男性的な重厚感。その中にもセクシーさを感じる紙袋

こんにちは

ベリービーの加茂です。

本日の紙袋は今までの紙袋重厚感ランキングで

トップに踊りでたのではないでしょうか。

DSC_0094

こちら。

言わずと知れたハイブランドですが。

 

紙はマットで風合いのある特殊紙を使用しています。

写真では伝わりませんが、かなり厚めの紙なので、

それだけで紙袋というよりもカバンかと思うような重厚感を感じさせます。

 

DSC_0098

底ボールもブラックに印刷され、全面が黒に統一されています。

 

DSC_0102

ハンドルは縦留めでスッキリ。外から見ると紐を通すための

穴が開いていないので、これもバッグのように感じる理由かもしれません。

 

DSC_0097

上部には口留めのためにリボンがついています。

黒で統一された男性的なデザインですが、

少し女性的にも見えるリボンを使用するなんて、

イタリアブランド特有のセクシーさですね!

 

DSC_0103

 底の折り加工が内面に折り込まれているので、

紙袋のA、B面どちらにも折れ線が入らずに

美しい紙袋に仕上がっています。

 

DSC_0095

そして最大のポイントはこちら!!

紙袋の全面にブランドロゴがエンボス加工で施されています。

紙の厚さと相まってまさにバッグのように見えます。

その中でゴールドの箔押しが上品に配置されています。

 

DSC_0104

男性、女性、さらに年齢を問わず受けそうな

ハイブランドのショップバッグでした!!

 

 


カテゴリー: 流行分析, 紙袋デザイン紹介 タグ: , , この投稿のパーマリンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です