クラフト紙に印刷したロゴと浮き出し加工のある紙袋

こんにちは、ベリービーバッグのヨシウチです。

今回はクラフト紙の紙袋をご紹介します。

stunnning-lure1 stunnning-lure2

レディースアパレルのショッパー紙袋です。

クラフト紙を用いた紙袋はそれだけでナチュラルな風合いになるのでいい感じですね。

このオリジナル紙袋は一見シンプルに見えますが、よく見ると沢山のこだわりに溢れたデザインになっているので、

そこをご紹介していきます。

stunnning-lure5

紙袋の表面はサラサラとした質感になっています。

クラフト紙を使って紙袋を制作する時によく使用するニス引き加工が施されています。

stunnning-lure7 stunnning-lure8

紙袋のロゴは印刷されています。クラフト紙に印刷を施す場合、紙によく染み込むので明度が上がります。

ですので、ロゴの黒が濃いグレーっぽくなっています。

私はこのクラフト紙に印刷すると色が少し褪せて変わる感じがすごく好きです。

そして LURE に重なる辺りで“空押し浮き出し加工”が施されています。

なにか筆記体で文字が書かれていますね。 このような加工を盛り込むことでお客さんの印象に残るような紙袋になりますね。

stunnning-lure3

紙袋に取り付けられているハンドルは丸いアクリル紐です。かなりしっかりした材質で、紙袋の色ともマッチしていますね。

今回はクラフト紙に印刷した紙袋のご紹介でした。

ベリービーバッグでも紙袋に「クラフト紙を使ったロゴの印刷」や「浮き出し加工」などの仕様もできますので

お気軽にご相談下さい。

 

 


カテゴリー: 流行分析 タグ: , , , この投稿のパーマリンク.
[ Post by berryBスタッフ ]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です