紙のハンドルにクラフト紙のナチュラルな紙袋

こんにちは ベリービーのヨシウチです。

新年度が始まり、皆さんはどのようにお過ごしでしょうか

4月も始まったのに冷え込む寒い春だなぁと感じております。早く暖かくなってほしいですね。

さて、今回は春を感じさせるナチュラルな紙袋をご紹介。

porter1 porter2

品川駅、東京駅に店舗を出している主にカバンを取り扱うショップの紙袋です。

写真の紙袋はお財布ともう少し何かが入る程度の大きさなので、カードケースなどの小物を販売する時に使用されるのかなと思います。小さくてかわいいですね。

おしゃれなお店でよく見かけそうなクラフトの紙袋ですが、所々にこだわり要素が詰まっています。早速見ていきましょう。

porter4

TOPの画像を見てお店のロゴないやん?って思った方もいらっしゃると思います。

中央下部にしっかりありました。色はついていないですが凹みでしっかりと表現しています。

さり気なく主張するのもオシャレに見せるポイントかもしれませんね。

porter7 porter6 porter5

ハンドルは紙製の紐。外側で結んでとめているのは中々に珍しい手法ですね。

結び目は中に入れることが多いですが、紐の先端をあえて見せることで他と違った小洒落感を演出しています。

porter3

奥行きはあまりなく結構薄めですね。

お財布や小物を縦で入れられるので、商品が奥に沈むことなく出しやすくしてあるのかなと感じます。

porter8 porter9

ハンドル部分に紐が取り付けてあり、ショップカードが付属していました。

ショップカードもこのように工夫することでお持ち帰りして頂けますね。

 

今回はクラフト紙を用いた紙袋の紹介でした。

ベリービーでもクラフト紙を用いた紙袋制作を承っております。

興味のある方はお気軽にお問合わせ下さい。


カテゴリー: 紙袋デザイン紹介 タグ: , , , この投稿のパーマリンク.
[ Post by berryBスタッフ ]