ビビッドなカラーの紙袋

こんにちは。ベリービーバッグのウラベです。

今日はビビッドなカラーがまぶしい紙袋をご紹介します。

paul_1

かなり思い切った鮮やかなカラーは、それだけで存在感があります。

ロゴも大きくブラックで箔押しされており、こちらも存在感がありますね。

カラーのインパクトが強いので、シンプルにロゴだけの方がすっきり見えます。

paul_2

ボディに使われている紙は厚めなので触ると固くしっかりとした印象です。

表面はグロスPP加工をされていて強い光沢があります。

光を反射している様子が画像でも確認できるので、わかりやすいのではないでしょうか。

グロスPP加工にすると、ゴージャスな雰囲気に仕上がります。

paul_3 paul_4

さらに、この紙袋は裏表でカラーが違います。

もうひとつの面はこれもまたビビッドなオレンジ!インパクトがあります。

paul_6

内面も外面よりはビビッドさはないものの、明るく鮮やかなグリーンです。

(暗くて分かりづらいかもしれませんが…)

そして、内面にまでグロスPP加工がされています。並々ならぬこだわりを感じますね。

paul_5

ハンドルはオシャレでアパレルでも人気の高いワックスコードです。

ロゴと同じくシンプルなブラックです。

paul_7

特徴的なのは底面で、底を二つに折り込む手法が採用されています。

紙袋の表面に折り線がつかないため、海外のハイブランドのショッパーに多い仕様です。

インパクトの強いビビッドなカラーは大胆な印象ですが、それ以外はシンプルにまとめられていて、

仕様も繊細にこだわった紙袋といえるのではないでしょうか。

 

 


カテゴリー: 流行分析 タグ: , , この投稿のパーマリンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です