エッジの効いたブラックの紙袋

 

皆さん、こんにちは。ベリービーのウラベです。

今回はかなり変わったデザインの紙袋をご紹介します。

black_01web black_02_web

縦に細長いボディに、ハンドルは一本だけ通しています。

小さめのサイズなので、意外とハンドル一本でも安定しています。

 

カラーはボディ、ハンドル、箔押しすべてが潔くブラック一色。

以前、何度かブログでご紹介したことがありますが、ブラック × ブラックの組み合わせは

高級ブランドの紙袋で見かけますね。

 

横から見るとこんな感じです。

black_03_web

すべてブラックなので画像では見づらいかもしれませんが、

正面、側面(マチ部分)とも黒の箔押しが押されています。

black_04_web

中央のロゴマークは浮き出し箔、それを囲む四角いラインは通常の箔押し加工です。

紙は黒クラフト紙が使われています。表面加工はされていないので、紙の手触りを感じられます。

ハンドルはアクリルスピンドルで、サイズにしてはやや長めです。

 

ハンドルが一本少ないはずなのに、おしゃれで高価に見えるという不思議な紙袋です。

ブラック一色で作っていることも合わせて、

「エッジが効いたデザイン」=「高級ブランド」という連想が起きるせいでしょうか。

引き算の妙を感じる紙袋ですね。

 


カテゴリー: 紙袋デザイン紹介 タグ: , , この投稿のパーマリンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です