高級感漂うお菓子の紙袋と箱

こんにちは、ベリービーのカキミです。

今回はミルフィユのブランドの紙袋と箱をご紹介します。

紙袋 印刷 オリジナル

エメラルドグリーンと表現すれば良いでしょうか。とても綺麗な色味の紙袋と箱ですね。

商品にフランセと書かれていましたし、デザインも非常におしゃれなのでフランスのお菓子だと思っていました。

しかし、このお菓子は日本の会社が作っているようで、他にも洋菓子・和菓子を含めていくつかのブランドに分けてお菓子の販売をしているみたいですね。

 

logo-tokyomilkcheese logo-themaplemania logo-tsukijichitose

logo-cotecour logo-butterbutler logo-gendy

logo-qudgemanmonaci logo-millefeuillemaison logo-francais

※上記の画像はHPよりお借りいたしました

どのブランドもデザインがしっかりと作り込まれています。

飲食や食品系のパッケージやロゴなどはイラストなどを使いつつ文字組み等はベーシックなタイプが多く、ミニマルでおしゃれな一方、個性があまり感じられにくい印象がありますが、今回ご紹介する紙袋の会社さんが展開しているブランドはお菓子の特徴や土地柄などを反映した印象に残るようなデザインになっていますね。

そしてレトロな雰囲気が感じられるのも好印象です。

今っぽさを含みつつレトロにしてみました!という感じではなくその時代を感じられるようなデザインに落とされていれとても可愛い紙袋ですね。

紙袋 印刷 オリジナル

紙袋単品の画です。エメラルドグリーンとゴールドの紐と印刷が非常に相性がいいですね。

サイズ感はベリービーでいうとM縦サイズを少し狭めて縦長にした感じです。

紙厚は少し薄めのものを使用しており、クラフト紙にラミネート加工を施しているように見えますね。

一般的に使用される紙袋よりも薄いもののラミネート加工がある分、少し丈夫かなという印象です。

お菓子自体が重いわけではないので、破れにくく少しくらいの水滴などを弾けるラミネート加工を施す仕様は商品との相性は良さそうですね。

紙厚は厚みがあるほど高級感が出るパターンがあるのですが今回の紙袋の場合は薄くても高級感が出ていてコストも抑えられるのでおすすめしたいと思います。

紙袋 印刷 オリジナル

表面デザインは、上下左右にロゴタイプがきて中央にロゴマークが配置されています。

紐はパイレンロープですね。落ち着いた高級感が出ています。

パイレンロープに似た紐の種類でツイストロープというものがあるんですけど、ツイストロープは高級感推しの紐になっております。ゴージャスといったイメージになります。

twist

↑ツイストロープ

一方、今回のパイレンロープは上品な高級感で個人的にはとても好きな紐です。使いやすいと思います。

紙袋 印刷 オリジナル

紙袋 印刷 オリジナル

紙袋 印刷 オリジナル

このあたりの画像はポンポンと行きたいと思います。

中面は印刷などなく白色ですね。紐なんですが変な型がついていて綺麗に撮れずに残念です。

紙袋 印刷 オリジナル

この紙袋は、底部分を中心に向かって折り込んでいくタイプになっていまして。

両面のデザイン面に折り目が入らずとても綺麗に見えます。

効果的には縦留め紐の底バージョンです。

畳んだときにも薄くて綺麗ですね。

例えば、底をこの折り方にして紐を縦留め紐のサテンリボンかグログランテープにすれば立てたときも畳んだときもとても綺麗に見える最高の紙袋が出来る気がします!

底面に小さくて見えないのですが、色が衣服等に付きますというニュアンスのものが日本語と英語で書かれています。

この紙袋のエメラルドグリーンは印刷で色を出しています。

ベタ印刷がある紙袋ですとこういった注意書きは親切で良いですね。

紙袋 印刷 オリジナル

箱ですが、ロゴマークを真ん中に置きその周りにロゴマークに似た模様を細かく配置しています。

紙袋 印刷 オリジナル

紙袋 印刷 オリジナル

箱の形は、ぶ厚めの洋書のような感じになっています。

世界観の作り込みが徹底されていますね。

箱となると紙袋とは違ったデザインの自由度がありますね。

紙袋では仕様などの細かい部分の自由度はありますが飛躍して紙袋、ひいては袋という域から出られなかった感があります。

しかし、箱となるとその他の多くのモチーフに寄せて箱のデザインをすることが出来るのでオプションだけではないデザインの自由があります。

ただ、ベリービーでは箱に力を入れ始めたばかりなので正直どこまでの自由について行けるのかは謎であり、未知数です。

といってもまずは提案だけでもしてみてください。難しそうな形の箱でも、工場などに掛け合ってみれば意外といけたりもするかもしれません。

ある程度ベーシックな形の箱であれば準備万端ですので紙袋と合わせてご相談ください。


カテゴリー: 紙袋デザイン紹介 タグ: , , , この投稿のパーマリンク.
[ Post by berryBスタッフ ]