光沢のあるエンボス加工でラグジュアリーな紙袋

こんにちは、ベリービーのカキミです。

今回は、光沢のあるエンボス加工が

ラグジュアリーな雰囲気を醸し出す紙袋をご紹介します。

オリジナル紙袋、光沢

こちらは海外の高級ランジェリーブランドの紙袋です。

ファッション感度の高い洗練された女性がターゲットとのことです。

海外の有名ハイブランドにも負けず劣らずな高級感。

紙袋、光沢

小ぶりなサイズながらも高さに余裕があります。

デザインはロゴのみとシンプルな構成になっています。

 

ややシルバーの光沢加工が施されているので

大人な雰囲気が漂っています。

紙袋

紙袋、光沢、エンボス加工

どうでしょうか。この光沢感とエンボス加工!

“格子状のエンボス加工”と”光沢感のある紙袋の質感”が

相まってとても上品かつラグジュアリーですね。

 

真ん中はリボンで結ぶことができ、

ランジェリーブランドらしさがうまく表現されています。

 

ハンドルは、レディースアパレルやコスメでは定番の

グログランテープとなっています。

同じく定番のサテンリボンと異なるのは、

凹凸が紐の表面に施されている点になります。

それによって角度によって光沢感が出るのが特徴です。

今回使われているグログランテープは

凹凸が特殊でハッキリとした凹凸が表現されています。

その分一般的なグログランテープよりはお値段も高くなるようですね。

 

紙袋、エンボス加工

底にもちゃんと光沢とエンボス加工がされています。

紙袋、光沢

内面、底面はゴールドに輝いています。

ラグジュアリーは抜かりなく、見えないところにも施します。

紙袋、印刷、光沢

ロゴはゴールドの箔押しで光の反射がとても美しく出ます。

光沢のある紙袋ではゴールドの箔押しが多い印象がありますね。

DSC_0834

 

デザインはロゴのみとシンプルですが随所に

“高級感”と”上品さ”を散りばめた紙袋となっています。

 

この紙袋は、シンプルでラグジュアリーな紙袋の

最適解と言っても過言ではない仕上がりに

なっているのでこのような紙袋を作りたいかたは

ぜひとも参考にしてみてはいかがでしょうか。


カテゴリー: 紙袋デザイン紹介 この投稿のパーマリンク.
[ Post by berryBスタッフ ]