思わぬ加工が施された紙袋

 

こんにちは、ベリービーのウラベです。

今日ご紹介するのは一見シンプル、しかし思わぬ高度な加工が施された紙袋です。

 

DSC_0146

こうして見たところ、シンプルにロゴが配置された色合いも上品な紙袋です。

 

DSC_0148

ハンドルは幅の広い平紐で、縦穴式のはさみ留めされています。

幅の広いハンドルは、ゆったりしていてリッチな印象です。

 

DSC_0151

近づいて表面を見てみると、ファブリックエンボス加工が施されています。

シンプルなデザインにこうしたエンボス加工が加わると、品よく華やかに見えます。

 

DSC_0152 DSC_0149

 そして横に大きく配置されたロゴ。

遠目には分かりにくいのですが、近づくとレザートムソンによって細かい穴で構成されていることがわかります!

裏から見ると光が透けて見えるのでわかりやすいでしょうか。

まさかこんな高度な技術が施されているとは…、驚きです。

 

DSC_0155

底の部分は底折れタイプで、紙の表目に折り目ができないよう配慮されています。

一見しただけではなかなか分かりませんが、色々な仕様がつめこまれた、こだわりの紙袋ですね!

 

 

 

 

 

 

 


カテゴリー: 紙袋デザイン紹介 タグ: , この投稿のパーマリンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です