独自のエンボス加工がきれいな紙袋

こんにちは!

ベリービーのウラベです。

今日は特殊なエンボス加工が美しい、ハイブランドの紙袋をご紹介します。

VITTON_01 VITTON_02

ハイブランドといえばこのブランドを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。実は先日デザインが変更になりオレンジのボディにブルーの紐が取り付けられた紙袋になったのですが、まだまだこちらのデザインのほうがブランドカラーのイメージがあります。

 

以前、ブログでこのデザインのサイズ違いの紙袋をご紹介したこともありましたね。

「ブランド紙袋のご紹介02」

今回は縦に長いサイズで、斜めのアングルで撮った写真で分かる通り、

マチ(紙袋の横の部分)が狭めの紙袋です。

 

紙袋の色と合わせて、ハンドルも同じ茶色で合わせられています。

ちょっと独特な編み方であることや、縦留めで止められているところに

ハイブランドらしいこだわりを感じられます。

VITTON_03

ロゴは黒色の箔押しです。上のブランド名はしっかりとした浮き出し箔、

したの文字は通常の箔押しです。

そして最大の特徴はやはり、キャンパス地のような繊細なエンボス加工です。

独自に作られただろう特殊なエンボス加工にもハイブランドらしいこだわりや

高級感が漂っています。

デザインが変更されたあとも、エンボスの模様は引き続き使用されています。

 

ハイブランドの紙袋には独自のエンボス加工がされているものが見られるので、

皆さんも機会があればぜひ注目してみてください!

 


カテゴリー: 流行分析 タグ: , , , この投稿のパーマリンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です