰囲気をもった紙バンドです。

かなりしっかりとした持ち手なので安定感があります。

通常の長さよりも少し短めに設定されているので、

コンパクトにすっきりとして見えます。

 

留め具も艶を抑えた金のカシメで、本体ともぴったり合っています。

全体がナチュラルなので、こういったアクセントが紙袋の質を

ぐっと上げてくれているように感じます。

 

いかがでしたでしょうか。

最近は袋を有料で販売するお店も増えていますが、

こうして商品とともに考え込まれた紙袋だとついつい

買ってしまいたくなりますよね。

 

思いが詰まった素敵な紙袋でした。

ではまた!

 


カテゴリー: 紙袋デザイン紹介 タグ: , , , , , この投稿のパーマリンク.
[ Post by berryBスタッフ ]