白を基調とした紙袋

こんにちは ベリービーバッグのヨシウチです。

今回は白を基調とした紙袋の紹介です。

adam-et-rope1 adam-et-rope2

アパレルのショッパーらしく、幅の長いデザインからこだわりを感じます。

とてもシンプルな仕上がりですが、ロゴ周りに純白な空間を作ることで大人感、高級感を演出できていますね。

色々な角度からみて見ましょう↓

adam-et-rope3

紙の色をそのまま用いており、真っ白な感じがとても綺麗です。

画像では分かりづらいのですが、紙がサラサラとした質感になっています。

色味的にケント紙辺りではないかと予想しています。

関係ないですが私が学生の頃、ケント紙にデッサンしてました。製図とかに使う紙なんですけどね。

adam-et-rope5

紙袋本体の色とは違い、ハンドルの色は黄みがかった色をしています いわゆるオフホワイトですね。

ハンドルと本体で青と黄色の対比が生まれていてかっこいいです。

縦留めにしてあるので、表面の空間の邪魔をしません。

adam-et-rope4

ロゴのアップです。

ロゴは箔押しですが、反射率の少ないマットな箔になっています。

ベリービーバッグで作るならクラフトペーパーバッグの泥箔をご利用いただければ!

adam-et-rope6

シンプルですが、特殊な紙や縦留め、マットな泥箔と様々なオプション盛りだくさんな紙袋でした。

また次回!


カテゴリー: 流行分析 タグ: , , , この投稿のパーマリンク.
[ Post by berryBスタッフ ]