ブランディングが際立つオシャレな紙袋

こんにちは!
ベリービーの芦谷です。

今回はパワフルにブランドイメージを押し出す!
とてもオシャレな紙袋をご紹介いたします。

オリジナル紙袋

オリジナル紙袋

ご覧のようにピカピカのクロコ型押し画前面に施された紙袋です。

オリジナル紙袋

紙袋の印刷方法としては、
最初に黒のインクでクロコ柄を印刷し、その上からクロコ模様を金型でプレスして型押しするという紙袋の作り方です。

ハンドルはツイストロープ、海外製造でよく見られるツメ付き紙袋仕様です。
この方法は賛否両論ですが
メリットはツイストロープのような結び目が“お団子”になる場合、
“お団子”によって紙袋がシワになることを防ぐことが出来ます。

あと、デメリットは輸送時の振動などによって
紐が紙袋から抜けてしまう場合があることです。

しかし、作業性(人件費の高騰)の観点などから考えて、
今後はツメ付きの紐を使った紙袋が多くなるんじゃ無いかと僕は考えています。

オリジナル紙袋

それから、ロゴマークの印刷ですが、
こちらは黒艶有りの箔押しが使われています。

オリジナル紙袋

個の箔押しですが、プロの目から見るとかなりのクオリティーです。

紙袋の表面全体にに押された型押しに負けないようにかなりのプレス圧で箔押しされています。

もし、ロゴマークが繊細な文字の場合、これだけのプレス圧をかけると
確実につぶれてしまいますが、力強いゴシック体のロゴですので
これだけのプレス圧が可能となっています。

紙袋オリジナル

内面にも手抜き無く、オシャレなグレーで全面印刷されています。

口折りの部分の穴はリボンを通すための穴でしょうね。

近頃の紙袋はかなりシンプルになってきていましたが
久しぶりに手応えたっぷりの紙袋に出会えた感じです!!

こんな紙袋に出会うとやっぱり紙袋コレクションがやめられません!!


カテゴリー: 流行分析, 紙袋デザイン紹介 タグ: , , この投稿のパーマリンク.
[ Post by berryBスタッフ ]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です