高級感のある洋菓子屋の紙袋

こんにちは、ベリービーバッグのヨシウチです。

2月になりましたね!中旬には洋菓子屋さんが力を入れるバレンタインデーがあります。

今回はバレンタインにみかけるであろう有名な洋菓子屋さんの紙袋をご紹介します。

morozoff1 morozoff2

神戸に本社がある洋菓子屋さんの紙袋です。

今の時期のオンラインショップはバレンタイン一色になっていますね!

ブラックとゴールドの配色が美しいこの紙袋に盛り込まれた沢山の仕様をご紹介。

morozoff4

まずはこの表面。ブラックの印刷の上にニス引き加工が施されています。

そこだけならよく見る紙薄めの紙袋なのですが、ニス引き加工の上にさらにUVのようなニス引きがされています。

これにより更にツヤ感がアップしています。最近人気の仕様です。

画像でロゴ以外の文字がうっすら文字が見えているのはツヤ感が違うためです。

morozoff3

口部分がギザギザなのは輪転と呼ばれる自動で紙袋を製造する機械で製造しているためです。

単価を安く抑えられますが、最小ロットがかなりの枚数になります。

そのため量販店やお土産などでよく使われていますね。

morozoff5

ハンドル部分は丸紐、ツヤがあり紙袋の表面と絶妙にマッチしています。

 

次にこの紙袋に入っていた洋菓子の箱をご紹介。

morozoff6 morozoff7

紙袋と同じように印刷+ニスといった加工になっています。

ブラウンの下地に部分的な2重のニス加工を施しています。

抽象的な文字列はツヤがあり、大きい文字は色が濃いめだったり、小さな文字は薄めの色であったりと様々な工夫が見られます。

morozoff8

左上のロゴはゴールドの箔押しです。紙袋には無かったものですね。

記事上部でご紹介した紙袋の特色印刷ゴールドは少し緑がかっていて、マットな感じに仕上がります。

それに対してこちらの箔押しゴールドはツヤ感が抜群ですので、演出したいイメージに合わせて選択頂ければと思います。

 

ベリービーでも、今回ご紹介した仕様や、箱の製造も承っておりますのでお気軽にご相談下さい。

 


カテゴリー: 流行分析 タグ: , この投稿のパーマリンク.
[ Post by berryBスタッフ ]