客単価と紙袋

こんにちは、今日は洋菓子の名店の紙袋と客単価について考えてみました。

DSC_0109

初めて見たときは神戸の街の風景だとは分からず、ごちゃごちゃしている紙袋だなと 思ったのが正直な気持ちです。。。

このお店は紙袋以外にも

マチ付きビニール袋や

福袋でのエコバック

ビニール手提げ袋(スーパーの袋)

等色々と展開しています。

 

 

デザインもワンパターンではなく、この昔からあるデザイン+新しいデザイン。

古いものを一掃して新たなものでリニューアルする!

って、商売をしている側からしたら賭けですよね。。

だから、古い物を残しながら新しいものに挑戦していく。

 

    リピーターを残しながら新たな顧客獲得!

 

 

人って新しいものに目移りはしますが、やはり慣れているものについつい。。。

年配の方は変化を嫌う方が多いのも事実です。

DSC_0109

話はそれましたが、この上の部分のギザギザカット、

作る工程でロール紙に印刷し、大量にまとめてカットするそうです。

なので安価に紙袋が作れるみたいです。

DSC_0108

DSC_0114のコピー

アパレルの客単価と飲食の客単価、かなりの差がありまあすよね。

袋1枚にかける金額も変わってきます。

アパレル店での    売り上げ  10万円  客単価5000円  客数20人

飲食店での      売り上げ  10万円  客単価800円   客数125人

 

単純に紙袋が20枚と125枚  1枚200円の紙袋  4000円と25000円。。。

 

10万円−4000円  =96000円

10万円−25000円  =75000円

 

でもコストとデザイン、安くても良い物はできるんです! 安価だからといって安物ではありません。

berryBならかなえられます!! お気軽にお問い合わせください。


カテゴリー: デザイン・流行分析, 紙袋デザイン紹介 タグ: , , この投稿のパーマリンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です