まさに紙袋の完成形。 全ての人にうける紙袋!!

こんにちは!

ベリービーの加茂です!!

最近では皆様のおかげをもちまして、事務所も移転し、

スタッフの増員もしたので、めっきり私が紙袋をご紹介することも減りました。

 

が。本日ご紹介するこの紙袋を見て、

「この紙袋は自分で紹介したい!」と思わず久しぶりの登場です。

 

このブランドは男女向けの服だけでなく、時計アクセサリー香水。

さらには同名のウォッカワインブランドなど

ファッションブランドにとどまらない展開を続けているブランドです。

 DSC_0563

この安定感。

仕様もまさに王道中の王道といった仕様に、

流行りの要素を盛り込んだ、鉄板の紙袋です。

ハイブランドだけでなく、ブライダル、洋菓子店、企業用など、

業界を選ばない仕上がりです。

DSC_0564

 まずは上から下まで突き抜けた浮き出し箔!

ダークブラウンの中でゴールドの艶なしの箔が

いやらしくならない主張加減が気持ちがいいです。

DSC_0567

口折部分には口留めリボンを付け、

上質さ、またイタリアブランドらしい艶っぽさを表現しています。

また素材もグログランテープというのも可愛らしくなりすぎない、

大人の魅力を感じます!

DSC_0583

紙袋の全体にはジャガードのような、布目調のエンボス加工。

エンボス加工は、内容物が高価な場合には外せない仕様です。

一気に紙袋の高級感が高まります。

DSC_0579

また内面、底ボール紙もダークブラウンで印刷されています。

ぬかりない完成度。

DSC_0580

またハンドルは縦留めと呼ばれる留め方で取り付けられています。

こちらは平たく置いた場合も、正面に紐を通す穴が見えません。

デザインもきれいに見えますし、紐の結び目が見えることもありません。

 

結び目がないというのは見た目だけではなく、

段ボールへの梱包時に、結び目が紙袋に押し付けられて、

輸送中に紙袋が折れてしまうなどの破損も少なくなります!

まさに一石二鳥な仕様なのです!!

 

一見すると派手さはない紙袋ですが、

よく見れば洗練されたデザイン、素材。

考えぬかれた仕様は紙袋の完成形とも呼ぶべき仕上がりです。

 

 


カテゴリー: 流行分析, 紙袋デザイン紹介 タグ: , この投稿のパーマリンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です