ちょっと個性的な雑貨屋さんのかわいい紙袋

こんにちは。

ベリービーの芥川です。

今日ご紹介する紙袋は、ブロックで作られたようなかわいいロゴが印象的な雑貨屋さんの紙袋です。

DSC_1122 DSC_11232

片面クラフト紙がカジュアルな雰囲気をかもしだしています。

この雑貨屋さんのロゴのデザイン等は私も大好きな有名デザイナーさんが手がけられていてとてもかわいんです。

『あぞびの雑貨屋』をコンセプトにされていて、店舗の内装やデザインもこだわりがあり、

ちょっと個性的な雑貨屋さんです。

お洒落でどこか外国風な紙袋がお店の雰囲気にピッタリです。

DSC_1128

内面は未晒クラフトでナチュラル&カジュアルな感じです。

DSC_1127

表面にはお洒落なロゴが印刷されています。

DSC_1126

そして一際目立っているのがこのマチのデザインです!

お店のブランドカラーである青色と赤色でブロックのような模様がえがかれています。

DSC_1124

ハンドルもクラフト紙のような紙でできています。

DSC_11292

 

この紙袋は自動製袋という、3万枚以上などの大ロットの製造の際に使われる全工程を機械で行うことで、

1枚あたりの単価を40円や50円といった低コストに抑える仕様になっています。

 

デザインにもよりますが、クラフト紙を使った紙袋はどことなく海外の紙袋のような雰囲気をもっていますね。

ちょっとビンテージっぽくなるからでしょうか。

紙袋はロゴなどのデザインだけではなく、素材や仕様によって雰囲気が違ってくるのでおもしろいですよね。


カテゴリー: 流行分析, 紙袋デザイン紹介 タグ: , この投稿のパーマリンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です