クラフト紙の質感は残しつつも艶のある紙袋

こんにちは、ベリービーの高橋です。

本日は、クラフト紙の質感は残しつつも艶のある紙袋をご紹介します。

DSC_1148

クラフト紙に口折り部分とロゴを黒色で

印刷した紙袋です。

DSC_1149 DSC_1150

口折りにはロゴマークの入ったシールがあしらってあります。

DSC_1151

DSC_1153

よく見ていただけると分かるかと思いますが、

口折りが外折りになっていることと

内面が艶ありの片艶クラフト紙を使用したハイブリットな

紙材を使用した紙袋なのです。

DSC_1154

ハンドルは、細めのグログランテープです。

DSC_1155

内面はというと、ロゴマークの2が等間隔に並んでいます。

DSC_1156

底ボールも黒色で、艶ありの加工がされています。

内面は、統一して艶ありということになりますね。

 

クラフト紙の質感を損なわず、艶のある雰囲気に!

という2つの仕様を取り入れた紙袋となっています。

 


カテゴリー: 流行分析 タグ: , この投稿のパーマリンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です