都会的でオシャレな紙袋。リボン結びの工夫もできる!

こんにちは。ベリービーのウラベです。

今日は都会的でオシャレな紙袋をご紹介しますね。

saks_02 saks_03

高級百貨店チェーンで使われている紙袋で、スクリプト文字のロゴからは高級感を感じます。

ブラック&ホワイトの色使いからは、洗練された都会のオシャレさも感じますね!

紙袋のボディには黒クラフト紙が使われているので、触ると紙の質感がよくわかります。

ハンドルは太めのアクリルスピンドル。

ロゴ部分は白い部分がUV印刷で、つやつやしています。

saks_01

そしてこちらがリボンをとった状態。リボンを通す穴が長細い四角形の形にくり抜かれています。

このようなリボンを通す穴を開けている紙袋は、リボンの通し方を工夫するだけで

かなり印象の異なるリボン結びをすることができます。

saks_05

まず通常の結び方。穴にリボンを通して上で結ぶと、最初にご紹介した写真のような

リボン結びになります。

大人っぽくて上品な印象のリボン結びですね。

saks_06

そしてこの通し方でリボン結びをすると…、

saks_04

こんな感じで、紙袋の正面でリボン結びができます。

華やかで可愛くしたいなら正面で結ぶタイプがいいかもしれません。

 

リボンの通し方ひとつでこんなに印象が変わるとは!と、私も初めて知った時は驚きました。

「リボン結び」の紙袋をご検討の場合は、参考のひとつにしていただけると嬉しいです。

 


カテゴリー: 流行分析 タグ: , , この投稿のパーマリンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です