白と黒のバランスがいいオシャレな紙袋

こんにちは、ベリービーのウラベです。

今日は白と黒の定番カラーでまとめられた、とてもシンプルなのに

オシャレな紙袋を紹介します。

Virgnia_01 Virgnia_02

白いボディに手書き風のロゴがオシャレにさりげなく配置されています。

こんな雰囲気の文字でこの大きさ、この配置だからこそオシャレに見える、バランスのいい紙袋ですね。

 

紙袋のかたちは少し横長でマチ(紙袋の横幅)は狭めです。

細くてすっきりしたかたちは、都会の洗練された感じを醸し出しています。

ボディに使われている紙は、人気の晒クラフト紙。

この紙はナチュラル感、優しい風合い、肩肘を貼らないラフなイメージなどを

表現するのに最適です。

Virgnia_03

ハンドルはブラックのアクリル平紐が縦留めで留められています。

これは「Jカット」という方法で紙袋の口折り部分に切れ目を入れ、そこに紐が固定されています。

 

紙袋の大きさにしてはハンドルの幅は少し細めに見えます。

最近、ハンドルが太いものよりは細いタイプの紙袋が増えてきている気がします。

どんな商品を紙袋に入れるのか、紙袋に求められる耐久性との兼ね合いもありますが、

細めのハンドルを使った紙袋からは、より洗練されたオシャレさを感じます。

 

ハンドルの太さひとつをとってもだいぶ紙袋の印象が変わるので、

紙袋を作るときには色々試してみて楽しんでほしいなと思います!

 


カテゴリー: 流行分析 タグ: , , この投稿のパーマリンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です